転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > お役立ち転職コラム > 転職活動に疲れたら派遣ってアリ?派遣のメリット・デメリットは?

転職活動に疲れたら派遣ってアリ?派遣のメリット・デメリットは?

🕒 2021/02/04
このエントリーをはてなブックマークに追加
転職活動に疲れた女性

「転職活動ホント疲れた…つなぎで派遣社員として働こうかな…」
「もう面接しまくって疲れたし切り替えないと…」

転職活動を始めたはいいけど、なかなか次の仕事に就けないことってありますよね。

なかには早く仕事を始めたくて、正社員以外の働き方を検討する方もいらっしゃいます。

結論を言うと、「転職活動で疲れたときには派遣でつなぐのもアリだけど大変」です。

具体的な理由、派遣でつなぐメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう!

<今回の記事でわかること>

  • 転職活動を派遣でつなぐメリット・デメリット
  • 長期派遣と短期派遣ならどっちがいいのか
  • おすすめの派遣会社3選

転職活動中に派遣でつなぐのは「アリだけど大変」

記事冒頭で、「転職活動で疲れたら派遣でつなぐことをおすすめする」とお伝えしました。

派遣社員は雇用期間が決まっている場合がほとんどなため、スポット的で気軽に働けるメリットがあります。

ただ転職活動をしつつ派遣の仕事をするとなれば、中途半端な気持ちで臨んだとき心が折れます。

以下の章からは「派遣の仕事」と「転職活動」を両立できる方のみお読みください。

転職活動に疲れたら派遣でつなぐメリット5つ

ここでは転職活動に疲れたとき、派遣がオススメな理由を5つに絞って解説します。

次章ではデメリットも解説するため、本当に派遣で繋ぐべきかじっくり考えてみてくださいね。

①希望条件を柔軟に合わせられる

派遣は希望条件を細かく設定して働けるため、転職活動中の短期間でも快適に働けるのが嬉しいポイントです。

「9月から派遣で働き始めたい…」
「育児に理解のある職場で働きたい…」
「定時帰宅は譲れない」
「今のスキルに自信がない…」

派遣を検討中の方にはこうお思いの方も多いですが、働く上でのニーズを叶えやすい点も派遣のメリットです。

たとえば最大手の派遣会社「スタッフサービス」の場合、条件を絞り込む項目がこんなにあります↓

スタッフサービスのこだわり条件

引用元:スタッフサービス

②アルバイト・パートより高い時給で働ける

派遣はアルバイト・パートより時給が高く、正社員に引けを取らないレレベルです。

三大都市圏で比較すると、どこの地域でも派遣の方が500~600円近く時給が高いとわかりますね。

地域名 派遣社員の時給 アルバイト・パートの時給
関東 1,782円 1,127円
東海 1,610円 1,004円
関西 1,537円 1,057円

(参考:ジョブズリサーチセンター

関東圏で時給1,782円の求人に応募し、フルタイム8時間勤務で1か月間働くと、月給(単純計算)は以下の通りです。

1,782円×8時間×20日=285,120円

派遣社員の給料って、結構高いんです。

しかも1,782円は平均ですし、もっと高収入のお仕事だってたくさんあります。

転職活動中は派遣で繋いでも、キャッシングなどに手を出さず生活費をまかなえますね。

③仕事がすぐ決まりやすい

派遣だと早くて4~5日程度で仕事が決まります。

転職だと仕事を始まるまで時間がかかり、就職まで3か月くらいかかることもザラです。

すぐに仕事が決まりやすいのが派遣の大きな強みですから、とにかく仕事のブランクを埋めたい方にもおすすめ。

ブランクをなくせれば仕事勘をにぶらせずに済みますね。

④未経験でも働きやすい

派遣には「未経験歓迎」「未経験OK」の求人が多いのも大きな魅力です。

資格が無くてもスキル・技術が無くても、受け入れてくれる企業が満載なんです。

正社員だといきなり即戦力を求められますが、派遣の場合はそこまで要求の強い企業が少なめ。

もちろんスキル・経験があると有利ですが、未経験者への門戸の広さもポイントですね。

⑤スキル・経験を積める

短期間でも派遣社員として精一杯働けば、派遣先でもスキルや経験を積めます。

ただ工場・製造系の派遣求人でよくありがちな「シール貼り」「検品」など、単調で創意工夫のない仕事ではスキルアップを期待しないでください。

ある程度自分の頭で工夫をこらせる仕事で、転職先でも活かせる派遣求人にエントリーするのがベストです。

転職活動に疲れたら派遣でつなぐデメリット4つ【対処法も解説】

派遣は柔軟な働き方ができ、大変融通のきく雇用形態といえます。

ただその反面デメリットもあり、受け入れられないと派遣で働くのは難しいです。

具体的には次の4点です。

  1. コロナ期間中は派遣切りの可能性大
  2. 古い体質の企業への転職だと不利になるかも
  3. 契約期間終了までは辞められない
  4. フルタイム勤務だと転職活動に集中できないかも

①コロナ期間中は派遣切りの可能性大

昨今のコロナ事情により、経営体制が崩れて社員を切り捨てるケースが続出しています。

社員を首にするとき、真っ先に切られやすいのが派遣社員です。

せっかくつなぎとして働いても、派遣切りに遭ってしまえばそれこそ疲れてしまいます。

非正規雇用の宿命ですが、このデメリットを押さえたうえで働かないといけませんね。

②古い体質の企業への転職だと不利になるかも

考え方の古い企業へ転職するとなると、不利になると考えられます。

というのも今は「転職なんて当たり前」「働き方に多様性がある」の時代なのに、非正規雇用として働いた経験がある人を、書類選考ではじかれやすい傾向にあるからです。

古い考え方が根付いたままだと、その人を受け入れないことも往々にしてあるんですよね。

非正規雇用の社員として働いても「仕事の空白期間」とみなされかねないため注意です。

③契約期間終了までは辞められない

パート・アルバイトだと気軽に退職しやすい特徴がありますが、派遣だとそうはいきません。

派遣社員は一般的に「有期雇用」で働くケースが多く、契約で定められた期間中に勝手な辞職はできません。

そのため転職活動をして「これからは正社員として就業します」なんてことが認められないんです。

気になる方は契約期間が長すぎないように、短期派遣を選択するのが無難ですね。

④フルタイム勤務だと転職活動に集中できないかも

派遣社員は必ずしもフルタイムで働く必要はなく、短時間で働ける求人を選ぶことも可能。

ただ生活費がギリギリの方、ローンの返済に追われている方だとフルタイムで働かざるを得ないケースもありますよね。

フルで働くとなれば帰宅するのは夜遅くなります。

派遣は残業の少ない雇用形態ですが、転職活動に使える時間が奪われてしまうのは避けられません。

派遣はあくまで「転職活動を再開するまでのつなぎ」ですから、転職活動自体に支障が出ると本末転倒です。

「フルタイムだと支障が出てキツい」なんて場合は、条件で「週4日」を選んだり、仕事を単純なものを選んだりしてみてくださいね。

長期派遣と短期派遣ならどっちがいい?

結論、「短期派遣」で働くのをおすすめします。

長期派遣だと2か月あるいは6か月以上働くケースが多く、転職活動へ復帰するのが大変だからです。

短期派遣なら短い期間で働く前提があるため、復帰もしやすく本腰を入れやすいですよね。

もし「正社員ではなく派遣社員として生きていきたい」なんてときは、長期派遣の道を進むのもアリです。

転職エージェントの担当に派遣で働く旨を伝えるべき?

転職エージェントを使っている場合は、担当者に「派遣で働いている」旨を伝えようか気になりますよね。

結論から言うと、担当者に派遣で働いている旨を伝えても問題ありません。

伝え方としては「時間に融通を利かせられるため、派遣社員として働いています」とカンタンでOK。

詳しく掘り下げられたときは、聞かれた内容に素直に答えましょう。

加えて「今の派遣のお仕事を終えてから正社員として就業したいため、■月◎日からの就業したいのですがよろしいでしょうか?」と聞くとより丁寧ですね。

転職活動のつなぎにおすすめの派遣会社3選!

ここまでお読みになった方なら「派遣で働いてみようかな」とお思いの方もいますよね。

最後に転職活動のつなぎにオススメの派遣会社を、厳選して3社ご紹介します。

どれも口コミでの評価が高く求人数の多いサービスなため、気になったものから登録してみてください。

①スタッフサービス

スタッフサービス

<スタッフサービスのおすすめポイント>

  • 83,000件以上の豊富な求人数!
  • 事務職に強い!
  • 求人紹介が早い!

運営会社株式会社スタッフサービス・ホールディングス
求人数約83,000件
募集職種オフィスワーク、介護・看護・医療事務、製造・物流・軽作業、IT・システム系、ものづくり系エンジニアなど
求人掲載エリア全国47都道府県

スタッフサービスは求人数が約83,000件と、多彩な案件を保有している最大手の派遣会社です。

一般事務、金融事務、営業事務など事務職求人に強いのがポイントで、未経験者向けの案件も多数掲載。

また「求人を早く紹介してくれる!」との声が多いため、早く働き始めたい方にもオススメです。

数ある派遣会社で選択に迷ったら、スタッフサービスに登録してみてくださいね。

②テンプスタッフ

テンプスタッフ

<テンプスタッフのおすすめポイント>

  • 女性に優しい派遣会社!
  • 業種カバー率100%!
  • 派遣社員の満足度が高い!

運営会社パーソルテンプスタッフ株式会社
求人数約14,000件
募集職種オフィスワーク、翻訳・通訳、金融・証券、マーケティング、営業、販売、接客、IT・CAD・クリエイティブなど
求人掲載エリア全国47都道府県

テンプスタッフは女性に優しいサービスを多数展開する派遣会社で、特に主婦層・ママさんの方から多くの支持を得ています。

掲載求人の業種カバー率が100%と、見つからない仕事が無いといっても過言ではないくらい、お仕事が充実しています。

派遣社員の満足度調査ではNo.1を獲得した実績があり、利用者からかなり信頼されたサービスともいえますね。

口コミでは「親身で一番対応が良かった!」との声が多いため、派遣が初めての方に強くおすすめします。

③フルキャスト

フルキャスト

<フルキャストのおすすめポイント>

  • 日払い・短期バイトを多数掲載!
  • Web登録なら翌日からの勤務も可能!
  • 応募・検索は24時間対応!

運営会社株式会社フルキャストホールディングス
求人数約58,000件
募集職種軽作業、搬入出・引越し・移転、接客・販売・サービス、キャンペーン・イベント、飲食・フード、オフィスワークなど
求人掲載エリア全国47都道府県

フルキャストは日払い・短期バイトに特化した派遣求人サービスで、約58,000件の求人からお仕事を探せます。

1日だけスポットで働きたい方、スキマ時間にサクッと稼ぎたい方にもおすすめのサービスとなっています。

Webで登録すると翌日から働ける求人も満載なため、すぐ働きたいときに使い勝手がいいですね。

応募や検索は24時間対応しているため、まずはお気軽に登録してみてください。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

休職歴が転職エージェントにバレたくない方必見
転職を考える時、転職エージェントには休職していたことを言わずに転職を終わらせたい。
売り手市場で脱フリーターは超簡単!あなたを正社員に変える方法
フリーターだからと諦めていませんか?リクナビNEXTを通して正社員になることが可能です。再就職を考えて…
スキルゼロ低スペックの転職を成功に導いた凄腕転職エージェント
転職したいと考えたとき、自分のスキルのなさが懸念され、どうしていいかわからない。スキルがない場合で…
pagetop