転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 退職 > あなたの会社は大丈夫?月の残業時間でブラック度を測ってみよう

あなたの会社は大丈夫?月の残業時間でブラック度を測ってみよう

🕒 2018/11/27
このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたの会社は大丈夫?月の残業時間でブラック度を測ってみよう

転職活動と言うと、職種や年収といったことに注目しがちです。しかし、皆さんはそれ以外に重要なことを無視していませんでしょうか?それは「残業」という項目です。

残業に対して無視しがちですが、残業数はとても重要なことです。

残業の多い会社で働いた場合、労働時間が大幅に増えてします。転職で年収が増えても、自信への身体に大きな支障を与えることになります。

残業をたくさんすることでモチベーションの維持にも悪影響を与えてしまいます。

よって転職先の残業の指定時間を確認することは、年収や職種と同様に重要なことなのです。

当ページでは、残業の恐ろしさや、残業時間違いによっての被害。また、残業の多い会社で働く場合にやっておくべきことを皆さんと共有します。

あなたが勤めているのはホワイト企業かブラック企業

みんなの残業時間はどの程度あるかすぐに答えられることができますか?人によっては残業に対して気にしない方もいます。

皆さんは何時間残業していまうか?残業時間が異なることで会社で働くあなたに様々なところで影響を与えています。

これからご紹介してい行きます。

残業20時間以下:ホワイト企業だと思うべき

残業20時間で働く従業員にとっては優しい会社です。労働基準法は1日8時間・1週間に40時間と定められているので、それを踏まえると残業20時間はとてもホワイトな会社です。

こういったホワイトな会社で上司のパワハラや、仕事の物足りなさを考えている人意外であれば、他社への転職は考えなくても良いでしょう。

残業40時間:大手なら納得、中小なら転職しよう

企業で働く労働者は労働基準法によって守られています。法律によると、労働は1日8時間・1週間に40時間までと定められています。残業40時間はギリギリセーフと言えます。企業が労働者に残業をしてもらうには「36協定」と呼ばれる協定を労働基準局に提出する必要があります。

36協定とは、労働基準法36条に基づく労使協定とよばれ、会社が法定労働時間1日8時間、週40時間を超えた時間外労働をさせた場合に必要となります。

ただ、法律の規定内で労働させているとは言え、会社によっては40時間残業していことは良くないこともあります。それは会社の規模です。

大手企業の場合は規模が大きいため、ほとんどの会社は法律を守って残業時間を管理することが出来ます。一方、中小企業の場合は違います。中小企業の規模が少ないことや、有力ベンチャー企業であっても、会社を早く成長させるため時間をかけながら経営しています。また、人手不足の問題が過酷の中、働き手を確保することが難しく、大量の業務量を既存の社員がやらないと行けないため残業をしなければ終われない仕事が沢山あります。

中業企業で40時間の残業を守っていると言ったとしても、大手企業とは違い、会社を早く拡大したいと考える野望の方が強いため、従業員が40時間以上働く事が表れてくるのです。

よって、残業40時間の場合、大手なら納得、中小企業は転職しましょう。

残業60時間:身体に気を付けて、すぐ転職活動を始めよう

上記で36協定について触れましたが、36協定で認められていても1週間に15時間・1ヶ月に45時間まで上限とされています。

残業60時間の場合、大手、中小企業問わず、転職するべきです。

企業の繁忙期や業務が集中する時期に限り特例として、36協定の残業時間上限を伸ばすことが出来ます。以前は、年間で6ヶ月までという制限で、月100時間以上の残業でも許されていた事がありました。しかし、人間の身体や精神に大きな負担が生じることを恐れるようになり、残業100時間以内のルールになりました。

それでも残業60時間は健康に悪影響を起こしてしまうので、そのような仕事先で働く方は転職しましょう。

残業100時間:過労死に注意して、会社を訴えてから転職しよう

残業100時間はもう言うまでもなくその会社を辞めるべきです。某大手会社で起きた残業100時間をした社員が自殺をしました。残業100時間の会社で働いている方はその会社を訴えてから転職することを強くオススメします。

残業時間と同様年間休日の獲得数も重要

年間休日とは、企業側が就業規則で定めた年鑑の休日数のことを言います。なぜ、年間休日の定義を言うのかと読者の皆さんは疑問を持っていると思います。個々で言いたいのは、年間休日は国の法律で定められた法律ではないということです。

年間休日の設定は会社側が行なうことが出来ます。

そのため企業によって好きな休日日数を選ぶことが出来ます。年間休日のみを出してもいまいち想像できないでしょう。この2つの違いについて説明します。

年間休日120日

年間休日120日と言うのは労働基準法を軽くクリアしている休日日数です。年間休日120日は、完全な週休2日、国民の祝日、特別な休日を含むことなります。また、有給休暇に120日は含まれません。120日の休日があるということは3日につき1日は休みをとれているという計算になります。

年間休日105日

年間休日105日の会社は、1日8時間労働の最低限のルールに従っている会社です。120日の休日がある会社と比べて会社に絞られる時間がとても長く感じることが出来ます。

このように120と105日を比較してみるとこんなにも違いがでてきます。また、105日の休日がある人とくれべて、120日の休日日数を獲得している従業員の身体の支障は少ないです。また、効果的に会社で働くことが出来ます。

自身でも残業時間を減らすよう意識しよう

残業時間の長さを環境のせいにしてはいませんか。ここまでの情報で、自分が勤める会社がホワイト企業なのか、それともブラック企業なのかは判断できたと思います。

しかし、残業時間が長いからという理由だけで転職するのはおすすめできません。以下の方法を実践し、残業時間が超過している原因が会社と自分どちらにあるのか知りましょう。

 

自分の意志で残業時間は減らせる

残業時間が長い原因が職場環境や会社の経営方針でない場合、自身の働き方っを変えることで改善することができます。

  • タイムスケジュールを作成し管理する
  • 仕事を選別し次の日でも出来る仕事には手を付けない
  • 上司や同僚の空気を読まない

以上の3つを実践するだけで残業時間は解消されるかもしれません。特に3つ目の空気を読まないことが大事です。日本人は周りに流されやすい正確なので、同僚や上司が遅くまで仕事をしていると「自分だけ先に変えるのは失礼だ」といった考えに陥ってしまいます。

自分の会社がブラック企業だと足早に判断するのではなく、周りの空気を読んでいたり、仕事に熱中しすぎてはいないか今一度振り返ってみましょう。もしかするとあなたの職場はホワイト企業で辛い思いをシているのは職場であなただけかもしれません。

改善しない場合は素直に転職しよう

残業時間が100時間を超えていたり年間休日が極端に少ない職場の場合、自分の意識・行動だけで環境を改善するのは不可能です。最悪の場合、働いている会社の労働形態が方に反している可能性もあります。あまりにも労働環境が劣悪だと感じるならば、法定労働時間と自身の労働時間を比べたり労働基準監督署に相談することをおすすめします。

そして、今の職場を辞める決意ができたという方は、以下で紹介している転職サイトを利用してみてください。あなたにピッタリの職場、ホワイト企業が見つかります。

転職したいなら転職エージェントにお任せ

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数38,033件対応地域全国
非公開求人127,727件ターゲット層ミドル層
強い業界機械・電気メーカー/金融/サービス業年収UP実績2万人以上

転職エージェントでは沢山の会社の特徴を把握しています。もし、この記事を見ていただいた後に、残業の恐ろしさを肌で感じた方で、そういった環境で働いている方は転職エージェントを活用してみて下さい。

dodaあたりの大手転職エージェントは、転職検討段階の方に対しても丁寧にアドバイスをしているので、おすすめです。

関連する他の記事

国家公務員から地方公務員に転職するコツ!給料をアップさせるには?
国家公務員だった人が地方公務員に転職することのメリット、デメリットを解説。そして実際転職するにはど…
転職エージェントにごり押しされたらどうすればいいのか
転職を考える時、転職エージェントに相談することは正当な手段です。しかし、転職エージェントによっては…
転職でトラブルに遭わないために知っておくべき全てのポイント
初めての転職は最後までスムーズに事を運んでいきたいですよね。トラブルが一切ないようにうまく段取りを…
転職の決め手を「決める」!転職の際の思考法を伝授
「今現在転職を考えているんだけど、どう決めればいいかわからない。」そういった方はこの時代多くいらっ…
pagetop