転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > Q&A > 春は転職しやすい?目指すべき入社時期を解説!

春は転職しやすい?目指すべき入社時期を解説!

🕒 2018/03/20
このエントリーをはてなブックマークに追加
春は転職しやすい?目指すべき入社時期を解説!

春といえば卒業、進学、引っ越しというような時期です。新卒した学生が新社会人として社会に飛び込む時期です。

このように春の時期は別れと新しい出会いが待っています。

転職者も春を機に春入社もたくさんいます。

春の転職はあなたに沢山のメリットを与えてくれます。

ここでは転職者が春入社するメリットについて紹介します。

転職をいつするか悩んでる方は、この節目に新鮮な職場を探してみませんか。

春入社する転職の特徴

春と秋に企業側は求人を応募するのが多いと言われています。企業側は、春に採用ニースが高まる時期です。

日本の企業はまだ終身雇用に執着していて、毎年の春に退職する人が多いのです。

そのため、企業の中では人手不足になります。新入社員を雇用しても、退職する方が多くなることもあって、働き手を埋めることができません。

そのため、第二卒を雇う企業が多いのです。

また、新卒と第二卒の違いとして、新入社員は大学から卒業してきたばかりなので、仕事で使う専門知識やスキルを持っていません。そのため、時間をかけて育てなければならないです。

一方、第二卒社員であれば、既に一定のスキルを持っているので即戦力になることができます。

春になると、新しいプロジェクトや新規事業など、会社の中では盛んになる時期です。

そういうこともあって、ある会社の中には新入社員を雇用するより、転職希望者を多く雇うとこもあります。

春入社を目指す第二卒にとってはとても美味しい時期です。

春入社は転職しやすい

上記で紹介したように、春になると企業は活発に採用のニーズが高くなります。

春入社を目指す人は転職しやすいです。ただ、企業の求人採用数が増加すると同時に、同じく入社を狙うライバルも拡大します。

春の転職は有利になる面もあれば不利の面もあります。

総合的に春入社出来る確率が高いので、転職戦争に挑む価値はあります。

企業は計画的に採用を増やす傾向

第二新卒は一斉に新卒採用をする新卒採用とは異なり、年間を通して中途採用をします。そのため時期によって採用人数が制限されます。

春は新しい社員が一方で退職する人も多いです。中途採用する会社が積極的になります。

そのため、春入社は中途採用者にとっては絶好のチャンスです。

春入社を目指す転職活動

「春入社するのだから4月に転職活動をすればいいや」と考えている方はいませんか?

春入社を目指す場合、4月前にするのです。一般的に転職活動は3ヶ月と言われることもありまが、1、2ヶ月に活動を開始することが良いです。

活動の開始から内定までは2~3ヶ月かかると言われています。

求人を出す企業側も1~2ヶ月に募集を出します。

そのため、誰よりも先に内定を得るためには早めの転職活動が一番です。

春入社をする転職者は職場に馴染みやすい

春は転職しやすいのみでなく、会社の中で働きやすいです。

4月は新年度ということもあり、新しいプロジェクトや新規事業は新入社員と中途採用者と一緒に活動をすることができます。既存のプロジェクトではないので、知り合いの社員は誰一人いません。

みな顔見知りではないので先輩社員という気まずい雰囲気はなくなり、仲間外れも少なくなります。そのため、新卒社員、中途社員関わらず、均等に人間関係を構築することができます。

教育や研修が受けられることも

春入社は他の時期に中途採用として入社することとは違って、会社は新入社員に教育や研修をさせます。

会社の研修は会社内以外に外部でもします。外部の人には人数で依頼料が決まるというよりも、時期で一括支払をして研修出来る場所が多いです。

そのため、中途社員は新卒社員の恩恵で、一緒に研修を受けられるメリットがあります。

春にどういった採用形式は関わらず、会社の教育研修が他の時期と比べ、手厚くなります。

春入社する転職者は責任のある仕事が出来る

春には新しいCMがテレビで頻繁に流れると同様、会社の中で新規事業や新しいプロジェクトを発信する時期です。

春以外の季節に次の職場で働いた場合、たとえプロジェクトチームに入ったとしても、既存の社員の行っているペースに追いつかなければ自分の評判にも大きく影響を与えます。

春であれば、プロジェクトの経験を持つ社員は既存のプロジェクトを継続続けたりします。新しいプロジェクトは新入社員が受けたわることが多いです。

みな初めてプロジェクトに携わるので、経験がない人同士で事業を進むことを進めます。

そのため、ゆっくり確実に成長する時間を与えてくれます。これであれば、プロジェクトの仕事に追いつかないことも減ることが出来て、上司が自分に対しての評価も悪化しなくなります。

これは余談になりますが、春に入社した場合、前職を退職しやすくなります。退職する際は少なからず前の会社とトラブルが起きます。それは、人がいなくなると会社は空いた人手を探さないといけないため、人探しをするのに時間がかかるからです。春は、就職を希望する人が多くなるので、会社も無理に離職したい人を引き止めようとしないことがあるのです。

最後に

春に入社した場合のメリットについてみなさんと沢山シェアしてきました。春は沢山のチャンスが待っています。さぁ、転職エージェントを活用して希望の会社に挑みましょう!

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

芸能プロダクションに転職すべきか詳しくまとめてみた
芸能プロダクションへの転職をお考えの方必見。芸能人のマネージャー・売り込みは楽じゃない?休みがあま…
転職エージェント決定版ランキング|おすすめ選び方や使い方
転職エージェントの基本知識、口コミ体験談で見るメリットやデメリット、ビジネスの仕組み、業界職種年齢…
転職エージェントにごり押しされたらどうすればいいのか
転職を考える時、転職エージェントに相談することは正当な手段です。しかし、転職エージェントによっては…
転職エージェントの言いなりは危険!ノルマの存在を理解しよう
転職サイトのエージェントはどうして対応の仕方にムラがあるのか?転職エージェントに課せられているノル…
pagetop