転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 退職 > パワハラで退職したい方に最も有利なマニュアル

パワハラで退職したい方に最も有利なマニュアル

🕒 2018/03/15
このエントリーをはてなブックマークに追加
パワハラで退職したい方に最も有利なマニュアル

セクハラという言葉は前より流行っていた言葉です。今はセクハラの他にパワハラという言葉も多くで始めるようになりました。

今まで会社の中で当たり前のようなことが他人から見てパワハラだと思われてたりすることがあります。そういった環境から抜けたいと思う方はたくさんいます。

当ページではパワハラに対して悩みを持っている方向けにどうやって上司の束縛を回避するか、また、会社をやめたい時、役立つ方法を順次ご紹介していきます。

気づきにくいパワハラ

もしかして、今までパワハラの環境で働いたのでは。。と自分が働いている会社にそういった疑問を持つ方は多くありません。

  • 真面目すぎる方はパワハラに会いやすい
  • 上司から叱られると、自分に至らない点や、改善すべき点が沢山あると感じているため、上司からの猛烈な説教に耐えるしか無いと、それがぱパワハラだと気づかずに日々の仕事をする人がそうです。

  • 上司の説得に勝てない人
  • ノルマ達成ができなければ昼休憩を許さなかったり、8時間労働では決して終わらない資料作成をやらされて、もし達成できなければサービス残業でそれを終わらしてねと要求されることはパワハラです。

    だが、私も今まで同じような経験をしてきたが、自分の成長のためだと頑張って乗り越えてきたと上司から言われたら、これは私のためだと、私ももっと頑張らないと考える人が表れてしまいます。

    こういった特徴を持つ方は、私はパワハラに会っているんだと訴える人が少なくなります。

    パワハラの定義とは

    近年パワハラと言うが、何を基に定義つけているのか明確ではありません。ここでいったん定義をつけてみました。

    平成24年、厚生労働省によれば、以下のことをパワハラだと定義しています。

  • 身体的な攻撃
  • 精神的な攻撃(名誉毀損・ひどい暴言)
  • 人間関係からの切り離し(仲間外し・無視)
  • 過大な要求(業務上明らかに不要なことや推敲不可能なことの強制、仕事の妨害)
  • 過小な要求(業務上の合理性無く、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
  • 個の侵害(私的なことに過度に立ち入ること)
  • また、同省の最新の定義(21世紀職業財団)では

  • 公開叱責(多數の面前での叱責)
  • 感情を丸出しにするモンスター上司、給料泥棒呼ばわりする
  • 退職勧奨や脅し
  • 無視の命令
  • 困難な仕事を与えて低評価にする、過剰なノルマ
  • パワハラの訴えを聞き流す
  • これらをパワハラの定義としています。

    私の解釈では学生時代のイジメや嫌がらせの大人バージョンと解釈しています。学生時代のイジメと異なる点とすれば、身体への暴力というより言葉の暴力や集団による無視の特徴が強いです。

    パワハラ被害者がすべきこと

    上記の内容はパワハラだと気づくことの難しさや、パワハラの定義とは何かについて話しました。

    もし、自分が働く会社について先輩、後輩や友人に話して、それパワハラでしょと、パワハラに気づいたとしたら、もちろんパワハラを回避したいですよね。

    そのような状況に出会った場合どのように対処すべきか教えします。

    嘘でもいいから相手が期待する反応を演じること

  • 相手を満足させることでパワハラの被害化から抜け出せること出来ます。好きでもない相手に対して嘘をつくことに罪悪感を持つ必要はありません。自分に嘘をつくのは良いことではありませんが、相手からの攻撃を防ぐことが出来ます。そういった相手には自分の心を黒にして遠慮なく嘘つくことが大事です。
  • パワハラの証拠を残す
  • パワハラの被害にあったとしても証拠がなければ何も証明できませんん。なので、被害にあった証拠を残すことはとても重要になります。

    以下の方法で証拠を残しておきましょう。

  • パワハラの発言は録音する
  • スマートホンやヴォイスレコーダーを活用してパワハラ発言を録音しましょう。
  • パ物的証拠やメールは必ず残す
  • パワハラされたメールには、発信者や日時、送信先などきめ細かく残しましょう。素早く証拠を取りやすいように、スマートフォンで撮影することをオススメします。
  • 被害にあったことを日々の日記やノートに記載する
  • 特定の相手からパワハラに会いましたと言っても、時間が経つと、パワハラに合ったことは覚えているが、その被害について詳しく話す事ができなくなることがあります。

    なので、その日に起きた被害の内容を、ノートや日記で詳細に書き出すことで、被害に至った過程の隅々まで分かることが出来ます。

    また、この方法は実際被害にあった際に信頼性のある証拠としても出すことが出来ます。

    会社を辞めたい、転職したいと考えたらリクルートエージェントへ

    パワハラから回避する方法を話してきましたが、そういった被害にあって会社を辞めたい、転職したいと考えている人も増えてきます。でも自分で会社を探すと、また同じような被害にあってしまう恐れがあると躊躇する方がいます。

    これからはそういった心配をする必要はありません。なぜなら、リクルートエージェントがそういった会社を辞めたいけど、同じ振り返しが待っているのではと心配している方のお悩みを解決させます。

    リクルートエージェントでは、どういった会社がどういった特徴を持っているのかの情報を持っているため、彼らと相談すればそのような被害に遭うことはなくなります。今パワハラの遭遇に会って早く辞めたいと考えている方は是非リクルートエージェントと相談してみて下さい。

    50社から詳細条件で絞り込み検索
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    転職するならどっち?税理士法人と個人事務所の違いを徹底解説
    税理士が働く場所と言えば、まず税理士法人というイメージですね。そして個人事務所で仕事する税理士も多…
    現役社員が転職エージェントの取り分やノルマなどの裏事情を語る

    転職エージェントも人材ビジネスの一種で、利益を出すことが目的の企業です。

    在籍しているキャ…

    上京すべきか迷うなら東京へ転職するメリット・デメリットを確認しておこう

    自らのキャリアプランを見据えて、上京を考える地方在住の方は多いのではないでしょうか。

    しか…

    履歴書と職務経歴書の両方に志望動機を重複せずに書く手順
    志望動機を履歴書と職務経歴書の両方に書くって必要?初めて転職する方はもちろん、そうじゃなくても迷う…
    pagetop