転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職エージェント > 転職エージェント決定版ランキング|おすすめ選び方や使い方

転職エージェント決定版ランキング|おすすめ選び方や使い方

🕒 2019/02/04
このエントリーをはてなブックマークに追加
転職エージェント決定版ランキング|おすすめ選び方や使い方

「仕事を辞めたいけど、転職したい会社がない...」「転職したいけど、やり方が分からない...」「転職エージェントを知っているけど、どれがいいのかわからない...」

このページを見つけたあなたはもしこれらの疑問を抱えているなら...おめでとうございます!ここでは全ての答えがあります。

転職活動をこれから始める全ての方に、このページを最後までに読んでいただきたい。

あなたにとって価値のある情報は、必ずどこかに存在するはずです。

最低限知っておくべき転職エージェントの基本知識

転職エージェントとは何でしょうか?

転職エージェント(Employment Agency)とは、登録をすると無料でキャリア相談に乗ってくれて、優良企業の案件紹介から面接のセッティング、選考指導や年収交渉など、転職を成功させるために必要な全てのことを一貫してサポートしてくれるマッチングサービスのことです。

転職エージェントのサービス内容

転職エージェントは、求職者と求人企業の間に立って両者をマッチングする立ち位置です。下記の図を見ればわかりやすいでしょう。


転職エージェントの仕組み

転職エージェントとして、求職者に提供するサービスは主に下記の6つで、いずれもお金がかかりません。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接のセッティング
  • 給与交渉
  • 原則としてどの転職エージェントを利用しても、この6つのサービスをすべて受けられるはずです。

    もし一部のサービスをやってくれない質の悪い転職エージェントに当たってしまう場合、サービスしてもらえるように自分から動いて、転職エージェントを促すべきです。

    転職エージェントのメリット・デメリット

    2018年現在の転職市場では、あたかも転職エージェントを絶対に使うべき、使わないと転職に失敗するというような風潮が蔓延していますが、転職エージェントの是非については決して二元論で語ってはいけません。

    下記の表をご確認し、現時点で考えられるメリットとデメリットをすべて知っておくほうが賢明です。


    転職エージェントのメリットとデメリット

    転職サイト・転職エージェントのメリットとデメリット

    転職エージェントと転職サイトの違い

    転職エージェントと転職サイトは両方ともよく聞く単語ですが、果たしてどのような違いがあるのか、下記の表でわかりやすく解説しています。


    転職エージェントと転職サイトの違い

    転職エージェントはなぜ無料?人材ビジネスの仕組み

    ビズリーチのような一部の会員制転職エージェントを除いて、99%の転職エージェントは完全無料で全てのサポートを受けられます。

    「ただより高いものはない」という言葉は、人材業界では成り立ちません。

    転職エージェントは利用者に無償でサービスを提供しているのですが、採用する企業側からしっかりと報酬を受け取っているわけです。

    無料の仕組みは、こちらのページで詳しくご紹介しています。

    転職エージェントや人材ビジネスの仕組み

    転職エージェントを使ってみた体験談

    90%の方は、「どちらかと言うと、転職エージェントを利用してよかった」と転職エージェントの価値を肯定しています。

    ここでは、実際に様々な転職エージェントを利用して転職した方からいただいた体験談を複数ピックアップします。

    新卒で行きたかった会社へ転職できた!
    27歳・男性・営業・年収600万円代

    数か月前に転職して年収アップした同期に相談したところ、30歳まではどうせ会社で大きな仕事を任せてくれないから、すごい経歴を作ることにこだわるより転職エージェントを上手に使ったほうがキャリアアップしやすいと助言されたので、さっそく2社ほど登録して面談に行きました。

    新卒で入った第二志望の会社で4年ほど働いたので、履歴書に書けるスキルも身についてきたしそろそろ今より実力のある会社に転職しようかなと思い、転職活動を始めました。

    すると、エージェントの紹介で自分の予想以上に、好条件でやりがいのある魅力的な案件が多く、どこを受けようか逆に迷ってしまうほどでした。

    そこから、可能性を逃がしてはいけないと思い勧められた5社をすべて受けよう決意しました。職務経歴書などの応募書類のチェック・添削、合計10時間以上に渡った模擬面接まで、至れり尽くせりアドバイスをもらうことができたので、不安に思った時が一度もなかったです。

    結果、新卒で一番行きたかった会社に転職できました!キャリアアップを目指す20代は、転職エージェントを使わないと大きな損失です。信頼できる業界大手の転職エージェントがおすすめです。

    おすすめの転職エージェント徹底比較

    転職エージェントの総合評価ランキング

    転職エージェントの評価は、利用する人のステータスや利用するタイミング、シチュエーションによって雲泥の差があります。

    「○○社の転職エージェントはどなたにとっても必ず利用すべきです!」、このような宣伝文句は100%の確率で、広告収入しか頭にない人や会社の営業トークです。

    総合評価 求人の規模 サポート体制 提案力 年収アップ率 満足度 知名度
    リクルート
    doda
    マイナビ
    ビズリーチ
    type ×
    キャリアカーバー
    JAC ×
    ハタラクティブ
    就職Shop

    しかしながら上記の表のように、誰が利用しても口を揃えて良いと言われる万人受けの転職エージェントは確かに少なからず存在します。

    「一々比較するのが面倒くさい。とりあえずランキング上位のものを使ってみよう」という方も少なくないでしょう。

    転職キャリアガイド編集部は、厳選された約1000人の口コミに基づき、人材業界でマーケットシェアを1%以上占めている既存の転職エージェントを総合的に評価し、格付けをしました。

    その結果は、こちらのページをご参照ください。

    転職エージェントの総合ランキング

    年齢別のおすすめ転職エージェントランキング

    転職エージェントの利用者の年齢層は、各社で違いが出ています。

    転職エージェントは、マジョリティである年齢層の方のサポ―トに経営資源を割く傾向にあります。

    ご自身の年齢層に合った転職エージェントを優先的に選ぶことが大切です。

    下記の早見表を丁寧にチェックすれば、どの転職エージェントはどの年代の方に最も強いかを分かるでしょう。

    20代前半 20代後半 30代前半 30代後半 40代 50代 60代以上
    リクルート
    doda ×
    マイナビ
    ビズリーチ
    type
    キャリアカーバー
    JAC ×
    ハタラクティブ × × × ×
    就職Shop × × × × ×

    このように、例えば主に40代の中高年が使っている転職エージェントを、20代の第二新卒の方が登録しても、対応を後回しにされる可能性があるのです。

    よろしければこちらの年齢別のおすすめ転職エージェントのランキングに一度目を通してみてはいかがでしょうか。

    年齢別のおすすめ転職エージェントランキング

    業種別のおすすめ転職エージェントランキング

    転職したい業界や職種、新天地を切り開いていきたい分野をお決まりでしょうか。前職の経験を活かして同業他社に転職、あるいは違う領域にチャレンジしたい、人によってさまざまです。

    もしすでにある程度目星がついているなら、下記の早見表を確認して転職エージェントをお決めください。

    メーカー 金融 IT・WEB 医療福祉 建設 サービス業 商社 営業職 事務職 エンジニア職
    リクルート
    doda
    マイナビ
    ビズリーチ
    type
    キャリアカーバー ×
    JAC × ×
    ハタラクティブ ×
    就職Shop × ×

    もしまだ決めづらいと感じたら、こちらのランキングページで詳しく業種について説明しているので、ぜひご参考ください。

    求職者のタイプ別のおすすめ転職エージェントランキング

    ここでは、転職したい方のタイプに応じて、最適な転職エージェントをご提案します。

    一つの会社に骨を葬るという考え方がなくなりつつある日本では、さまざまな方が転職を検討しています。結婚や出産を控え、産休育休が整っている女性の方、新卒で不本意ながら入った会社を辞めてキャリアを再開したい第二新卒の方、すでにキャリアを積んできて転職してより高いポジションを目指したいエグゼクティブ層の方など、それぞれに合った転職エージェントは当然ながら異なります。

    下記の早見表では、タイプ別に最適な転職エージェントをご紹介しています。

    第二新卒 女性 理系 外資 管理職 異業種 外国人
    リクルート
    doda
    マイナビ
    ビズリーチ
    type
    キャリアカーバー
    JAC ×
    ハタラクティブ ×
    就職Shop ×

    希望年収別のおすすめ転職エージェントランキング

    皆さんの転職する理由を一番多く占めているのは、「今の給料に対して不満を感じた」ことです。年収を上げられるかどうか、いくら上げられるかは、もはや転職の成功と失敗を判断する一つの目安となっています。

    どの年収ゾーンの求人に強いのかは、各転職エージェントの方針やポジショニングによって少し異なります。明らかに高所得者向けの転職サービスに、一般の方が申し込んでも、紹介できる案件がかなり限られてくるでしょう。

    いくら転職エージェントそのものが知名度が高く実力があっても、希望年収と合わなければ、100%活用できません。

    下記の早見表で、各転職エージェントの対応する年収ゾーンをあらかじめ確認しておくといいでしょう。

    200万円 300万円 400万円 500万円 600万円 700万円 800万以上
    リクルート
    doda
    マイナビ
    ビズリーチ
    type
    キャリアカーバー
    JAC ×
    ハタラクティブ ×
    就職Shop × × ×

    また、こちらのおすすめ転職エージェントの年収別ランキングも併せて確認すると、よりご自身に合うサービスを選べるようになるでしょう。

    希望年収別のおすすめ転職エージェントランキング

    地域別のおすすめ転職エージェントランキング

    「どこで働くか」「転勤の有無」は、転職先を選ぶ際に一つ重要な条件となります。

    東京一極集中の傾向が進み、東京や大阪のような大都市圏に多くの求人がある一方、極端に少ない地方も存在します。また、地方の中でも働きやすいところと働きにくいところでバラつきがあります。

    このように日本全国では、各地域の就職事情が異なり、当然ながら転職エージェントの力の入れ具合も会社によって違います。

    転職エージェントが一つのエリアに強いかどうかは、そのエリアに本社や事業所を置く企業の数だけじゃなく、転職エージェントの歴史や経営方針なども関係があるのです。豊富な働き口がある東京だからといって、どの転職エージェントでも東京に強いという訳ではありません。逆もまた然りです。

    下記の早見表を確認し、希望している勤務地に相応しいエージェントを見つけてください。

    北海道・東北 関東・東京 中部・北陸 大阪・関西 中国・四国 九州・沖縄 海外
    リクルート
    doda
    マイナビ
    ビズリーチ
    type × × ×
    キャリアカーバー
    JAC
    ハタラクティブ × × × × ×
    就職Shop × × × × ×

    北海道や東北などそもそも求人が少ない地域は、転職エージェントの紹介できる案件も減る傾向にあります。各エージェントは独自の案件を大量に保有しているため、大都市圏と遠く離れた地域にお住まいの方は、なるべく多くの転職エージェントを併用し、案件を逃さないようにすべきです。

    47都道府県それぞれの地域に強い転職エージェントのランキング上位3社くらいまではとりあえず登録したほうがいいでしょう。

    転職エージェントの選び方

    転職エージェントに登録する良い時期とは

    企業の需要、求職者の数、景気の変動など、転職活動の難易度と選考通過率を左右するファクターが複数存在します。また、時期によって転職エージェントが紹介可能な求人案件の数も変わってきます。

    そのため、転職すべき時期と転職すべきでない時期ではっきりと分かれていると言っても過言ではありません。

    下記のグラフは、大手転職エージェントの一年間を通して紹介可能な求人件数の推移を表しています。直近三年の比較もできますので、ご確認ください。

    求人件数の推移

    具体的にどんなタイミングで転職すれば良いのか、こちらのページで、転職活動しやすく求職者に有利と言われているタイミングをご確認ください。

    転職エージェントの登録に有利な時期はこちら

    転職エージェント以外の転職方法

    転職エージェントを利用する転職活動のスタイルは、2018年現在最も主流で推奨されていますが、そのほかにもいくつか転職の方法があります。

    • 知り合いの紹介
    • ハローワークに逃げる
    • 転職サイトを使って自分で探す
    • 何も介さずに直接企業に応募する

    上記のその他の転職方法の中で、最もおすすめできないのはハローワークを利用することです。

    理由は、ハローワークの紹介先に法令順守できないブラック企業が多すぎるからです。

    スペックが低すぎてどの転職エージェントも登録できず、かつ自分で企業にアプローチする行動力もない下位の層の逃げ道として、ハローワークが存在しているのです。

    本来、政府が運営している組織は良質であるはずですが、いつの間にかここまで落ちぶれてしまったのです。

    安易にハローワークを使ってはいけない理由

    自分に合う転職エージェントの正しい選び方

    転職エージェントを選ぶ際に、業界職種、年収、勤務地など様々な面を気にする必要がありますが、転職の成敗を決める最も大事な要因はたった一つです。

    それは、「優秀なキャリアコンサルタントに出会えるかどうか」です。

    キャリアコンサルタントを見極める際に、良い人かどうかというより、優秀かどうかを優先して考えるべきです。担当者がいくらお喋り上手で、楽しませてくれても、企業にあなたをプッシュして採用させるだけの実力がなければ意味がありません。

    優秀なキャリアコンサルタントを他の求職者ライバルより先に味方につけるべきです。ここでは、キャリアコンサルタントが有能かどうかを判断する基準をいくつかご提示します。

    優秀な転職コンサルタントの特徴
    〇求人を勧めて終わりではなく、キャリア相談にも親身になってのってくれる
    〇あなたを企業に売り込む営業力とコネクションがある
    〇知識量が高くあなたが志望する業界・職種・企業に精通している
    〇所属するエージェント会社の総合力が高く、良質な求人案件を多く保有している

    一方で、直ちに付き合いを辞めるべきコンサルタントの特徴とは?

    外すべき転職コンサルタントの特徴
    ×面談でヒアリングもろくにせずに求人案件をゴリ押し
    ×営業トークで内定が出やすい求人ばかり紹介してくる
    ×リスポンスがとにかく遅い、連絡が不定期
    ×数打てば当たると考え、選別せずにひたすら大量の案件を勧めてくる
    ×業界や求人の仕事内容に対して疎く、結局自分で調べる羽目になる

    これらの特徴を念頭に置き、キャリア面談の際に、担当者をしっかりと見極めることが大切です。

    注意すべきは、コンサルタントも人間なので完璧を求めるのは難しいという点です。

    100%満足できるコンサルタントを探すのに時間をかけすぎると、いつまでたっても転職することができません。

    目的は、あくまで良質なコンサルタントのサポートで転職に成功することなのです。

    もちろん、ダメなコンサルタントの特徴に2つ以上当てはまったら、潔くチェンジしたほうがいいでしょう。

    優秀なコンサルタントを見つけるために、どうすればいいんですか?

    日本の人材業界が成熟してきており、様々な転職エージェントを選べて利用できるようになっています。基本的に下記画像のように、ステップを踏んで登録していけば、誰でも納得できるコンサルタントに出会えるでしょう。

    転職エージェントを利用するステップ

    ところで、人によってこのやり方が当てはまる場合もあります。例えば、志望業界や職種によって専門型エージェントを利用する必要性がない方や、転職エージェントに複数登録する時間がない方がいます。

    そんな方でも複数のエージェントを利用してみて、自分の目でしっかりと比較することがおすすめですが、どうしても複数使うのが面倒という場合はとりあえず大手総合型エージェントの中から各社の特徴を見て自分に合う1社を選んでみましょう。

    転職エージェントの選び方は詳しくこちら

    転職エージェントの使い方

    比較してみたい転職エージェントを選んだら、それぞれを使っていくことになります。この章では、転職エージェントを利用する際に知っておくべき全情報をご紹介します。

    転職エージェントに登録する方法

    インターネットが繋がっているパソコンやスマホがあれば、転職エージェントに登録すること自体は極めて簡単です。

    ところで、登録する際にいくつかのトラブルが発生しやすく、また注意すべき点もありますので、それぞれの転職エージェントの専用の解説ページを参照しながら、登録を進めることを強くおすすめします。

    転職エージェントを利用する主な流れ

    転職エージェントを利用して転職活動を進める流れは通常の求人応募⇒面接⇒内定と比べて、少し複雑になっています。

    下記のイメージ画像のように、手順を踏まえて転職する流れを確認しておきましょう。

    転職エージェントの利用フロー

    それぞれのステップでどういったポイントに気を付けるべきかは下記のページに記載してあるので、読んで覚えることで、事前情報なしでエージェントを使うライバルより圧倒的に有利に転職活動を進めることができるでしょう。

    転職エージェントを利用する流れと注意すべきポイント

    キャリア面談は転職エージェントをどの程度活用できるかを大きく決めます。きちんと準備して面談に行かない方は、実力があるにも関わらず、エージェントに転職市場における価値が低いと評価されて、対応を後回しにされたり非公開の優良案件紹介してくれないといったケースが非常に多いです。

    面談の際に、主に気を付ける必要があるのは、下記4点です。

    • 基本マナーを守る
    • 自然体で自分をつくらない
    • 現職(前職)の会社を一方的に批判しない
    • 他社エージェントの悪口を言わない

    以上のポイントを守れば、「転職エージェントに嫌われる」事態がほぼ避けられます。それに止まらず、転職エージェントを本気にさせる方法は、また別にあります。

    詳しくは、こちらのページでご紹介していますので、面談に行く前にしっかりとチェックすべきです。

    転職エージェントとの面談を成功させる方法

    最大限に転職エージェントを活用するコツ

    ここでは、転職エージェントの公式サイトのどこにも書かれていない裏技をご紹介します。転職エージェント業界について詳しく知れば知るほど、求職者として利益を最大化するために何をすべきなのかが見えてきます。

    下記のコツを応用できて初めて転職エージェントをフルに活用できたと言えるでしょう。

    転職エージェントのポイント

    転職エージェントの利用者に頻繁に質問される内容

    登録について

    転職エージェントに登録しようとしましたが、「求人紹介できません」というメールが届きました。どうしたらいいんでしょうか?

    この場合、経歴が転職エージェントの求めるレベルを満たしていないことが原因だと考えられます。

    転職エージェントは仕事を探したい人の申込を拒否することができないと法律で定められているので、登録できないということはありません。

    しかし、一部の審査基準が高い転職エージェントは、求人紹介を断るケースがしばしば見られます。

    対処法として、プロフィールをブラッシュアップして魅力度を上げてから再登録するか、審査基準が低いもしくは審査がない転職エージェントにチェンジすることをおすすめします。

    詳しい情報はこちらをご確認ください。

    登録を断られた原因と対処法
    数年前に利用したことがある転職エージェントを退会しました。また利用したいですが、再登録する必要がありますか?

    退会していなければ、転職エージェントに連絡すれば昔のIDをそのまま利用することは可能ですが、退会した場合、再登録となります。

    また、昔のIDに古い情報が残されています。最新にアップデートしても修正し忘れる箇所が出てくるため、1から登録し直すことをおすすめします。

    転職エージェントに再登録する際の注意点とよくあるトラブル

    学校を卒業してから、ずっとニートの生活を送ってきました。何もスキルを持っていない私でも、転職エージェントを利用できますか?

    スキルゼロの方でも、転職エージェントを利用できます。ただし、誰でも知っている大手エージェントに断れる可能性が非常に高いです。

    スペックに自信がない方は、専門の転職エージェントを探す必要があります。

    下記のページで詳しく説明していますので、ぜひ見てみてください。

    スペックが低くスキルゼロに等しい方の転職エージェント活用法

    転職エージェントに言いづらいことについて

    転職エージェントが紹介してきた案件は正直イマイチで、コンサルタントとの関係を傷つけずに上手に断る方法はないのでしょうか。

    エージェントが紹介してくれた求人に納得できない時、はっきりとその意思を示すべきです。ご自身のための転職ですから、妥協は絶対にしないほうがいいです。

    案件を断ったからといって、エージェントに嫌われるといったことは普通に有り得ません。

    しかし、やはり断る際に、「言葉」と「タイミング」に気を付けたほうがいいでしょう。

    こちらのページで、エージェントとの良好な関係を保てる断り方を詳しく解説しています。気になる方はご確認ください。

    紹介案件を上手に断る方法
    休職歴があるのですが、正直にエージェントに伝えるべきでしょうか。もし知られると求人を紹介してくれなくなるではないと心配です。

    結論から言うと、どちらでも構いません。

    休職したことは必ず悪く捉えられるとは限りませんし、転職エージェントがそれを知ったところで、求人紹介をしなくなるということもありません。

    ただ、もし転職エージェントにブランクがあると知られると、やはり偏見や先入観を持たれてしまい、紹介する求人のレベルが落ちる可能性があります。そのため、隠すというわけではありませんが休職歴を転職エージェントに話さないという手もありです。

    転職エージェントに休職歴をバレない方法
    在職確認や前職調査があるって本当ですか。転職エージェントを利用すると、今の職場に電話がかかってきますか?勤め先に転職活動をしていることを知られたくないので不安です。

    求職者は何も問題がなく、普通に利用すれば、転職エージェントが在職確認や前職調査を一切行いません。

    ただし、転職エージェントに提出した情報に不審な点がある場合は在職確認が行われる可能性もないとは言えません。また、大手企業への転職やヘッドハンティングの場合は前職について調査される可能性があります。それは転職先の企業が行うわけで、転職エージェントと関係ありません。転職エージェントを利用してもしなくても、前職調査する会社に応募すれば、その可能性が常に存在するのです。

    前職調査や在職確認について詳しい情報はこちら

    転職相談について

    平日は夜遅くまで仕事で、土日しかキャリア面談に行けませんが、土日でも営業している転職エージェントはあるのでしょうか?

    土日でも面談できる転職エージェントはいくつか存在します。

    ところで対応できるかできないかは、土曜日なのか日曜日なのか、それとも祝日なのかで異なってくるので一概に言い切れません。

    こちらのページで、土日祝に面談が可能な転職エージェントをまとめてご紹介しています。平日にあまりまとまった時間を取れない方が多いと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

    土日に面談可能の転職エージェントまとめ
    住んでいるところが遠いので、キャリア面談の会場に行けません。電話で相談することは可能ですか?

    電話のみでやり取りできる転職エージェントも多いので、問題ありません。ただし、ほとんどの転職エージェントは直接会える求職者の対応を優先するため、後回しにされる可能性があります。

    全国に拠点がある転職エージェントを利用すれば、最寄りの会場に簡単に行けるようになるのでおすすめです。

    転職エージェントと電話面談のみってアリ?

    利益至上主義のエージェントに当たってしまった場合

    別職種を希望しているのに、エージェントはどうして営業職ばかり紹介してくるのですか?

    転職エージェントは求職者の転職をサポートし、採用が決まった際に紹介手数料を企業から貰う営利組織で、コンサルタントの個人成績が非常に見られる業界です。

    私益を重視するコンサルタントは、転職が決まりやすいと言われている営業職をたくさん紹介すれば、サポート成功実績に繋がると考えているからです。

    もちろん求職者として、このような悪質なやり方に翻弄されてはなりません。強気に転職エージェントに本当の要望を伝え、それでも無理の場合は担当者や転職エージェントを変えましょう。

    悪質の転職エージェントに当たってしまった時の具体的な対処法は、こちらのページで詳しくご紹介しています。

    ハズレの担当者に当たった時の対処法まとめ
    強引に案件を勧められました。ごり押しの転職エージェントにどう対処すればいいんでしょうか。

    対処方法は簡単です。ごり押してくるエージェントに強気でノーと言いましょう。紹介されている求人を一度ご自身の目で確かめて、応募する価値があるのかを判断したほうが良いです。

    転職エージェントに流されてしまって第一志望でない会社に転職しても、後悔するに決まっています。

    ごり押しのエージェントに当たった時の対処法

    転職する企業をある程度決めておこう

    「仕事を辞めたいけど、転職したい会社がない」

    この悩みを抱えている方が最も多いです。ここでは、迷っているあなたに転職先を見つけるためのやり方をご紹介します。

    Step1.業界研究しよう

    まずは、業界研究してどの業界が自分に合うのかを決めましょう。

    業界研究の方法は、下記となります。

    • 業界研究本(書籍)を読む
    • 業界研究セミナー・転職フェアを活用する
    • 新聞・ニュースを活用する
    • 業界団体のホームページを見る
    • 当サイトの業界紹介ページを参考する

    転職キャリアガイドでは、転職エージェントが取り扱っているあらゆる業界を紹介しているページがあります。ぜひ業界研究の手段としてそちらもご参考ください。

    業界別の基本情報

    Step2.企業研究しよう

    業界を決めたら、その業界の中にどんな企業があるのかを確認しておくといいでしょう。企業それぞれの事業規模や年収・待遇、雰囲気などの情報は要チェックです。

    企業研究のやり方は、主に下記です。

    • 投資家情報をチェックする
    • 会社四季報・就職四季報・業界紙を活用する
    • プレスリリースを確認する
    • SNS・オウンドメディアを見る
    • 当サイトのおすすめ企業ページで中で働く社員の口コミをチェックする
    • 当サイト掲載中の転職エージェントに登録し実情を聞く

    こちらで、それぞれのやり方の詳しい情報を確認できます。ぜひ目を通しておくべきです。

    企業研究のやり方

    Step3.気になる企業を転職エージェントに伝えよう

    企業研究をしたら、きっと気になった企業を見つけられるはずです。企業名を整理して転職エージェントに伝えましょう。

    その際、応募したい意思だけじゃなく、企業の裏事情に関しても転職エージェントに漏れなく聞いておくべきです。

    具体的に聞くべき情報は下記のようなものがあります。

    • 実際の残業状況
    • 有給取得状況
    • 離職率・平均勤続年数
    • 社員の年齢層

    転職エージェントにどう聞けばよいのか、こちらのページで詳しく説明されています。

    転職エージェントに聞くべき企業の裏事情

    マイナビエージェント|全てにおいてワンランク上の転職エージェント

    総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    公開求人数8760件(2017年8月時点)対応地域全国
    非公開求人ターゲット層総合
    強い業界メーカー/サービス/IT/不動産/流通年収UP実績6割
    あれもこれも考えたくないので、「とりあえずこれを登録しておくべき!」という転職エージェントはないですか?

    あります。『マイナビエージェント』を強くおすすめします。

    マイナビエージェントは大手人材サービス企業のマイナビが運営している転職者向けの人材紹介サービスです。

    マイナビエージェントは20万件近くある巨大な求人データベースを誇り、国内外を問わず全業界、全職種の求人を幅広く取り扱っています。登録会員数が600万人に達し、実際に転職した人の8割が利用しているという実績があります。

    会員登録をすれば、非公開求人を含めた求人紹介はもちろん、書類作成や面接指導などの選考対策や企業との面接日程や給与の調整・交渉を代行するなど、転職が初めての人でも何回か経験がある人でも、最初から最後まで全面的にサポートしてくれる人材紹介サービスです。

    マイナビエージェントに登録すれば、ほとんど全ての優良求人にアクセス可能となります。このページを参考に、理想の転職を叶えてください。

    あなたが今より良い会社に巡り合えるように、願ってやみません。

    関連する他の記事

    企業が20代/30代/40代に求めるものの決定的な違いとは
    転職活動において自分の熱意をアピールするのはいいのですが、企業が求めるものも知っておかなければなり…
    リクナビNEXTがイチオシ!大手上場企業に転職しよう
    転職するなら、大手・上場企業がいいと思いません。大手ってだけで何か憧れますね。このページでは、大手…
    転職エージェントの仕組みとは?なぜ無料?
    転職エージェントとは何なのか、転職サイトと何が違うのか。そんなみなさんの疑問を解決!なぜ無料で利用…
    type転職エージェントでのプロジェクトマネージャー(PM)求人を徹底的に調べてみた
    利用者の70パーセントが収入アップしているtype転職エージェント。親切、丁寧な対応が売りになっていて満…
    pagetop