転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 医療・福祉・介護 > 薬剤師は売り手市場?2019年の転職市場・求人倍率の動向を徹底解説

薬剤師は売り手市場?2019年の転職市場・求人倍率の動向を徹底解説

🕒 2019/06/24
このエントリーをはてなブックマークに追加
薬剤師は売り手市場?2018年の転職市場動向を徹底解説

医者の仕事と同様、薬剤師の仕事は患者の命を守る重要な役割をしています。

年々日本で人手不足が続く中、この仕事も過酷な人手不足に陥っています。「売り手市場ではないの」と話される方がいます。

今回、実際の薬剤師は売り手市場であるかどうか検証していきます。また、同種を目指す方向けに、失敗しない転職の方法も紹介していきます。

薬剤師が売り手市場と呼ばれる理由

薬剤師の求人倍率は10倍以上

医療系で働く方が少ないため、どの機関でも雇用をしたいと考えています。当然、医師・歯科医師・薬剤師の求人倍率は10倍を超えてきます。

余談ですが、看護師や介護士の求人倍率は3倍です。

これで市場の中で薬剤師がどの程度が必要とされているのかが鮮明に分かります。

今から知る今後の薬剤師の市場動向

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数約4万件対応地域全国
非公開求人-ターゲット層転職したい薬剤師
強い業界医療年収UP実績96%が年収アップに成功

近年では、薬科大学のみでなく、薬学部を新設する大学が増加しています。この波から脱出しないようと、薬剤師を目指す学生が増えてきました。

また、専門学校でも学生が薬学を学べる環境を作っています。各医療機関は優秀な人材を雇用したいので、この職種の売り手市場は続いています。学生が早く目標に到達できるよう、既存の教育プロブラムを改善したりしています。

供給が需要を上まわる恐れが有ると噂をされていますが、薬剤師になるための専門知識や、経験を積めばそういった問題もなくなります。実際のところ、専門知識や高いレベルを持たなければなれない業種ですが、薬剤師が不足している現状では、医療機関に雇われる雇用率は高いと予想できます。

薬剤師の仕事はなくなる?|売り手市場を脅かす存在とは

IT技術の進化は薬剤師の仕事を失くしてしまうのでしょうか。

近年医療現場では業務を効率化できるシステムが多数開発されています。よって人件費の大幅な削減が可能となるため、薬剤師の売り手市場が終わるのではないかという懸念があります。

この項目では現在約I市の現場に導入されているシステムを紹介していき、大きな目線で見て薬剤師の市場動向はどう変わっていくのかを解説します。

業務効率化システムの導入

先ほども述べた通り、薬剤師の現場では業務を効率化するためのシステムが既に多数導入されています。

  • 電子薬歴システム(保険薬局用)
  • 対話式電子薬歴管理システム
  • 薬局情報共有プログラム

これらシステムの多くはPHCという企業により作られています。これ以外にも業務効率化を図る細かいシステムがいくつか存在します。

よってこのまま技術が進歩していけば、将来的に人が入る余地はなくなってしまうのでしょうか。しかし、そういった事態現在のところ起きないと予想されています。

1つ目に薬機法という法律によって「薬局の業務は対面指導が必須」と定められています。よって現在の法律が変わらない限り薬剤師のしgとが機械に奪われることはありません。

2つ目に地方の患者数がもともと少ない薬局では上記で紹介したシステムを導入するメリットがない点です。初期費用も掛かりますし、人件費を削減するほど売り上げに困っていない薬局も多いため、薬剤師の需要が減ることはすぐには来ないでしょう。

電子処方箋の導入

2018年4月から電子化された処方箋の提供が始まりました。

従来のように紙を用いずオンラインで管理するため、医療機関同士での情報共有がスムーズになります。印刷コストや保管という点で見ても今までより格段に便利になり、薬剤師の業務の負担は確実に減ります。

しかし、この程度の変化では薬剤師の売り手市場には全く影響がないとされています。むしろ市場の拡大につながり、売り手市場の活発化が期待できます。

オンライン診療には注意が必要

ここまで紹介した内容を見る限り、システムの発展は売り手市場の変化に影響はないと考えられます。しかし、将来的に施行されるだろうオンライン診療が始まればそういった意見は覆ります。

先ほど紹介したように、薬機法が存在する限り薬剤師の仕事はなくなりません。しかしオンライン診療が始まると薬機法が改正される危険性があります。対面指導が必須という前提がなくなってしまえば、機械による薬局運営の流れが加速するのは必至です。

よって長期的に見れば薬剤師の売り手市場に変化は訪れると考えたほうがいいです。

現状売り手市場は終わらない予想

上記のように今後数年後という短い期間で見れば、たとえ機械の開発・導入が進んでいっても市場に変化はないです。しかし法律を揺るがすような変化が起きる可能性もあり安心はできません。

将来の自分の働き方についてしっかり考え、薬剤師を続けるのか他の職種に進むのか慎重に選びましょう。

薬剤師不足に陥る原因とは

薬剤師として働く人は増えていますが、需要と供給が不安定の状態にあります。

薬局やドラッグストアの増加が人手不足の原因になっています。24時間体制の薬局など、便利施設の増加のスピードが立派な薬剤師を育てる速度より早いからです。

そのため、住民の行きやすい薬局を作ったのはよいが、新しい人材の確保が難しくなりました。

また、6年制の学校を卒業した薬学生が国家試験を受けるが、合格率が不調で、期待していた人数の獲得ができなくなったことも現状です。

国会試験を合格し、免許を獲得したとしても、すべての人が薬剤師として仕事することが出来るとも言えません。

薬学部では、医学部とは異なり、調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬メーカーなど、沢山の道を歩むことが出来ます。

希望の仕事先が同業種の免許を必要としないことも多くあります。

これらの原因もあって、十分な薬剤師を確保できていないのが現状なのです。今後もこの職種は売り手市場だと言えます。

かかりつけ薬剤師

2016年に施行された「かかりつけ薬剤師」という新制度が出ました。

この制度は、患者さんに指名されると、その依頼者の方の担当となり、服薬指導のほか、体調面の食事管理や、心理面での相談をする制度です。

この仕事をするためには幾つかの条件があります。

  • 同職として、3年以上の調剤実務経験、同様の薬局に半年以上且つ週32時間以上勤務を条件
  • 指定の研修を受け、認定薬剤師の資格を得る
  • 地方の医療イベントなどに参加し、医療の普及に貢献すること
  • というようにこれらの条件をクリアしなければなりません。

    沢山の患者さんを面倒するよりも、一個人の患者さんの面倒を見たほうが、働き手にとっては負担が少なくなります。また、この業種の人は多くの医療機関から注目が余っています。

    そのため近年では「かかりつけ薬剤師」を目指す人が増えています。

    異業界異業種から転職を考える方はとえも美味しい市場ですね。

    一方、人気が集まる一方で、一般の仕事をする方は減少してしまいました。

    新制度と古来の制度をどうバランスを取るのかが重要なります。

    薬剤師へ転職する際に注意すべきこと

    この業界が売り手市場といって、安心しないで下さい。

    「人材紹介会社に頼んでもらって薬剤師として働く場所を提供してくれました。人材紹介会社によれば、職場先では残業代が出る話していたのですが、実際のところ残業代が出ないと言われました。また、業務の内容も門前の単科クリニックの処方箋しか出来なくて、とても暇でやりがいが持てません!」というようなことも起きたしまいます。

    単純作業のために仕事をするためにこの業界を目指す人なら良いが、そうではない方にとっては苦痛な仕事になってしまいます。

    薬剤師としてミスマッチのない職場へ転職するためには

    総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    公開求人数約4万件対応地域全国
    非公開求人-ターゲット層転職したい薬剤師
    強い業界医療年収UP実績96%が年収アップに成功

    仕事先を探す際よくミスマッチが起こります。人材紹介会社の原因も一部ありますが、大半は自身が正しい仲介会社を選べなかったことです。

    ここでは正しいエージェントを見つける方法を紹介します。

    ミスマッチの失敗を避けるためには、転職エージェントの会社について詳しく調べることです。

    その転職サイトはあなたの希望とする年収・働く環境・労働条件などの条件と一致しているかどうかを確認することが大切です。

    後から後悔が起きないよう、正確で詳しい情報を持った転職エージェントかどうかを見極める判断力が必要です。

    「そういっても沢山ある転職サイトから自分に正しい情報を探すのは出来ない」「転職サイトのホームページのみ見てもいいことしか書いていません」など、転職サイトを探す際にそういった不安が生じます。

    ここで、活用してほしいのが転職サイトに詳しい人が書いた比較記事です。

    転職エージェントの特徴などの比較記事は他の記事で書いていますので、参考にみて下さい。

    最後に、後悔しないような転職ができるよう、私達も力尽くして皆さんの頼りになる情報を提供していきます。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    パワハラで退職したい方に最も有利なマニュアル
    パワハラの被害に会っている方で早く現在の会社を辞めて、他社に転職したいでも、また同じことが起きるこ…
    就活転活で内定辞退の仕方ー誠意が伝わる断り方とは?(例文付き)
    最近の就職活動は、「空前の売り手市場」と言われていて、数社ないし十数社から内定をもらった就職者は少…
    ゲームプログラマーの転職に必要なスキル・コツ
    みなさんゲームプログラマーという職業はご存知ですか。大好きなゲームの仕事に関われるということで多く…
    未経験でも分かる【ゲーム業界】転職の基礎知識
    このページは「ゲーム業界の経験や実績は全くないけど、何をアピールすればいいの?」「未経験OKの求人は…
    pagetop