転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 飲食・観光・サービス業 > ペット業界の仕事内容や年収、失敗しない転職法

ペット業界の仕事内容や年収、失敗しない転職法

🕒 2019/01/16
このエントリーをはてなブックマークに追加
ペット業界の仕事内容や年収、失敗しない転職法

「今のつまらない仕事を辞めて、毎日かわいいワンちゃんや猫ちゃんと触れ合えるペットショップに転職しよう…」「動物が大好きで、ペット業界でしかやりがいを感じない!」

動物好きな方なら、一度このように思ったことがありませんか?

転職サイトを見ても、ペット業界の求人はあまり大きく目立ちませんが、実は以前からかなり人気があり、市場も伸びている穴場の業界です。

このページでは、ペット業界の中途採用事情に詳しいキャリアコンサルタントの知見を元に、基本中の基本をもれなくご紹介します。

最後まで読めば、あなたはペット業界に転職すべきかを判断できるようになり、転職活動を有利にさせることでしょう。

ペット業界の基本情報

日本のペット業界の市場規模はおよそ1兆5000億円で、毎年1%のスピードで緩やかに伸びています。また、主要ペットの犬と猫の飼育頭数は減りつつありますが、核家族化やペットの長寿化のため、1頭当たりに使われるお金は増加しているようです。

マッケートの内訳を見てみると、生体販売やペット保険・医療、サロンなどのサービスが約5割、フード類が3割、ペット用品が2割という構成となっています。

ちなみに日本では3割以上の人が何らかのペットを飼っており、飼育される動物は多い順から、犬、猫、金魚、メダカ、熱帯魚、亀などです。

ペット業界の仕事内容・働き方

ここでは、ペット業界ではどんな仕事があるのかを見ていきましょう。ペットと関われる働き方ができるのは主に下記4つです。

  • ペットや関連用品を消費者に販売するペットショップ
  • ペット医療を行っている動物病院
  • ペットの美容院となるトリマー
  • ペット食品やトイレ用品を取り扱うペット関連の総合企業

これらのペット関連の仕事ですが、業績だけを見ると好調ですが、実際の働き方はどうなんでしょうか。ここでは、分野ごとにご紹介していきます。

ペットショップ店員

ペットショップ店員は、ペットショップにて生体の管理、接客、販売、店舗運営に関する仕事をおこないます。主に

  • 愛玩用動物小売業
  • 観賞用魚小売業
  • ペットフード小売業
  • という3種類で働いています。愛玩用動物小売業では、犬や猫などの哺乳類をはじめ、オウムやインコなどの鳥類、トカゲなどの爬虫類、カエルなどの両生類を扱っています。また、カブトムシなどの昆虫を取り扱うペットショップもあります。業務内容は、ペットの食事や排せつの処理、健康管理や掃除などを中心におこないます。顧客に対して世話の仕方などのアドバイスや販売をおこない、予防接種やペット保険の案内をすることもペットショップ店員の仕事です。さらに、ペットのシャンプーや予防接種の際に、トリマーや獣医の補助をおこなうこともあります。

    観賞用魚小売業においては、エンゼルフィッシュやカクレクマノミなどの観賞用の魚や熱帯魚などを取り扱います。熱帯魚のみを扱う専門店もあります。

    ペットフード小売店では、ペットの餌やおやつのほか、おもちゃやベットなどのペット関連商品を幅広く販売しています。また、商品の仕入れや棚卸、売上計算や店舗運営の補助に携わることもあります。

    動物病院

    日本では動物病院が非常に多くの数があります。動物病院の主な職種は受付、看護師、医師の3つです。受付職は資格を特に必要とすることなく、人が通う病院の受け付けとほぼ同じ仕事内容です。女性の求職者の方が優遇される傾向にありますし、一般的な PCスキル、事務処理能力があり、動物病院の受付の業務経験がなくても事務処理経験がある方は十分、転職できるチャンスがあると思います。

    動物病院にいる医師は中心的な職種です。動物の命に関係する仕事になるので、転職するには大学の獣医関係を卒業して国家資格を取得している必要があります。

    誰でも転職できる職種だからこそ、しっかりとした指導を受けなければなりません。自分で応募する転職サイトより、絶対に全面的にサポートしてくれる転職エージェントのほうが転職に成功し易いです。

    動物病院の看護師職は、人間の病院と同じく医師のサポートをする仕事です。こちらも医師と同じように関連資格の取得が必要な上、大切な命を預けています。募集があまりない看護師の場合は、転職エージェントよりも、求人情報をたくさん網羅している『リクナビNEXT』などの大手転職サイトのほうがより多くの求人を見つけることができるためおすすめです。

    トリマー

    トリマーは簡単に言うとペットのための美容院で、付帯サービスとしてペットホテルも併設している場合が多いです。

    トリマーで働くには、人間世界の美容師と同じように専門の資格が必要ですが、トリマー見習いとして店舗で働きながらトリマー以外の仕事をしながら資格を取得する人も多いようです。

    トリマーに転職したい方は、資格がないからといって諦める必要がなく、そういった見習いを受け入れる企業を探すといいでしょう。転職エージェントはどの企業がそれを受け入れているかの情報をもっていますので、エージェントに聞くのが手っ取り早いです。

    ペット総合関連企業

    ペット業界の中で、こちらの総合関連企業が最も人気の転職先で、最も一般的な企業に近い働き方ができます。実際に中途入社の方は、営業、開発、マーケティング、事務など幅広い職種での経験を持つ方が多いです。

    ペットの暮らしに欠かせない食品やトイレタリー商品を中心に事業展開している総合関連企業はとてもやりがいを感じやすいと言われています。

    転職サイトでそういった企業を調べていると求人数が多いものの、人気のある業界なので選考が厳しい傾向にあります。そのため、転職エージェントを活用して企業にプッシュしてもらうことが内定獲得に欠かせません。

    ペット業界の求人動向

    総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    公開求人数8760件(2017年8月時点)対応地域全国
    非公開求人ターゲット層総合
    強い業界メーカー/サービス/IT/不動産/流通年収UP実績6割

    ここまで淡々とご紹介してきましたが、ペット業界が他の業界との違いって何?という質問をまだ抱えている方も多いでしょう。ここからは、ペット業界の特徴や求人の動向について少しご紹介します。

    動物好きがもはや前提

    ペット関連産業は、飼い主だけじゃなく、動物の幸せを考えて日々動いているため、動物好きでなければ長く続きません。

    ペット業界への転職を考えるなら、一度自分に聞いてみましょう。本当に動物が好きで、責任を持って動物の人生を取り扱えるか。

    生き物を見ただけで身の毛がよだつ方はとりあえず不向きだといえます。

    中途採用の選考で、動物をいかに好きかを熱意を持って語れるようになったら、転職はすでに半分成功していると言っても過言ではありません。

    ペットショップの場合は人の入れ替わりが激しい

    ペットショップ業界も人の入れ替わりが比較的、激しい業界です。小型店舗であればわりとスタッフも定着しやすいでしょうが、売り場面積が100坪以上の大型店舗となるとその仕事内容のハードさも加わりなかなか人が定着しません。年齢構成的にはどうしても若手がメインとなるイメージがつきます。

    しかし、店長や責任者クラスは年配の方たちも多い業界です。

    元々は個人の規模で美容を兼ねた小さなスケールで展開していた方たちの多い業界でした。この20数年の間で店舗の規模も大型化していき取り扱う商品構成も以前とは比べものにならないスケールとなってきています。

    ペット業界は実は中高年者にとって狙い目!

    実は、今のペット業界全般において中高年者への採用ニーズが高まっており、転職するとしたら非常に狙い目の業界だといえます。

    なぜなら、ペット業界で働いている方は比較的若手が多く、彼らをまとめるリーダーが不足しています。社会人経験豊富な中高年の方はその立場で働きやすく、スキルを活かせう余地があります。

    良質なペット業界の求人に出会える方法

    転職を考えている方の中には、具体的にどうやって転職活動を始めるべきかを迷う方が多いです。とりあえずハローワークに行って仕事がないかを尋ねてみるという方がいれば、コネを利用して転職先を紹介してもらおうという方もいるでしょう。

    ところで役所が運営しているハローワークは「ブラック企業」という噂がすでに広がっていますし、誰もが有力なコネを持っているわけではありませんね。

    転職活動を始める方法を最初から間違えてしまうと、後々人生を左右する大失敗につながりかねません。

    自分に合った転職活動のやり方を知っていただくために、ここではリスクを最小限に抑えた一般的な転職方法を3通りご紹介します。自分の状況はどれに当てはまるかを考えながらお読みください。余力があれば、以下3通りの転職方法を全て試すことをおすすめします。

    転職求人サイト

    企業の求人広告がたくさん掲載されているサイトを見たことがありませんか。それは転職求人サイトです。

    利用者が個人情報やプロフィールを登録後、自分で掲載されている求人情報を検索、応募するスタイルとなっています。

    代表的な転職サイト

    自分で求人を見比べたい方や自分のペースで自由に転職活動を進めたい方にぴったりな転職方法だと言えます。また、転職回数が3回以上ですでに流れを把握している方も、転職サイトを使ったほうが一番効率が良く転職期間を短くできます。

    ヘッドハンティング・スカウトサービス

    ヘッドハンティング・スカウトサービスとは、サービスに履歴書を登録された求職者に対して、企業やヘッドハンターがスカウトを送信し、企業と求職者をマッチングさせるプラットフォームです。

    リクナビNEXTのように、通常の転職求人サイトでも「スカウト・オファー機能」が使える場合もあります。

    代表的なヘッドハンティング・スカウトサービス

    自分で探して応募する転職求人サイトと真逆で、登録情報を元に企業やヘッドハンターが欲しい人材かどうかを判断し「企業側から連絡が来る」のが特徴です。

    今すぐ転職しなくてもいいけど、年収や福利厚生などの条件面にこだわりたい方、転職サイトの求人よりレベルの高い会社に確実に転職したい方に強くおすすめします。

    転職エージェント

    転職エージェントとは、登録者の経歴や希望条件をもとに求人紹介してくれるサービスです。いわば求職者のマネージャーのような存在で、履歴書の書き方、面接対策、面接日程の調整、条件交渉など転職活動に関わるすべてをサポートしてくれます。スカウトサービスと違い、企業と転職者の間に「キャリアコンサルタント」が入ります。

    転職エージェントには総合型から業界特化型、第二新卒特化型などさまざまなタイプがあります。

    代表的な転職エージェント

    転職エージェントを利用する際に希望条件を細かく聞かれるので、「職種、勤務地、希望年収などの希望条件が決まっている方」にとって効率的かつ高精度な求人紹介を受けられます。

    また、初めての転職で希望条件も漠然としていても大丈夫です。転職エージェントはヒアリングを通して求職者に合った求人を見つけてくれて最後までサポートするので、初めての転職こそ活用すべきサービスです。

    ペット業界への転職を成功させよう

    総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    公開求人数8760件(2017年8月時点)対応地域全国
    非公開求人ターゲット層総合
    強い業界メーカー/サービス/IT/不動産/流通年収UP実績6割

    このページではペット業界への転職を考えている方向けにペット業界の仕事内容やメリット・デメリット、そして成功する転職方法をご紹介しました。

    未経験からペット業界へ転職、実はとても現実的な選択肢です。業界全般について知りつつ、具体的な企業とどのように接点を作れるか、がポイントです。

    このペ―ジで提案された転職方法を参考に、ペット業界への転職をぜひ成功させてください。陰ながらあなたの成功を祈っております。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    未経験で秘書に転職するコツ・成功法まとめ
    誰かを支えたり、役に立ちたいと思ったたりする女性の多くは秘書という職業を考えるかもしれません。しか…
    薬剤師はやりがいのある仕事なのだろうか?
    薬剤師を目指しているけど、なんで目指しているのかいまいちわからない方、薬剤師を目指せばよいかまだ迷…
    リクナビNEXT利用者限定!【経理】の転職を成功させる方法
    リクナビNEXTに掲載されている経理職求人の傾向や特徴、経理の方が転職をするうえでの注意点などを紹介し…
    小売業界へ転職したい未経験のあなたが知っておきたい全知識
    小売業界というとデパートやコンビニなどが思いつきますが、とても多種多様な職業でもあります。そんな小…
    pagetop