転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 退職 > 上司が生理的に無理の場合は会社を辞めるべき?

上司が生理的に無理の場合は会社を辞めるべき?

🕒 2019/06/06
このエントリーをはてなブックマークに追加
上司が生理的に無理の場合は会社を辞めるべき?

社会に出ると、多くの人間関係に出会い、悩みのタネも増えてしまいがちです。会社に生理的に無理な上司がいて、退職を考えている人も多くいます。

それが原因で会社を辞めることを検討している方も多くいるのではないでしょうか。ここでは、上司が生理的に無理な場合に会社は辞めるべきなのかアドバイスを含めご説明していきます。

生理的に無理な上司の特徴

生理的に無理な上司はどんな人でしょうか。もちろん個人によって感じ方も変わりますが、いくつか共通した特徴がある場合が多いです。生理的に無理だと部下に判断される上司がどのような人物であるか、代表的な特徴についていくつか見ていきます。

まず、いつでも自分が正しいと思っている上司は生理的に無理だと思われることが多いです。一辺倒に自分のほうが偉いから自分が必ず正しいとされても、部下からしたら納得いかないことが多いようです。

確かに長く仕事をしている上司の方が正確な判断を下せる場合が多いかもしれませんが、必ずそうであるとは限りません。自分の意見を曲げず、部下の発言に耳を傾けないと、仕事をしている意義が分からなくなってしまう場合もあります。仕事を一緒にし続ける上でモチベーションを下げる要因になる上司は避けたいと思う方が多いようです。

次に、期限が悪く、攻撃的な上司も生理的に無理だと思う人が多いようです。常にイライラしていて、仏頂面な人は上司に関わらずあまり一緒にいたくないと感じますよね。特に上司に対しては、イライラしていることを指摘することも憚られるため、ただ居心地が悪い中、やり過ごすしかないのは精神的にしんどいと思う人が多いことでしょう。また、不機嫌な上司が指導をする意図なしに叱っていると、部下としては納得がいきません。

業務を通してカイシャに貢献したい中で、自分に非がないのに怒られ続けるのに耐え続けるのは大変だと感じる方が多いのではないでしょうか。

また、支持に一貫性がない、仕事ができないなど上司として尊敬できない場合にも生理的に無理だと感じる人は多いようです。自分の職場でわからないことなどが生じたときに頼りたいのが上司。その人に頼りがいが無い場合にはこれからの自分の仕事への取り組みを判断する人としても魅力を感じません。このように、上司個人の業務内容で判断している人も多くいます。

辞めたほうがいいケース

ここまでは生理的に無理だと人々が思う上司にはどのような特徴があるのかいくつかの具体例を挙げてきました。人として尊敬できない上司はそのように思われる場合が多いことがわかりました。ここからは、部下として生理的に無理な上司がいた場合、辞めるべき場合はどんなときかについてご説明していきます。

まず、辞めるという決断に至るまでに様々な他の行動の選択肢を考慮し、吟味することをおすすめします。会社を辞める選択を取るときには、多くの人が先に転職をすることを見越して辞めることが多いと思います。

しかし、転職への準備を何もしないまま一つの収入源を失うことはリスキーです。ある程度車内に残るための対処法を考え、実践した上で、退職した場合に向けた準備についても考えることをおすすめします。

カイシャに残るために出来ることとしては、まず上司との関係性を改善することを心がけましょう。例えば、礼儀正しく接することを意識する、相手の長所を見つけようとするなど自分がより相手に近づいてみることを心がけましょう。そして、働き方をより改善させることを通して以前よりもその職場が好きになれたら転職を考える必要もありません。

それでも上司との関係性が改善されない場合には、職場でできるだけ関わらないように心がけてみましょう。上司との関係性が望ましいものでなくても、それを職場で最小限に抑えられたらもしかしたら以前ほど自分の生活に影響しないかもしれません。自分の生活の中での影響力を最小限にすることでよりストレスを軽減することができたら職場を変えることなく働き続けられるかもしれません。前述の通り転職にはリスクと負担が伴いますので、それを避けられる一つの選択肢かもしれません。

これらを経てなお現在の職場で働き続けることが難しいと思う場合には転職をより本格的に検討するべきです。転職には色々と手続きが必要です。退職をする前に転職先候補をいくつか洗い出し、採用してもらえるかを確認しなければいけません。

この作業なしに退職をすると、一時的にどこにも勤めていない状態となり、リスクが伴います。この準備をある程度進めた上で退職の相談を勤めている会社の上司にすることをおすすめします。

良い職場を転職エージェントに探してもらおう

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数38,033件対応地域全国
非公開求人127,727件ターゲット層ミドル層
強い業界機械・電気メーカー/金融/サービス業年収UP実績2万人以上

ただ、退職を考えている場合でもなかなか気がひける場合が多いと思います。そういった場面で多くの人が利用するのが退職・転職をサポートするエージェントなどのサービスです。

dodaやマイナビエージェントなど多様なサービスから自分に合った物を選んで利用ができるので、まずは転職エージェントにどのようなものがあるのかを探すことからスタートすることが便利かもしれません。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

会社勤めに向いていない?人生を楽しく出来る方法をご紹介
自分は会社で働くことに向いていないではないか?社会不適合者だと思っている方は多くいます。しかし、な…
ブラック企業は辞めたいと思った時が辞め時
ブラック企業かどうかの見分け方や、そのブラック企業を辞めたい方へ辞める方法を紹介します。一見、どち…
大学教員から民間企業に転職したいなら知っておくべき最新知識
大学教員の転職に関する情報を、業界の現状や、これからの動向を踏まえながら紹介していきます。また、大…
法務に向いている人は?仕事内容・年収・適性・おすすめ資格など転職に必要な全知識
【法務に転職したいあなた必見】企業の中での法務部とは、どのようなポジションあのでしょうか。このぺ―…
pagetop