転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 金融・保険・証券 > アセットマネジメントへの転職を成功に導く方法とおすすめ転職エージェント

アセットマネジメントへの転職を成功に導く方法とおすすめ転職エージェント

🕒 2018/02/08
このエントリーをはてなブックマークに追加
アセットマネジメントへの転職を成功に導く方法とおすすめ転職エージェント

日本ではまだまだ普及度が低いアセットマネジメントビジネス。欧米では資産を運用し収益を上げるという考え方が一般的になりつつあります。

アセットマネジメントの会社に転職しようと思っても、いろいろ知っているようで実は分からない。専門性の高い金融業界の転職でよくある問題です。

このページではアセットマネジメントの仕事内容、平均年収、志望動機とおすすめの転職ノウハウ・転職エージェントをご紹介します。

最後まで読めば、あなたはアセットマネジメントに転職すべきかを自ら判断できるようになり、成功する転職法を手に入れられるでしょう。

アセットマネジメントの意味とは何か

アセットマネジメントのアセットは英語で資産を表し、マネジメントは管理・運用とは意味を持ち、文字通り資産の管理・運用をする仕事や人です。

狭い意味では個人や法人の株などの金融資産や不動産などの資産のリスクを管理するビジネスを指しますが、広義的に道路や橋、公共インフラも資産として扱い、運用することもアセットマネジメントの一種と言えます。

アセットマネジメントは金融・会計志望者にとって大人気の職種で、(バランスシート)家計簿をしっかり読めてかつ付けられる人が重宝されます。

未経験でも会計の知識を勉強してスキルを身に付ければ、アセットマネジメントへの転職は十分可能なはずです。

アセットマネジメントの仕事内容

非常にざっくり言えば資産の管理・運用がアセットマネジメントの仕事内容になりますが、具体的に日々どんな業務が行われているのでしょうか。

アセットマネジメントは運営部門、営業部門とミドル・バック部門という3つの機能があり、いずれかに就くことが多いですが、仕事内容を確認するためには部門ごとに見ていく必要があります。

運営部門

運営部門はアセットマネジメントの根幹と言われており、「ファンド・マネージャー」や「ポートフォリオ・マネージャー」、「エコノミスト」、「トレーダー」など様々な役割を担う職種があります。

どんな資産を運用するかは会社によって違いますが、共通する部分が大きいのである程度知識と経験があれば臨機応変に対応できるでしょう。

営業部門

アセットマネジメント会社の営業部門は「クライアントサービス」と呼ばれる場合が多く、営業先は個人から事業会社、金融機関、年金基金、海外の機関投資家まで非常に幅が広いです。

大きく分けて「投資信託ビジネス」と「投資顧問ビジネス」という2つがあります。

投資顧問ビジネスは、私的および公的年金、金融機関など幅広いクライアントに対して資産管理サービスを提供しています。

具体的に、顧客へのオペレーションレポートを作成、説明する業務や、市場の動向や海外投資家の動向などの情報を提供する業務があります。年金やコンサルティングファームならマーケティング活動も仕事内容の中に入ります。

投資信託販売は主に銀行や証券会社などの金融機関を通じて個人投資家に向けた資産運用サービスを提供するのが仕事です。

顧客のニーズを満たす金融商品を開発・提案し、市場動向と投資信託の運用報告をし、業績開示の準備と提供が主な仕事内容になります。

ミドル・バックとは

バックオフィスの主な業務内容としては、契約処理、現金・資金・残高管理、権利保全、信託銀行によるデータチェック検証などがあります。

バックオフィスは企業の内部の情報を元に、金融商品の運用・管理など営業の戦略を立てたり提案したりすることが主な仕事です。

ミドルオフィスはフロントに近いため、金融知識が問われる一方、バックオフィスはクライアントと近いため、書類や決済関連業務がほとんどです。

主なアセットマネジメント企業の名前

ここでは、主流のアセットマネジメント会社の名前を挙げていきます。転職するならぜひこれらの企業を目指してください。

転職先にするべき日系の資産運用会社

日系企業の場合はほとんどどこかの金融グループの傘下にあるので、資本関係もついでにチェックしておきましょう。

いくつかの高年収・有名企業をピックアップします。

  • 野村アセットマネジメント
  • 三菱UFJ国際投信
  • DIAMアセットマネジメント
  • 大和住銀投信投資顧問
  • 日興アセットマネジメント
  • ニッセイアセット
  • 大和証券投資信託委託
  • みずほ投信投資顧問
  • 転職先にするべき外資系の資産運用会社

    外資系企業は大々的に中途採用を行わない傾向にあるので、ビズリーチなどの会員制ヘッドハンティングプラットフォームをこまめにチェックしましょう。

    ここでは、国際的に有名な大手アセットマネジメント会社をご紹介します。

  • JPモルガン・アセット・マネジメント
  • ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント
  • フィデリティ
  • キャピタルグループ
  • ドイチェ・アセット・マネジメント
  • アライアンス・バーンスタイン
  • アバディーン
  • ピムコ
  • シュローダー
  • アセットマネジメントの年収・労働環境

    アセットマネジメントはまったり高給の仕事だと呼ばれており、インターネットで羨望の的になっているようです。ほとんどの会社は年収の高さの割にワークライフバンスが良く、基本的に東京勤務で泥臭い営業がなく定時で帰れるからです。

    始業が早い会社は多いですが、19時くらいには仕事上がれるのが一般的で、早い場合は17時に退社も可能。もちろん週末や祝日出勤はありません。

    長期投資をメインにしているため、四六時中マーケットに張り付いているトレーダーに比べれば、ゆったり仕事できるほうです。

    組織もフラットなところが多く、風通りや居心地がいいです。

    給料は果たしてどのくらい

    投資銀行には及ばないものの、アセットマネジメントも高給取りの仕事の一つだと言えます。

    有価証券報告書から、日系の会社の平均年収は700万円台から1,000万円、外資系なら2,000万円を超える会社もたくさんあります。

    会社によってばらつきが大きいため、平均年収はあまり参考になりませんが、30歳のうちにはほとんど年収1千万を超えられると考えていいでしょう。

    失敗しないアセットマネジメントへ転職する方法

    アセットマネジメントの業界の全体像を俯瞰した上で、企業ベースでも確認してきましたが、転職する意思を固めましたか?もし答えがイエスでしたら、引き続きアセットマネジメント会社へ転職する方法を確認していきましょう。

    ここからはこのページの一番な大事な部分になります。

    企業研究を早めに行うべき

    早さは転職活動を勝ち抜く秘訣です。とにかく早いうちから企業研究・業界調査を行いましょう。

    アセットマネジメントという業界そのものは特殊であまり表向きに採用活動(説明かいなど)を行うことがないです。

    書類や面接で自信がある受け答えができるように、業界やそれぞれの会社に関する知識を仕入れなければなりません。

    業界全体の一般的な情報は業界本を読めば簡単に知ることができますが、企業それぞれどんな特徴があるのかはなかなか情報が手に入りません。

    そこで転職エージェントのキャリアコンサルタントに聞くのが一番早いです。業界を何十年も見続けてきて企業訪問を何千回も行ったプロですから。

    情報収集を丁寧に行うべき

    前述した通りに資産運用会社の採用活動は目立ちません。気を使わないと、大切な情報を見逃す可能性が高いです。

    多くの企業は選考参考に必須の説明会を開くので、そこらへんの情報をこまめにチェックしたほうがいいでしょう。

    もちろんこちらも転職エージェントに頼めば、リマインドしてくれるし日程を調整してくれます。

    会員制のヘッドハンティング型転職エージェントを使うべき

    アセットマネジメント会社が中途採用を募集するケースは、欠員補充のほかに新規事業開拓のための場合が多く、ほとんどが非公開求人の形で行われます。

    常に高い給料で優秀な人材を確保したいですがあまりに高い給料だと公開して既存社員の不平不満を招いてしまうからです。

    そして非公開求人は会員制の転職エージェントで多く取扱われています。

    アセマネ会社の優良求人に出会うためには、ビズリーチのような会員制の転職エージェントの利用はもはや必須と言っても過言ではありません。

    ビズリーチ|アセットマネジメントの優良非公開求人数No.1

    総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    公開求人数68000対応地域全国
    非公開求人有りターゲット層エグゼクティブ層
    強い業界IT/メーカー/金融年収UP実績9割

    ビズリーチを運営しているのは2007年に設立された、従業員数200人近くに急成長している株式会社ビズリーチです。グローバル・管理職に特化したヘッドハンティング型の転職サイトというコンセプトを打ち出しており、少なくとも額面総額年収750万円以上あるハイエンド層向けのサービスとなっています。1300人以上のヘッドハンターや人事担当者から、直接指名を受けることができることが最大の特徴です。

    ビズリーチ側による厳格な審査を通過したヘッドハンターのみがサイトを利用でき、ヘッドハンターの実績や評判が全部公開されているので、優秀なヘッドハンターに出会える確率が圧倒的に高いです。

    会員登録すれば無料で求人情報を閲覧したりスカウトを確認したりすることができますが、最大限に活用するためには月額2980円~4980円の料金がかかります(一部の転職サービスが有料です)。

    さいごに

    このページは、アセットマネジメント業界の基本情報と転職を成功に導く方法をご紹介しました。いかがでしたか。

    アセットマネジメントのようなハイキャリア向け業界は、転職エージェントを絶対に活用すべきです。

    あなたの転職成功を、陰ながら祈っております。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    マイクロンメモリジャパンに転職すべき?~年収や評判、就職難易度~
    マイクロンメモリジャパンに転職しようかと迷っている方へ。このページでは、大手人材会社に勤務していた…
    『リクルートエージェント』の最新の登録方法をわかりやすく解説!
    リクルートエージェントは大手企業が運営しており評判が良い転職エージェントですが、いざ登録しようとす…
    スキルゼロ低スペックの転職を成功に導いた凄腕転職エージェント
    転職したいと考えたとき、自分のスキルのなさが懸念され、どうしていいかわからない。スキルがない場合で…
    本田技研に転職すべき?口コミから分かる転職の必勝法
    本田技研への転職を考えているあなたに、本田技研の基本的な情報や働いている人の口コミを紹介していく。
    pagetop