転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > Q&A > 引き抜き転職におけるリスクと成功事例を全てご紹介

引き抜き転職におけるリスクと成功事例を全てご紹介

🕒 2018/10/31
このエントリーをはてなブックマークに追加
引き抜き転職におけるリスクと成功事例を全てご紹介

そもそも引き抜き転職は安全な転職方法でしょうか?今回はそれにおけるリスクと成功例を話していきます。

現況の職場環境や自分の今の立ち位置に対して不満を抱えている人は転身したいと考えている方は沢山います。これは転身をすることに対して日本人の拒絶イメージが薄くなっている現状では転職することは決して悪いことではありません。

いろんな方が転職を考えている際、動機や理由をつけて転職に踏み切る場合が多いですが、中にはスカウトやスカウトが要因で転職する方も現れます。

ただ、スカウトという形で転身をした方は、本当に契約通りの条件や待遇が受けられるかはわかりません。また、最近ではスカウトによるスカウトは合法ではないという見解も現れてきました。

今回は、引き抜きを使って転職する方は本当に大丈夫なのか、その成功事例と失敗事例をここでみなさんと共有します。

引き抜き・ヘッドハンティングの両者の違いとは

引き抜きというと思いつくのがヘッドハンティングです。どちらも他社から自社へ優秀な人材を引き込むことを指しますが、明確な違いが存在します。

 

引き抜きとヘッドハンティングの大きな違いが引き込む人材の役職です。

引き抜きは役職や地位を気にせず、単純に優駿な能力を持った人材をスカウトすることを指します。

一方でヘッドハンティングでは企業の上層部や幹部、代表取締役といった地位が高い役職についている人材をスカウトします。能力もそうですが実際に実績がある方を採用するということですね。

 

なので、ヘッドハンティングはめったに経験することはないと思いますが、引き抜きに関しては能力が優秀と判断されればどなたでも声がかかる可能性があります。

それでは、急に引き抜きされた際に備えて、どういったリスクが存在するのかを以下で見ていきます。

引き抜きによる転職をしたい方は4つのリスクに要注意!

より良い人材を採用しようと他社から良い条件であなたを既存の会社から引き抜こうと考えています。今まで転職するつもりのない人でも美味しい話が舞い降りたら転身をしようと考える人が現れるのは珍しくありません。だが、スカウトによってその新しい企業へ転身することが本当に正しい選択になるのでしょうか?

他社からスカウトや引き抜きで新しい会社に行く場合、ほとんどが良い条件で仕事を提供することが多いです。ただそれが本当に保証されているのかどうかは把握できません。

契約していた内容と現実が違う倍位がある

実際に転身した新しい会社で働いてみると希望していた業務ができなかったり、引き抜き前に提示された年収は複雑の手数料などが入り結果前職の会社で働いていたよりも低いことになることもあります。

美味しい話が舞い降りたからと言って油断せずに転職すると恐ろしいことがあなたを待つこともあります。

転職した会社の企業業績が前職の会社より圧倒的に悪化している可能性あり

相手会社側からスカウトをもらった際はその会社の企業業績や現状についてしっかり事前確認することが不可欠です。

スカウトや引き抜きで転身しないかと声を掛けられる方は優れた人材に限りません。なので、企業業績の悪化している会社はそういった人材を欲しがります。そういった会社の餌食にならないようにその会社について事前に調査するよう意識すべきです。

長時間労働を課される可能性もある

たとえ引抜時に提示された収入を保証されたとしても、実際の労働時間について教えない可能性があります。高年収だけを見てスカウトという形で転身した場合、入社すると毎日残業続きで、休日出勤が多発的に起こる会社に遭遇することも無いとは言えません。転職する方は経済面以外に労働時間についても確認することをオススメします。

訴えられることもある

好条件で新しい会社に転職したのに訴えられることも少なくありません。転職する先が同業者や競合企業だったりで、もし前職の企業で会社の経営存続につながるような極秘情報を持っていたり、今後の新企画の情報を持っている方は下手すると前職の会社から訴えられます。それらのような情報を持つ方が他の会社で利用することを前職の会社は恐れているからです。

引き抜きを実施した会社は下手すれば違法になる恐れ

他社の社員を引き抜きした場合、人材を引き抜かれた側の会社から起訴されることもあります。

スカウトをした企業が訴えられたケースも。

どういった状況でスカウトした会社が訴えられるのかは明白ではないが、在職中の雇用者を引き抜く自体が違法と見られる事があります。

現職の地位や立場の人やその引き抜いた数の人を対象者として引き抜いた場合、違法となることが生じることがあります。

仮にスカウトした会社が引き抜かれた側の会社に歌えられた場合、裁判へ進み、最悪の場合は損害賠償を支払わなければならないこともあります。他の会社の社員をスカウトした場合、状況ややり方で、違法と見解されることがあるのです。

それでもメリットがある!引き抜き転職の成功事例

他社からスカウトされ引き抜きのような形で転職した会社は失敗事例があれば成功事例もあります。

これまで、スカウト転職に関する危険性をずっと述べてきましたが、引き抜き転職によって成功した方も少なくありません。成功事例を一つご紹介します。

Aさんは、営業マンとして今まで沢山の会社と取引に成功してきた優秀な営業マン。ある日、取引先相手の会社の担当者CさんがAさんをCさんの会社に呼びました。Cさんの会社に行くと、Cさんのいるオフィスに呼ばれて入るとそこには上層部らしき顔が沢山いました。「是非私の会社で働いて欲しい」とAさんに猛アピールを掛けました。Aさんは最初戸惑っていましたが、上層部からの直々の説得や、Aさんがその会社の企業業績や状況の調査や、収入・地位・労働時間の内容をぎっしり書かれた契約内容を見たAさんはその会社からのスカウトを受けました。その後、Aさんは条件通りの仕事をさせてもらい、日々の活き活きと仕事を熟して、活躍しています。

引き抜き・スカウトで転職する際は注意深く意識しよう!

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数68000対応地域全国
非公開求人有りターゲット層エグゼクティブ層
強い業界IT/メーカー/金融年収UP実績9割

引き抜きによる転職はメリットとデメリット、またリスクもあります。スカウトで転身する方はうまい話のみに耳を傾けることは辞めたほうが良いです。

ブラック企業で入社してしまったなど後悔のないように慎重に進むことをオススメします。

ヘッドハンティング・スカウトを上手く利用して今より良い会社に転職したい方は、一流のヘッドハンターが集まる『ビズリーチ』の利用が欠かせません。

スカウトされたい方は、早速登録してみましょう!

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

面接で変な質問や珍しい質問をされた時の対処法と回答例
中途採用の面接で聞かれる質問なんて、自己PRと志望動機だけと思っていませんか。実は予想外の質問を投げ…
【結論】求人数と転職者数で最も有利な転職時期を検証してみた
「求人数が多い時期は応募できる求人も増えるから、転職するなら求人数の多い時が狙い目」と思っている人…
上司を殺したいと思うほど上司が憎い時のストレス対処法
ぐちぐちと嫌味ばかり言ってくる上司、自分の過失を認めず全て部下のせいにしてくる上司、どんな職種でも…
監査法人に転職すべき?知っておくべき要点まとめ
監査法人に転職する際に知っておきたい、現状や、将来性、給料や、向いている人は?などの情報が盛りだく…
pagetop