転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > Q&A > 審査が承認されない?『ビズリーチ』の最新の登録方法と使い方をわかりやすく解説!

審査が承認されない?『ビズリーチ』の最新の登録方法と使い方をわかりやすく解説!

🕒 2019/07/29
このエントリーをはてなブックマークに追加
承認されない?『ビズリーチ』の最新の登録方法と使い方をわかりやすく解説!

ビズリーチは株式会社ビズリーチが運営している年収750万円以上のハイキャリア向けの転職サイトです。高年収・ポジション、独自のヘッドハンター制度が他の転職サイトと一線を画すポイントです。

どなたでも使いやすいビズリーチですが、筆者の分析によると特にこんな人におすすめです。

  • 働きながら、良い求人が見つかれば転職したい人
  • ハイキャリアを築き上げたい人
  • 自分の市場価値とスペックを確かめたい人
  • すぐ転職先を見つけたい人

また、一流日系・外資系企業(特に製造業と金融)を視野に入れている人はぜひビズリーチを利用しましょう。転職サイトの中でで特に掲載料金と審査基準が高いので、基準をクリアできない経営力、資金力がない企業はまず掲載されないので安心です。

そんなビズリーチですが、いざ利用しようとすると使い方が分からなかったり、そもそも登録を拒否されてしまったという人も少なくありません。今回はそんな方たちのために、1から登録方法や賢い使い方を説明していきます。

そもそも登録できないとはどういうこと?

転職エージェントのサービス申し込みページに個人情報を入力した後日「お断りのメール」が登録時に指定したメールアドレスに届くことがあります。

『ビズリーチ』の場合はこのようなメールが届きます。

登録拒否メール

ビズリーチのように登録の段階でユーザーを選別・審査する転職エージェントは珍しくありません。

転職エージェントは求職者と企業が労働契約を結んだ時点で紹介先から紹介料をもらうことで成り立っている営利企業なので、「どうせ企業に紹介しても内定がもらえないだろう」と判断したら、その方へサービスを提供しない場合があります。

「登録できない」「登録を拒否された」と言いますが、厳密に言うと登録自体はできています。

なぜなら、職業安定法の規定で転職エージェントは求職者の申込を断ることはないように定められているからです。

そのため登録自体はできている形ですが、審査の結果実際に転職サポートを受けられないので、実質登録拒否と一緒なのです。

転職エージェントに断られるケースまとめ

「せっかく手間と時間をかけて登録したのに、サポートを受けられないなんて…」

腹が立つ気持ちや、悔しい気持ちもあるでしょう。しかし、断られた求職者は大勢います、あなただけではありません。

まずは冷静に、転職エージェントが求職者を断る理由を分析してみましょう。

キャリア不足の場合がほとんど

転職エージェントがお断りのメールを送ったり、悪質の場合はそのまま無視したりするなど登録を断る理由は、求職者が提示したスペック(学歴、年収など)や経歴(前職での経験)が転職エージェント側の要求するレベルに達していないケースが多いです。

要するに、採用されそうにない人だと分かった場合に効率重視の観点から最初から断るということなのです。

登録を断られる可能性が高いケース

それでは、転職エージェントが求める基準に満たせず、断られる確率が高い人の特徴をまとめて見ていきましょう。

  • 年収が低い人
  • 転職回数が極めて多い人
  • 一般の企業に役立つ経験・スキル・資格がない人
  • 年齢が高いのに、マネジメント経験がない人
  • 一つの会社での勤務期間が短すぎる人(2ヶ月未満とか)
  • 特殊な職務経歴の人(俳優・歌手・自衛官・作家・自営業など)
  • 社会人経験がない(その場合は既卒向け就職サービスをご利用ください)

また、不景気の時にありがちな「買い手市場」に転職活動をする場合、求人依頼する企業が激減するので、転職エージェントが審査基準を厳しくする傾向があります。

その場合、景気が回復するまで待つか、転職サイトから求人を探して自分で応募することがおすすめです。こちらのおすすめの転職サイトランキングでは詳しく紹介していますので、チェックしてみてください。

意外にも登録拒否されないケース

また、どうせ転職エージェントに登録できないだろうと思われて実は問題ないというケースもあります。まとめて確認しておきましょう。

  • 外国籍の人(合法の在留資格があれば)
  • 海外在住の人(転職エージェントのサービス提供可能地域であれば)
  • 登録時に在職中の人
  • 地方に住んでいる人
  • 50代以上ですがマネジメント経験がある人

転職エージェントによって基準の厳しさが異なってきますが、ここで紹介したケースはほとんどの転職エージェントで通用します。

もしこれらのケースに該当する場合、諦めずに転職エージェントに登録してみてください。

問題なく登録できる可能性が高いです。

2017.09.22
高年収求人と一流ヘッドハンターが売りのビズリーチ、ぶっちゃけ他の転職サイトとどう違う?このページでは、ビズリーチのサービス特徴と実際に利用した人から寄せられた口コミをご紹介します。

登録を拒否された場合の対処法まとめ

ここでは、転職エージェントに拒否された場合の対処法をまとめてご紹介します。

他の転職エージェントを試してみよう

登録を拒否されたら、残念ながらその転職エージェントを諦めたほうがいいでしょう。

名義を変えたり経歴を変えたりするまで一つの転職エージェントにこだわる必要がありません。

転職エージェントの間に何かデータベースが共有されているわけじゃなく、会社によって基準や方針が違うので、A社に断られてもB社が受け入れてくれる可能性が十分にあります。

断られたら、あまり落ち込む必要がなく、まだ登録していない転職エージェントに登録してみることをおすすめします。

転職エージェントの審査基準を知っておこう

その際に、審査基準の厳しい転職エージェントと比較的に緩い転職エージェントを知っておくと選びやすいでしょう。ここでは会社名を出してご説明します。

審査基準が厳しい転職エージェント

これらの中でハイキャリア専門の転職サービスがあれば、ハードルの高い大手転職エージェントも存在します。現年収が○○万円以上を条件にしているビズリーチのような会社もあります。登録の前に条件を確認しておいた方がいいでしょう。

もしスペックやキャリアに自信がない場合、上記の転職エージェントを避けるべきです。

ただし自分の市場価値を確かめることが目的でわざわざハードルの高い会社にチャレンジするのはアリですね。

審査基準が比較的に緩い転職エージェント

上記のエージェントは顧客層がもっと幅が広く、審査の基準が緩いと言われています。

しかし中で質の悪いユーザーばかり集まるエージェントも存在します。

審査基準は厳しくないが質も担保できる転職エージェント

この2つが登録拒否された人や心配している人に一番おすすめです。

ここでいう厳しい、緩い、質が良い悪いはあくまで相対的な話で、一元的に言い切れない部分もありますが、この2つは審査基準とサポートの質に関してちょうどいいバランスが取れていると評価されています。

転職エージェント別の拒否されない登録のコツ・注意点

ここでは、特定の転職エージェントに絞っていかに登録成功の確率を上げるかを説明する記事をまとめています。興味のある方はぜひリンク先の記事を読んでみてください。

ビズリーチの登録手順を説明

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数68000対応地域全国
非公開求人有りターゲット層エグゼクティブ層
強い業界IT/メーカー/金融年収UP実績9割

ここから実際にビズリーチを利用した筆者が登録フローを説明していきます。

登録は特に難しい作業ではないのですが、下記の説明を見ながら登録するとよりスムーズにできます。

メールアドレスなど簡単な情報を入力

まずこちらのリンクをクリックするとビズリーチの会員登録画面に飛びます。その画面で三つの情報を入力する必要があります。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 現在の年収

必ず今使っているメールアドレスを正しく入力しましょう。少し間違ったら確認のメールを受信できなくなります。

現在の年収のところにデフォルトで750-1,000万円となっていますが、500未満から5000万円以上まで幅広く選択できますので、実際の税込みの年収を選択しましょう。

必要な情報をすべて入力し終わったら、「同意して会員登録(無料)」の赤いボタンをクリックすると次の画面に遷移します。

基本情報の入力

さすがベンチャー気質のビズリーチだけあって、情報入力のしかたも他の転職サイトとひと味違います。情報の入力って案外煩わしいしストレスになりますので、ユーザーに負担をかけないように一斉に全部ではなく情報を1つずつ入力できる仕組みとなっています。まるでゲームをクリアするような操作感です。

性別、出身地、英語、学校、直近の業務内容(キーワードだけでも構いません)など13つの基本情報を入力するとこの画面が出てきます。この段階で会員登録が完了し、スカウトを受けられるようになりますが、さらに詳しい情報を入力することができます。

詳細情報の入力は全て14ステップで、その内容を見ていきましょう。

  • 年収
  • マネジメント経験(人数)
  • 経験した職種
  • 職務経歴
  • 希望年収
  • 希望業種
  • 希望職種
  • 希望勤務地
  • 興味がある働き方
  • 保有している資格・免許
  • 社内・社外を問わず、特筆すべき表彰事項
  • スキル(顧客へのコンサルティング営業、監査法人対応を含む経理業務、WEBサイトのUI/UX改善など)
  • 職務要約
  • 特記事項

スカウトの数で自分の市場価値がわかる!

企業や転職エージェントはこのWEB履歴書を見てスカウトメールを送る仕組みです。

つまり、スカウトがたくさん届けば届くほど、あなたが多くの企業に興味を持たれている、認められているということになります。

WEBにしろ紙にしろ履歴書は入力するのが面倒で後回しにしてしまいたいものですが、最初に一度書いてしまえば、何度でも使い回せるのである意味効率がいいです。

転職活動専用のメールアドレスを取得しよう

マイナビの登録と利用は完全無料となっていますが、登録後は場合によってかなりのメールが来ますので、プライベートではなく転職用のメールアドレスを取得してそちらに指定しておきましょう。

実際に入力するのにどれくらい時間がかかる?

実際にWEB履歴書の入力を含めて本登録が完了するまでどれくらい時間がかかるのでしょう。多忙の転職活動で少しでも時間を節約したいものです。

さて、筆者が実際に入力してみました。

step1.メールアドレスなど簡単な情報を入力

簡単な情報を入力するだけでしたので、5秒で完了しました。

step2.基本情報の入力

筆者は13ステップある基本情報の入力に2分11秒をかけました。その次の詳細情報の入力は1時間ほど吟味したと覚えています。前職の経験の話になるとどうしても時間がかかってしまうかもしれません。ただし、それをスルーしてとりあえず会員登録の完了をめざすというのも全然OKです。

登録内容の審査

ビズリーチは他の転職サイトと違って登録内容の審査を行います。審査は通常1~3営業日がかかります。

登録内容が承認されれば、

  • プラチナスカウトの閲覧・返信、公募求人への応募ができるようになる
  • 有料プラン(プレミアムステージ)を無料で体験できるようになる

ビズリーチはハイエンド層向けの転職サイトということもあり、利用するためにどうしても審査が必要になってきます。その分、企業やヘッドハンターは会員一人ひとりのプロフィールをしっかり見てくれます。

もし1~3営業日の審査に待てない場合、登録が業界で一番簡単と言われるリクナビNEXTがおすすめです。リクナビNEXTの登録方法を説明するページはこちらです。

有料・無料プランそれぞれの特徴

ビズリーチは無料で使えるサービスに加えて、有料のプランも提供しています。無料のプランでは求人の閲覧まではできますが、本格的に就職活動をしたいという方は有料プランに登録しなければなりません。さらに有料プランは2つのクラスに分かれ、各クラスで利用できる機能に違いがあります。

そこでこの項目では各プラン、クラスの特徴を説明していきます。自分はどのプランに適するのか判断してみてください。

 

無料サービス|場合によっては転職にこぎつけることも

 
  • 求人情報の閲覧(応募は不可能)
  • プラチナスカウト受信・返信
 

無料プランで使える主な機能は上記の2つです。プラチナスカウトは、企業・ヘッドハンターが求職者に送る、面接・面談が確約された特別なオファーのことを指します。よって、他の転職サイトのように求人を見て応募する事は無料プランのうちには出来ませんが、プラチナスカウトによって企業に選ばれればそのまま採用まで進めることも出来ます。

 

有料サービス|求人への応募、好条件の求人の閲覧が可能

一方有料サービスはプレミアムプランと呼ばれ、更に2つのクラスへと別れています。

 
  • タレント会員|30日で2,980円(税抜)
  • ハイクラス会員|30日で4,980円(税抜)
 

タレント会員では求人への応募ができるようになった一方、ハイクラス会員に登録するとそれに加えて更にサ-ビスを受けることが出来ます。

具体的には年収1,000万円以上の求人への応募、ヘッドハンターへの相談無制限、これらのサービスを受けることが出来ます。

 

ここまで無料プランと有料プランの違い、特徴について説明してきました。ビズリーチを使って本格的に転職活動をしたいという方には無料プランをおすすめできません。

しかし、転職サイトを探し出したばかりでどういった企業があるのかを見てみたいという方は一度無料プランでもいいので登録することをオススメします。

JACリクルートメント|ビズリーチに類似したサービスで登録審査なし

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数6,247件(2017年10月)対応地域全国、イギリス、アジア7ヵ国
非公開求人6割ターゲット層外資・エグゼクティブ
強い業界製造/IT/金融年収UP実績7割
JACリクルートメントはビズリーチと同じくハイクラス層に特化した転職支援サービスです。全国対応全職種対応というところもビズリーチと同等です。

ただ、JACは登録審査というものはなく、どなたでも無料で使えるプレミアムサービスとなっています。

もしビズリーチに登録しみてあいにく審査落ちしたら、まず類似サービスのJACリクルートメントを試してみたほうが良いでしょう。

ハタラクティブ|100%登録を拒否しない就職サービス

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数1763件(1都3県2016年5月実績)対応地域東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県
非公開求人-ターゲット層既卒・フリーター
強い業界広告/マスコミ/不動産/人材/流通/IT年収UP実績5割

「もう審査に落ちるのはごめんだ、、」そんな方には絶対に登録拒否されず、幅広い企業の案件を紹介しているハタラクティブがおすすめです。

ハタラクティブは有名なIT企業レバレジーズが運営している既卒向け就職サービスです。公式では、「あらゆる層の就職をサポートいたします」と公言しており、100%の確率で登録でき、100%求人を紹介してくれるサービスとなります。

紹介先の企業はハイレベルな転職エージェントには多少劣りますが、300人規模の中堅企業も数多く紹介できるのでハイクラスの方でも納得のいく企業を見つけることも出来るかもしれません。他社で登録を断られた方はぜひ「ハタラクティブ」を一度お試しください。

さいごに

いかがでしたか。このページの通りにすれば、ほとんどの転職エージェントに拒否されずに登録することができます。

ただし、個人差がどうしても存在し、あまりにもキャリアが不足していればどの転職エージェントも利用できないケースも稀にあります。

その場合はハローワークか、既卒向けの就職サービスを利用することをおすすめします。

あなたが転職エージェントのサポートのもと、転職に成功できることを陰ながら祈っております。

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数68000対応地域全国
非公開求人有りターゲット層エグゼクティブ層
強い業界IT/メーカー/金融年収UP実績9割
\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

資格なしでも受かる?税理士への転職を目指す人必見!
税理士への転職を考えている方、資格に関してお困りではありませんか?

ここでは今回、税理士への…

転職してもいい人について徹底解説!今すべきか迷っているひと必見!
転職してもいい人とはどういう人なのでしょうか。今回は、転職してもいい人の特徴と転職をすべきではない…
もう受からないことはない!成功する転職方法
転職活動をしているけどなかなか受からないそういった方には何が足りないのか、自分では一生懸命やってい…
春は転職しやすい?目指すべき入社時期を解説!

春といえば卒業、進学、引っ越しというような時期です。新卒した学生が新社会人として社会に飛び込む…

pagetop