転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > Q&A > 職歴にブランクがあったらどうする?元人事部社員の本音をご紹介

職歴にブランクがあったらどうする?元人事部社員の本音をご紹介

🕒 2019/05/30
このエントリーをはてなブックマークに追加
職歴にブランクがあったらどうする?元人事部社員の本音をご紹介

近年、自分が本当にやりたかった仕事をしたいという理由や、今よりももっと待遇のよい職場へ移りたいという理由で転職を考える方が増加しつつあります。

しかし、転職を考えている方の中には自分の職歴の中に大きなブランクがあるために、他の企業から内定をもらうことができるのかという不安を持っている方も少なくありません。

たしかに、日本では職歴のブランクは何もしてなかったというイメージを持つ人が多いために、就職活動の場では不利になってしまうと考えている方が多いようです。しかしながら、実際は職歴の中にブランクがあったとしても、転職に成功する方法はたくさんあります。

今回は職歴にブランクがありながらも転職を考えている方のために、いかにしてその空白というハンディを乗り越えて転職を成功されるかという方法を詳しく説明していきます。

ブランクに関する企業からの認識

転職活動においてブランクがある人を採用側はあまりよく思いません。一体それはなぜでしょうか?

転職活動が思い通りにいかず、半年から1年の期間が空くと企業のほうも何か問題があるのではないかと思ってしまいます。

ここでは、企業の採用担当がどういったところを気にしているのか紹介して行きたいと思います。

まず、求職者のブランク期間は企業にとってどのような認識があるのでしょうか。

人材としての即戦力に対しての心配

基本的に企業は中途採用の転職者には即戦力を期待しています。しかし、転職者がブランクを持っている場合、企業はその期間に仕事に対するモチベーションが薄れてしまったのではないかということや、クリエイティブな職ならば技術や勘が鈍ってしまっているのではないか、最新の業界動向や技術の情報をきちんと把握しているのかということを心配します。

企業は転職者に今まで培ってきた豊富な経験や知識を生かして責任のある仕事を任せたいと考えていますので、このような心配をしがちです。

転職者の人間性に対する心配

もしその転職者が就職活動を行っていたのにも関わらず、なかなか採用されないためにブランクができてしまったというのなら、企業はその人の基本的な人間性を心配します。

つまり、その人は人材としての魅力に欠けているのではないかという心配や、計画性が足りてないのではないか、自己評価が高すぎるのではないかという懸念を引き起こします。

仕事に取り組む姿勢

お正月や盆休みなど長期の休暇をとると何となく仕事に対するモチベーションが下がってしまいがちです。

長期休みの後は、仕事モードに意識的に切り替える必要があります。

半年以上も仕事をしていない時間があると、切り替えづらく仕事に対する姿勢があまりよくないことが多いので採用側も慎重になってしまいます。

また、前職にある程度のキャリアがある場合は希望条件のハードルが高く柔軟性に欠けると思われてしまう可能性があります。

スキルの遅れ

IT業界やWeb業界のエンジニアの方は特に、スキルや知識に遅れがあると思われてしまいます。

業界の最新情報をチェックすることはできますがそれを仕事で活かすとなると、また違ってくるのでビジネスの勘というところから、採用に結びづらくなってしまいます。

2017.08.22
フリーターだからと諦めていませんか?リクナビNEXTを通して正社員になることが可能です。再就職を考えている方必見です!

転職で不利になりにくい職歴ブランクのケース

ブランクがあることでビジネスの勘が鈍ってしまったり、仕事において重要なスキルや知識の面で遅れが出てしまうことから転職には不利なってしまいます。

しかし、やむを得ない理由やキャリアアップのための勉強をしていたら話は別です。

ここでは、ブランクがあっても転職に不利になりにくい理由を紹介していきます。

資格の勉強をしていた

転職先の企業に役経つスキルの取得するための勉強していたと言えば、そこまで悪い印象にはなりません。

しかし、多くの人はその資格を働きながら取得する場合がほとんどですので、あまりいい理由とは言えません。

語学などの勉強するために短期留学をしていたというのも、よほどTOEICの点数が高いなどのアピールができない限り、加点材料とはならないでしょう。

資格関連で理由を作るのであれば、とても難易度の高い資格を取得するか、ある程度の難易度のものを複数取得することで、企業側にアピールすることができます。

フリーランスで仕事をしていた

応募した企業との関連性がある場合は、とても効果的なアピールだと考えられます。

仕事をしていないわけではないので、スキルや知識の遅れもそんなに心配しなくても済むためです。

しかし、フリーランスというある程度自由な環境で仕事をしていたことから、しっかり会社に馴染めるのか疑問に思われることもあると思うので、しっかり回答できるように準備をしておく必要があります。

ブランクの期間をどうカバーするか

ブランクの期間をがあったことを変えることはできないのでその間に何を学び、転職先でどう活かせるか明確に伝える必要があります。

採用側が何を問題視しているかを理解することで、しっかりと対策を立てて面接に臨むことができます。

過去は変えられないので、入社後に自分がどれだけ貢献できるか、未来の話をして熱意を伝えましょう。

ブランクを克服して転職を成功させるために

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数9152件対応地域全国
非公開求人約10万件ターゲット層転職したい社会人
強い業界IT/メーカー/サービス/小売年収UP実績80%

それでは、そのようなマイナスの印象になりやすいブランクをどのように克服して転職を成功させればよいのでしょうか。それには「なぜブランクが生まれてしまったのか」という点と「ブランク期間の間になにをしてきたのか」という2点に関して、採用担当者から転職者に悪いイメージを持たれないようなはっきりとした説明をする必要があります。以下、そのような期間が生じてしまう理由に対して、どのような対応をしなければならないのか説明していきます。

資格を取得するため勉強のため

スキルアップや転職のために資格取得を目指して、勉強していたというのはほとんどの採用担当者に良い印象を与えます。それをアピールするために、面接ではその資格を取得したことに加え、その資格が今後どのように会社での仕事に役に立つのかということまで説明しましょう。

病気やケガのため

病気やケガによって職場から離れてしまうために空白ができてしまうというのも、よくあることです。

その場合は採用担当者にその理由を正直に説明しても、それほど悪い印象は持たれません。しかし、クリエイティブな仕事で必要な勘や技術が鈍っているのではないかという心配は発生します。それを解消するために、その期間の中で日々情報収集に励んだり、その他学ぶことを怠らなかったということを説明するようにしましょう。

また、その後も身体検査や通院が必要な場合は、そのことをはっきりと申告しておきましょう。そして、その分しっかりと仕事に打ち込んでいく意思があるということを言っておけば問題ありません。

家族の介護や看病のため

もし家族や親戚の介護や看病をしなければならなかったため、空白があいてしまったというのであれば、その家族や親戚が回復したり、他に世話を引き受けてくれる人が現れたなど、転職して仕事に復帰して活躍できる環境が整っていることを伝えましょう。そして、これからは全力で仕事に取り組みたいという熱意を示せば大丈夫です。

また、子育てのためであっても、子供がもう手がかからなくなり、これからはしっかりと仕事に集中できるということを説明しましょう。

まずは自分の市場価値を知ることが大切

転職活動において、自分の市場価値を知っておくことはとても重要です。

市場価値を知ることで、これからのキャリアアップも考えての転職をすることができます。

リクナビNEXTに登録して市場価値を知る

市場価値を知るやり方法としておすすめなのは、リクナビNEXTへの登録です。

リクナビNEXTではスカウト機能があり、自分の職務履歴などを記入しておくことで興味を持ってくれた企業からオファーを受けることができます。

自分が持つ経験やスキルが社会でどの程度も手められているのか、自分がどこの業界の企業から需要があるのか、自分が今行ける企業など様々な面から転職先の企業を選ぶことができます。

また、リクナビNEXTは登録者数が日本トップクラスなので求人を掲載している企業も他の転職サイトに比べてはるかに多いです。

ブランクがあり転職活動が不安な方は、まずリクナビNEXTに登録しスカウト機能を利用して自分の市場価値をしましょう。

オファーのあった企業を気に入ればそのまま面接まで行くことができるので、登録していおいて損はありません。

しかし、中には離職率の高いブラック企業も紛れ込んでいるのでしっかりと見極めることが大切です。

ブランクがある人はまず、リクナビNEXTに登録して自分の市場価値をしってから転職活動をすることでスムーズ転職することができます。

まとめ

転職を考えているにもかかわらず、自分の職歴に生まれた長いブランクが原因で転職を成功させる自信がないために、なかなか最初に1歩を踏み出すことができないという方はかなりいるようです。

たしかに、転職者の経歴に大きなブランク期間がある場合、なにかよくない理由があるのではないかという心配から悪いイメージをもってしまう採用担当者はたくさんいます。

しかし、実際は大きなブランク期間があったとしてもその理由をはっきりと説明することができ、その間に自分が転職やキャリアアップのためにどのような努力をしてきたかということを説明すれば、転職は必ず成功するでしょう。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

中途採用で容姿を重視する『顔採用』に関係する話
社会の噂である顔採用ですが、本当に存在しているのでしょうか。実際に転職を考えている方に向けて、顔採…
リクナビNEXTの登録用メールが届かない4つの原因と解決方法
リクナビNEXTに登録しようとしても、本登録用のメールが届かないなど、うまく登録できないあなたへ!解決…
※大手企業や上場企業に転職したい中高年の方必見
転職するなら、大手・上場企業がいいと思いません。大手ってだけで何かと憧れますね。このページでは、大…
売り手市場で脱フリーターは超簡単!あなたを正社員に変える方法
フリーターだからと諦めていませんか?リクナビNEXTを通して正社員になることが可能です。再就職を考えて…
pagetop