転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > ゲーム業界 > 未経験でも分かる【ゲーム業界】転職の基礎知識

未経験でも分かる【ゲーム業界】転職の基礎知識

🕒 2019/06/03
このエントリーをはてなブックマークに追加
未経験でも分かる【ゲーム業界】転職の基礎知識

ゲームが好きな人なら、誰もが一度ゲーム業界に転職して、花形職種に就こうと思ったことがあるのではないでしょうか。しかし、ゲームが好きなだけではゲーム業界に向いているとは言えないのは現実です。しかし近年のゲーム業界は、未経験者を歓迎するゲーム関連職の求人が多く、敷居が以前より若干低くくなっています。

今回は、最近のゲーム業界にスポットを当て、未経験からゲーム業界に転職しようとする人が気になるはずの疑問にできる限り答えていきます。

「一つのゲームを作るためにどんな職種の人が必要なの?」「転職サイトの求人情報に未経験OKと書かれている求人は本当に未経験で大丈夫なの?」「ゲーム関連の経験や実績がまったくない場合、面接で何をアピールすればいいの?」

これらの質問を順番に説明しますので、ぜひゲーム業界への転職活動に役立ててください。

そもそもゲーム業界ではどんな職種があるの?

未経験からゲーム業界に挑むために、まずはどんな仕事があるか、どれが最も自身に向いているのかを知っておかなければなりません。ここでは、ゲーム業界に未経験から転職しやすい職種の仕事内容や求められる資質をご説明します。

ゲームプランナー

ゲームプランナーは未経験でもなりやすい理由は、プログラマやデザイナーと違い、専門的な知識が基本的に必要ないからです。

ゲームプランナーとは、アイデアや設計図を考えて、ゲームを企画する仕事です。会社や業界によっては「ゲーム企画」「ゲームクリエイター」と呼ばれることもあります。ゲームプランナーが顧客やディレクター、プロデューサーの要望と消費者のニーズを把握し、企画を立てます。企画が通りゲームの制作が始まれば、あらゆる作業のスケジュールやメンバーアサインなどを決め、プロジェクトの進行を管理することも。ゲームの企画案を作成することがメインの仕事になりますので、人を納得させられる文章力とプレゼン力が求められます。メンバーに仕事を割り当てるために、チーム全員の各自の役割や仕事内容を理解する必要があります。

ゲームディレクター

主に開発者をまとめて作業の進行管理を行うのがディレクターの仕事です。リーダーとしてチームを統括し、様々な問題を解決したら、ゲームについて方向性を決めるために必要なリーダーシップと豊富な知識があると重宝されるでしょう。作業工程に関わることはないため、他業界でディレクターかディレクターに近い職業を経験した人にとって転職しやすい職種だと言えます。

デバッカー

プログラミングやデザイン、ディレクターの経験がない人におすすめしたいのが、デバッカーという職種です。開発中や完成後のゲームをテストプレイしてみて、気になるところはないか、不備や問題がないかをチェックする仕事です。具体的に、そのゲームは仕様書通りに作られているのか、プレイ体験は良いかどうか、面白いかどうかをチェックします。プレイヤー目線、開発者目線で物事を考える柔軟さと何度も同じゲームを繰り返しプレイできる忍耐力が求められています。ゲームが大好きで飽きてこない人におすすめです。

2017.07.14
転職を考えると膨大な求人の中から優良企業を選ばないといけません。求人広告を鵜呑みにするとブラック企業にうっかり転職することも。このページでは本当に信用できるおすすめの転職サイト・転職エージェントを100社から厳選し、ランキング形式でまとめています。それぞれの口コミや評判も付いています!

未経験からゲーム業界への転職事情

ゲーム業界の求人を見ると、未経験者を歓迎する求人が増えており、以前よりも転職しやすい状況になっています。未経験者に人気の転職先であるゲーム制作会社にも5つの種類があります。

  • プラットフォームを販売している会社
  • プラットフォーム会社の子会社
  • 大手ゲーム制作会社
  • 中堅制作会社
  • 派遣会社

近年のゲーム業界は、少子化や海外輸出の不振の影響がある一方、ソーシャルゲームやオンラインゲームが伸びています。その中でブームに乗ってゲーム事業を新規展開する求人が増えているわけです。

1から新卒社員を戦力に育てたいという企業の本音があるものの、新規事業への参入や既存企業の拡大、退職者に対する人員補充など急いで人材を確保したいときは中途採用を行います。即戦力が期待される中途採用では未経験者がある程度不利になっても仕方がないことです。未経験ですがどうしてもゲーム業界に入りたい場合、最初は中堅制作会社で経験やスキルを積んでから、大きい仕事ができる大手ゲーム製作会社への転職を狙ってみてもいいかもしれません。

ゲームプランナーの平均年収は1年目300万円ほどあります。経験者になると400~500万円、魅力的な実績があれば600万円以上の年収を提示されることもあるようです。

ゲーム業界の実力主義は未経験者にとって、最初はしんどいかもしれませんが、頑張っているうちに年収が目に見えてどんどん上がるのは嬉しいですね。

レバテックキャリア|ゲーム業界の未経験歓迎求人数No.1

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数1000件対応地域東京都/神奈川/埼玉/千葉/大阪/福岡
非公開求人1万件以上ターゲット層転職したいIT・WEB技術者
強い業界IT・WEB業界年収UP実績8割

レバテックキャリアはIT・Webエンジニア・クリエイターの転職支援に特化している転職エージェントです。手掛けているレバレジーズ株式会社はもともと技術力の高いIT企業だからこそ、IT業界での強みを活かして他社ではできない高度な技術コンサルティングを実現できています。

レバテックキャリアでは、第一線で活躍するエンジニアによる社内講習を定期的に開催し、転職サポートを担当するキャリアコンサルタント全員のIT・Web知識の底上げをしています。キャリアコンサルタントはエンジニアと同等のレベルで相談できるよう、普段から社内での教育が充実です。 キャリア面談では、年収や待遇の改善を見込めるよう、エンジニア自身が気づいていないアピールポイントを引き出し、企業別の対策を行い面接で高評価をもらえるよう提案を受けることができます。

一般的に、転職エージェントは企業の人事や採用担当者に案件受注の営業を行いますが、レバテックキャリアはIT・Web企業の現場担当者から直接「良いエンジニアがいたら紹介してもらいたい」と依頼を受ける場合が多いです。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

郵便局を辞めるのはもったいない?転職すべきかを自分で判断しよう
安定した職業というイメージのある郵便局員ですが、その実態はひどかった!?郵便局を辞めたくなる理由と…
地方銀行員の転職先はどこがいい?メーカーなどおすすめの転職先とキャリアチェンジの成功法
地方銀行の仕事はつまらないとかやりがいを感じないとか激務とか、いろいろネガティブな噂があります。そ…
【138社から12社厳選】業界別おすすめ転職サイト
このページでは、アパレル、金融、介護など何か一つの業界に特化した転職サイトをご紹介しています。それ…
リクナビNEXT利用者限定!【経理】の転職を成功させる方法
リクナビNEXTに掲載されている経理職求人の傾向や特徴、経理の方が転職をするうえでの注意点などを紹介し…
pagetop