転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > キャリアのお悩み > 転職してもいい人について徹底解説!今すべきか迷っているひと必見!

転職してもいい人について徹底解説!今すべきか迷っているひと必見!

🕒 2018/12/10
このエントリーをはてなブックマークに追加
転職してもいい人について徹底解説!今すべきか迷っているひと必見!

さまざまな理由から転職を考えているひとがいます。

現在勤務している会社の状態や人間関係、今後のキャリアなど多岐に渡ります。

こうしたさまざまな要因を抱えた人の中でも、「転職してもいい人」と「今は転職しないほうがいい人」がいます。

今回は、「転職してもいい人」の基準について徹底解説していきます。

転職をしてもいい人の条件や年齢について

条件其の1「年齢」

転職を考える際に「年齢」は必ず考慮に入れなければなりません。

なぜなら、年齢ごとに求められる人材が変わってくるからです。

また、適正年齢があり、それより年上である場合や年下であると転職がしづらくなってしまいます。

まず、「大学卒業してから2~3年以内」の場合をみていきましょう。ここに位置する人は「第二新卒」という扱いになり、転職してもいい人の年齢と言えます。

企業側からしても、最初の1~2年はビジネスマナーや会社理念などを学び終えた人材を採用したほうがコストを削減することもできます。

また、求職者も一つ目の会社に在籍した年月が浅いため、新たな会社にも柔軟に対応でき、新しい環境にもすぐになじめます。

そのため、今日では第二新卒も積極的に採用する企業が数多く存在します。

次に、30代後半から40代は、「即戦力」として採用されます。

この年齢の人が転職を成功させるには、いくつかの実績か資格等がないとまず採用されません。

もう教育を受ける期間は終わりです。

これからは教育していく立場であり、今まで学んできたことを実践で活かしていかなければなりません。

上司からも機会を与えられるようになり、ようやく今までの成果を見せつける場を与えられたのです。

これより、年を重ねてしまうとどうしても転職が難しいと言えます。

条件其の2「スキルや資格」

次に重要になってくる基準が「資格やスキルの有無」です。

先ほども述べた通り、30代前半まではどちらかと言えば教育期間です。

企業側は先行投資をしています。

そのため、活躍できる環境にあまりなく、転職をする際にも人柄や人物像が重視されます。

逆に年を重ねていくにつれて、採点基準が人物像よりも資格やスキルに着目していきます。

もし、若い人であれば気にせず転職にチャレンジできますが、30代を過ぎたら資格などを転職の際にしっかりと提示していきましょう。

転職回数

20代のうちに2回以上転職することはお勧めしません。

企業側からしても「辛抱することができない、忍耐力がない」とマイナスイメージを抱かれてしまいます。

ぎゃくに、30代後半で2回目の転職の場合は、「キャリアアップ」とみなされ、企業側に好感を持ってもらえます。

また、海外では転職が当たり前のように行われているためさほど回数にこだわらない外資系企業も存在します。

転職を考えたほうがいい職場

会社の待遇によっては、「転職してもいい人」というより「転職をしたほうがいい人」の場合があります。

日々の生活にも支障が出てきてしまう仕事は避けるべきです。

今回はそんな会社の特徴を考えていきます。

職場における人間関係がわるい

会社の社風から残業が当たり前のところである場合や法律にも反するほどのハラスメントが常態化している企業やブラック企業が残念なことにいまだに存在しています。

こうした状況の中では、まず転職したいと考えるのは至極当然のことです。

しかし、注意しなければいけないこともあります。

それはそういった人間関係が原因で転職したと志望動機で述べてしまうことです。

採用者に「人間関係を形成するのが苦手な人」と勝手に判断されてしまうことも多く、マイナスに作用してしまう可能性もあります。

労働条件が悪すぎる

労働条件は働く上でどうしても重要な項目になります。

会社によっては有給休暇が取りづらい雰囲気の会社の場合、あるいは産休や育休が申請しづらい場合などがあります。

また、契約上はしっかりと休みや労働時間が定められているのに事実と異なることもあります。

最悪の場合精神疾患を発病してしまう人もいるほど社会問題になっています。

自分の身を守るためにも、労働環境を見直して行く必要があります。

転職してもいい人かを見極めるために

仕事になれてきた場合や、職場の実態が見えてくると思っていた職場と違うと感じる人が多いと思います。

そこで、「転職してもいい人」かどうかを悩んでしまいますよね。

年齢や能力、スキル次第では転職が可能です。

その反面、すべきではない人もいます。

転職を考えている人は自分がどちらに所属しているかを把握したうえで、転職してもいい人かどうか充分に吟味しましょう。

また、転職してもいい人か判断がつかない場合、転職を有利に進めたい場合は「転職サイト」を使うべきです。

どのような業界に向いているか客観的な目線で判断してくれるだけではなく、資格講座なども実施してくれます。

ほかにも、一般公開されていない採用情報を転職サイトは持っているため、ほかのひとよりも有利に転職先を探すことができます。

転職を考えている人はまずチェックしてみましょう。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

Facebookの中途採用はやはり難しい?年収や転職成功のコツなど
世界でもトップレベルのIT企業Facebookに転職したい!そう考えている方のために、Facebookの年収や福利厚…
大学院中退して就職すべき?就活卒業の各利点を文系理系を分けて解説
大学院に進学しても、勉強の厳しさなどから中退してしまう人は少なからずいます。そして、中退後に立ちは…
同業種なのか異業種なのかで転職の難易度を考えてみよう
このページでは四象限思考の手法を使って転職の難易度と注意すべきポイントをご紹介します。実は転職の難…
LINEに転職すべき?中途採用の実情をまとめてみた
LINEの中途採用は実際どうなのか?募集はたくさんしているの?自分の事業を試してみたい方、必見です。
pagetop