転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > > 泣き寝入りするな!新入社員がクビになったら行うべき対処法まとめ

泣き寝入りするな!新入社員がクビになったら行うべき対処法まとめ

🕒 2018/02/08
このエントリーをはてなブックマークに追加
泣き寝入りするな!新入社員がクビになったら行うべき対処法まとめ

新入社員が会社に解雇されるのは非常にレアなケースです。でも万が一クビになりそう、クビになった場合はどうすればいいのかを知っておいて損はないでしょう。

新入社員も正社員であり、相当の理由があればクビになることもありますが、解雇理由が正当ではない場合は、裁判所に訴えることが十分できます。労働者の働く権利は法的に守られているので、会社側にとって無理にクビにしても、裁判で不利になるだけです。それより、退職勧奨という方法で社員が自ら退職するように促したほうが、会社にとって都合がよいのです。ただし、著しく成績が不良な場合は、裁判所も解雇を認めます。そのため、新入社員とはいえ解雇される可能性はあります。

今回は今の会社をクビにならないかと心配する新入社員の方や、残念ながら解雇を言い渡された新入社員の方に、知っていただきたい知識と対処法をご説明します。

新入社員の解雇が正当とされるケース

新入社員など正社員は法律に守られている中、実際に解雇された新入社員もいます。特に日本では正社員をなかなかクビにできない中、裁判所が正当だと判断する解雇理由とは一体何でしょうか。これではご説明します。

著しい能力欠如

実は、新入社員の能力不足を根拠に、解雇が正当だと認められることもあります。「能力不足って一体どうやって判断するの?」と気になる方も多いでしょう。主に4つの判断基準が存在します。

  • 著しい成績不調
  • 解雇の評価が公平公正
  • 改善の見込みが乏しく、改善のチャンスを与えても反省しない
  • 能力不足が原因で業務に支障をきたしてる

以上の4つに該当する場合は、たとえ新入社員でも解雇される可能性がありますので、気をつけましょう。

会社に多大な損害を与える

会社に大きな損失を与えたり、会社の秩序を乱す行為を行ったりする場合に、制裁として解雇することが認められています。このような懲戒解雇は、最も重い処分となります。

病気などによる就業困難

病気やケガによる就業能力の喪失も正社員解雇の正当な理由となります。例えば、交通事故に遭い歩けなくなったので、外回りの営業ができなくなったなどのケースです。

これを理由に解雇する会社は冷たいと思いますが、本来就くべき業務ができなくなったので解雇理由としては正当です。

新入社員はクビにされやすい?

では新入社員の場合はどうでしょうか。初めて就職したのに会社をクビになったら、どうすれば分からない新入社員がほとんどではないでしょうか。これから新入社員の解雇についてご説明します。

能力面では新入社員は中途採用者よりも大目に見てもらえる

過去における能力欠如による解雇の判例を見てみると、中途採用者のほうが圧倒的に多いです。「プログラマなのにプログラミングできない」「英語が社内公用語なのに英語が喋れない」など、高い専門能力を期待したのに現実は違った場合、クビを言い渡されます。

ところで新入社員は中途採用者ほど能力を求められていないので、大目に見てもらえる傾向にあります。

試用期間中は要注意

社会人経験がない新入社員はむやみに解雇できません。しかし業務能力改善の見込みが立たない場合には、会社側にとって不当解雇と訴えられるリスクを踏まえてまでクビにすることもやむを得ません。

試用期間中は特に解雇しやすいと言われています。試用期間満了1ヶ月前の解雇予告をすれば、新入社員でもクビになることがあるので、試用期間中に最大限なパフォーマンスに心掛けましょう。

今の会社に解雇されそうになった場合

新入社員が会社をクビにされそうになった時、経営者に解雇の理由を明確に伝えてもらうようにしましょう。そしての理由に納得できるかどうかも把握しましょう。どうしても解雇の理由に納得がいかない場合、労働基準監督署に相談してみることをおすすめします。

労働基準監督署は相談の内容を会社に知らせないようにしてくれますが、もし会社に残る意思が少しでもあるなら、労働基準監督署に話を持ち込むことを避けましょう。

まずすべきなのは、会社と直接話し合って、自分の何が問題なのかを理解して、今後必ず改善するという意欲を見せましょう。

新入社員といっても条件が整えば解雇できるということを理解し、日頃の行いをよくすることが大事です。

ハタラクティブ|クビになっても再就職できる支援サービス

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数不明対応地域東京都/神奈川県/埼玉県/千葉県
非公開求人-ターゲット層既卒・フリーター
強い業界広告/マスコミ/不動産/人材/流通/IT年収UP実績5割

話し合いの余地がなく、すでにクビになった新入社員は、すぐに転職活動の準備を始めることをおすすめします。新卒でクビになると、経済的に苦しくなるのは必至です。1日も無駄にできないので、転職エージェントに相談したほうが効率がいいです。

「経験も実績もないから転職は無理」と諦めモードになっている方は、既卒向け就職サービス「ハタラクティブ」に相談してみてください。

こちらのページで「ハタラクティブ」の求人やサービスの評判、利用の流れなど詳しく説明していますので、クビになった新入社員の方は絶対に確認した方がいいです。

ハタラクティブの求人や転職情報・サービス評判

未経験からの正社員登用に多くの実績を持っており、求人紹介だけでなく、クビになった場合の転職理由について最適なアドバイスや選考対策もちゃんとサポートしてくれますよ!

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

40代、50代女性の働き方と利用すべき転職エージェントまとめ
40代、50代女性に向けた転職サイトの紹介です。転職するにあたってどういった仕事が適しているのか、注意…
未経験でプログラマに転職するってぶっちゃけどう?
プログラマはよく残業が多いとネガティブなニュースが目に付く職種ですが、実は会社によって働く環境が非…
外資系に転職する際に気になる年齢について説明します
外資系企業に転職する際に気になるいろいろな点について詳しく紹介します。主に年齢に焦点を当てて説明し…
pagetop