転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 企業研究 > TISの年収について、また中途採用の特徴について紹介していきます。TISに転職を考えている方向けの記事です。

TISの年収について、また中途採用の特徴について紹介していきます。TISに転職を考えている方向けの記事です。

🕒 2019/05/15
このエントリーをはてなブックマークに追加
TISの年収について、また中途採用の特徴について紹介していきます。TISに転職を考えている方向けの記事です。

TIS株式会社とは東京都新宿区にあるシステム会社であり、システムインテグレーターとして業界を牽引してきた企業です。

実績がある企業なので、新卒として働くほか、転職を考えている方にとってもおすすめの会社です。

そこで本記事は主にTISに転職したい方向けに、TISの世代別年収と中途採用の特徴について紹介していきます。

転職しようと思っている方は本記事を参考にして転職をするかどうか決めていってほしいと思います。

TISの世代別年収とは

TISに勤めている社員の平均年齢は38.8歳であり、平均年収は過去5年間で800万円台から上昇と下降を繰り返しており、全体としての年収は下降傾向にあります。

そんなTISの年収ですが、世代ごとに区別してみるとどうなっているのでしょうか、細かく分けてみていきましょう。

20代の平均収入

年収が20~24歳で360万円、25~29歳で550万円ほどとなっています。

20~24歳の月収は24万円でボーナスが72万円、25~29歳の月収が37万円でボーナスが111万円ほどです。

かなり20代前半と後半で年収の差が大きくなっており、これは新卒社員として入社したものの転職や退職などを考慮して年収を20代前半のうちは低く抑えた結果だと思います。

逆に20代後半になるといったん落ち着くため年収や月収が大きく上昇していくのだと思います。

30代の平均年収

30~34歳の年収、月収、ボーナスはそれぞれ646万円、43万円、130万円ほどです。

35~39歳の社員はそれぞれ711万円、47万円、142万円ほどとなっています。

30代には転職を考える方も多いので、確実にキャリアアップを図りたい方にはその願望が叶えられるような年収と仕事内容に従事することができると思います。

40代の平均年収

40~44歳は年収から順に743万円、50万円、148万円ほどとなっており、45~49歳になると787万円、53万円、158万円ほどになります。

この時期も転職を考える方がいるので、この金額を一つの指針としていってほしいと思います。

なお、50代前半で一番年収が上昇し、50代前半でおおよそ年収が810万円に達した後、ゆるやかに50代後半で下降していきます。

部長クラスの平均年収は1080万円、課長クラスで840万円、係長クラスで640万円ほどとなっております。

役職狙いで転職しようと考えている方はこの年収を参考にしていってほしいです。

直近のTISの実績は安定して高いこと、これからもっとシステムインテグレーターが活躍していく社会になっていくことから、更なる飛躍が見込める企業になるでしょう。

TISの中途採用の特徴とは

TISの特徴ですが、幅広い仕事を手掛けているため、IT系の仕事からコンサルタント、営業などシステム系以外の仕事についても求人を行っています。

そのためIT系の企業に勤めていなかった方でも、応募されている仕事によって自身のスキルが使える場合が多いので、ホームページなどを確認しておくと良いです。

ここでTISの中期経営計画を見てみましょう。

そうすると、利益重視、ITブレイン(付加価値が高いビジネスを拡大していくこと)、ポートフォリオ経営(各事業分野でトップの成績を目指すこと)の3つを目標に掲げています。

つまり優秀な人材ならば積極的に多くの分野で獲得していく姿勢が見えます。

グローバル展開にも積極的なため、英語が話せるということが有利に働く可能性があります。

社風は昔ながらの社内システムや体制が残っており、年収も年功賃金制だといえるため、転職の際にも年齢によっては重要なポストが用意されている可能性があります。

TISはIT技術と社会の高度なニーズに対応できる人材を欲しているため、中途採用の際にもこれらの基準を満たしているか考えて、企業の求める人材にマッチしていく必要があります。

ここでTISに転職した方の口コミを見てみると、面接対策はあまりしなかった、面接は和やかな感じだったといったのがあり、面接はクセのないものであるといえます。

面接の質問も、他の企業でも聞かれるような質問が多かったので、普通の面接の対策をしていけば大丈夫だといえます。

TISに転職する方へ

いかがでしたか。

本記事はTISの平均年収がどれくらいなのか、また転職の際のTISの特徴などを多角的な面から紹介してきました。

TISと聞くとシステム系の仕事を想像するかもしれません。

しかし実際は多くの仕事に手を伸ばしている企業であり、グローバル化も目指していて成長を常に目指している企業だといえます。

そんな中で必要とされる人材は多いので、自分は何ができ、何を必要とされているのか、スキルと企業をマッチさせていくことが必要です。

転職してからもスキルアップや昇進、昇格を確実に狙っていけるような良い風土の会社ですので、是非一度本記事を参考にしてTISに興味を持っていってほしいです。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

ベンチャーキャピタリストが教える【成長するベンチャー】の見極め方
ベンチャー企業へ転職しようと考えている人向けに、優良ベンチャーを見極めるポイントと転職においてのメ…
大手人材会社が発表した転職したい企業ランキングを比較してみた
このページではdoda、マイナビ転職、リクナビNEXT三社が発表した転職したい企業ランキングを比較し、本当…
SEに転職する際の残業が少ない企業の選び方
IT業界が伸びている昨今、SE(システムエンジニア)に転職する人が増えてきている。SEが活躍する残業が少…
有限責任監査法人トーマツへの転職のポイント
有限責任監査法人トーマツへの転職を考えている方に向けて、トーマツの事業や給与面の特徴、社風など知っ…
pagetop