転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 役立つ資格 > 会計・経理・法律系 > 簿記だけじゃない!経理の転職に120%役立つ有利な資格まとめ

簿記だけじゃない!経理の転職に120%役立つ有利な資格まとめ

🕒 2019/06/17
このエントリーをはてなブックマークに追加
日商簿記だけじゃない!経理の転職に120%役立つ資格まとめ

経理は会社の中で一番お金の流れを知っているポストであり、どの業界にとってもないと困る職種ですね。そのため需要も大きく転職市場では人気の志望職種となっています。

実際に経理職に転職しようとしたら、無資格でもやっていけるのか、どの資格を取ると内定率が上がるのか、どの資格の費用対効果が一番良いのか、さまざまな疑問を抱える方も多いかと思います。

このページでは、経理に関連する情報と転職を有利にできる資格についてご紹介します。

会計・経理資格のニーズ

経理という職種に限らず、経済産業界で活躍する全てのビジネスパーソンにとって、経理や会計の知識が必要になる時代はもうすぐ訪れるでしょう。

例えば日商簿記検定は、商学系を専攻している大学生なら取得が必須と言われるほど、普及率の高い資格となっています。どの業界でもそれに関連する資格を持つと有利だと言われていますが、経理職の場合はもはや資格がないと食べていけません、それくらい選考の合否に直結します。これからは、経理に転職したければまずこれを取っておけ!と言えるような資格をいくつかあげて、余力がある場合はどんどん難易度の高い資格にチャレンジしていくと良いと思います。

経理転職に有利な資格4選

ここからは、経理への転職を有利にできる資格を難易度順に紹介していきます。

簿記

簿記とは文面の通り、帳簿を記すことです。日々のお金の流れを計算、整理、記録し、外部や内部に会社の財政状況を明らかに伝えることが簿記の役割です。

簿記の資格を取得すると、単に帳簿を記入できるようになるだけじゃなく、会社の経営に必要な会計知識、経営管理の考え方が身につきます。さらに物事を考える際にコストを意識するようになり、社会人としての基礎能力を培うことができます。簿記はどんな会社でも、どこの国でも必要とされるスキルなので、継続的にキャリアアップしていきたければ、勉強しておいて損はないでしょう。

ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナーは、簡単に言えばお金を使ってお金を生むプロです。クライアントの資金の使い道を計画することを仕事としています。

ファイナンシャルプランナーが活躍できる分野は、投資はもちろん、住宅ローンや教育ローン、不動産や相続などの税金対策まで多岐に渡ります。

ファイナンシャルプランナーの資格を持っていると、経理はもちろん、銀行や証券、保険などの金融業界や不動産仲介、住宅メーカーなどの不動産業界への転職も有利になります。

税理士

税理士は、税金を中心に企業や自営業、固定資産所有者などの税務手伝いをしたり、節税についてのコンサルティングをしたり、税申請、書類作成の代行をしたりする仕事です。

中小企業を相手にすることが多く、税法に則った上でいかにして企業の支払う税金を減らすか、また融資を受けるべきか、いくら受けるべきかについて助言するといった業務がベースとなります。

会計士

公認会計士は税理士より難易度の高い資格で、三大国家資格の中に入っています。公認会計士の最も根幹的な業務は、企業の会計を監査することです。顧客のニーズに応えるというより、公平公正な第三者の立場から、企業会計の合法性や正確性を監査、監督する仕事です。

企業にとって、投資家の信頼を得るためには公認会計士のチェックが欠かせません。このような仕事ができる経理は、どんな企業の採用担当者にとって喉から手が出るほどの存在です。

日商簿記2級を取っておけば安泰という嘘に騙されるな

経理に転職したい方はまず日商簿記の取得を目指すというのはあながち間違いではありません。ただし、即戦力として期待される中途採用において、日商簿記2級までは大したアドバンテージとはなりません。なぜなら、経理というポストに応募する人はほぼ全員日商簿記2級を持っているからです。もっと上の1級や準1級を取得するか、公認会計士に挑戦するというのもアリと言えばアリなんですが、在職中に転職したい方にとって時間が限られており現実的ではありません。では、どう差別化したらいいのでしょうか。

面接テストで差をつける

経理の面接では、簡単なテストが実施されることが多いです。このテストで満点を取れば、面接担当者を納得させることができるでしょう。経理未経験者でも事前に勉強すれば、満点を取れる程度の問題しか出てきません。逆に経験者はうっかりミスして満点を取れないことも多いです。

ぜひ面接時のテストを利用して、自分自身の評価を上げましょう。

+αの資格を取得しておく

先ほど紹介した資格はどれも取得に労力と時間がかかる「大きい資格」です。すでに日商簿記検定を持っている方は、+αとして「尖った資格」も取っておけば、簡単にライバルと差別化できるでしょう。

尖った資格は例えば以下のようなものがあります。

  • 法人税法能力検定
  • 給与計算実務能力検定
  • 建築業経理士検定
  • 経理・財務スキル検定

日商簿記に加え、一つ専門性の高い資格を持っていると、面接官にとってあなたの個性が見えて、ちゃんとやりたいことがあるんだなと思われて高評価につながるでしょう。

迷ったら転職エージェントと相談しよう

経理という職種を必要とする会社は様々あります。幅広い選択肢がある反面、本当に自分に合う会社を見抜くことが難しくなります。経理への転職は、転職エージェントのサポートを受けたほうが有利です。資格とエージェントサポートを両方活用するといいですよ。

経理の場合、リクルートエージェントが最もおすすめです。経理職の求人を他社より多めに保有しており、経理の経験があるキャリアコンサルタントも多数在籍しています。あなたの「分からない」を解消し、希望に沿った企業にあなたをリコメンドしてくれますよ。

質と数ともに、リクルートエージェントの圧勝です。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

ゲームプログラマーの転職に必要なスキル・コツ
みなさんゲームプログラマーという職業はご存知ですか。大好きなゲームの仕事に関われるということで多く…
転職サイトを使わず中途入社したい企業に直接電話はアリ?ナシ?
転職サイトを閲覧したものの登録しないとその先に進めなかったり、面倒な手間をできるだけ省きたいから直…
「製造業界での転職」を成功させる方法と絶対に使うべきサービス5選
大手人材会社で活躍しているコンサルタントの知見をもとに、『製造業界の転職事情』『製造業界に強い転職…
職歴にブランクがあったらどうする?元人事部社員の本音をご紹介
前の会社を退職してからブランクがあると転職はどんどん不利になってしまいます。ブランクのある人の転職…
pagetop