転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職ノウハウ集 > 【2018年最新版】第二新卒で一般職に転職するコツとは

【2018年最新版】第二新卒で一般職に転職するコツとは

🕒 2018/04/24
このエントリーをはてなブックマークに追加
【2018年最新版】第二新卒で一般職に転職するコツとは

第二新卒で一般職に転職するのは、多くの人にとって役立つ経験になります。

「一般職に就職したらもう総合職には戻れないでしょ?」「給料が低くて大変そう」というような悪い印象の言葉をよく耳にします。しかしこれらは真っ赤なウソです。

第二新卒で一般職に転職し、経験を積んだ後に総合職に転職する方も沢山います。さらに総合職に比べ責任や業務時間が短くなる傾向にあるため、ワークライフバランスを重視する方には大変おすすめできます。

今回は総合職との違いなどの基礎知識から、第二新卒で転職を成功させるポイントをご紹介します。

一般職は総合職と何が違う?

この2つはよく比較されます。みなさんも第二新卒の転職活動について考える上で、多く目にしたのではないでしょうか。

以下にて一般職の仕事、総合職との違いの2つに分けて解説をしていきます。

一般職の仕事とは?

総合職や営業職の補助的な事務仕事がメインとなります。そのためルーチンで決まった作業が多くなります。

具体的に言えば、営業で取引先に提出する資料作りや会社運営を円滑にすすめる上で欠かせない事務手続きなどの業務になります。そのため決まった作業を続けるのが苦にならない方や子育てをしながら働きたいという方におすすめです。業務の特性上、女性比率が著しく高いのが現状です。

しかし女性躍進の流れにそって、現在の日本企業では一般職と総合職という枠組みを廃止する企業も増えています。もしかすると今の枠組みは数十年後には消滅しているかもしれません。

総合職との違い

総合職とは将来的に管理職になることを期待されて雇用されている人員のことです。そのため責任の重さや、業務の種類は大きくなります。部署や勤務地の異動も多いです。

しかし給料は総合職の方が多くなります。入社後、長い期間働くほどにその差が開く傾向にあります。

注意するべきなのは、会社によって一般職と総合職の扱い方は違うということです。転職する前に必ずしっかり確認しましょう。

第二新卒で一般職に転職するメリット・デメリット

第二新卒で一般職に転職するメリットとデメリットはなんでしょうか。

第二新卒だからこそ発生するメリットやデメリットは非常に多いです。きちんと理解して転職活動を行いましょう。

一般職の4つのメリット

第二新卒におけるメリットは以下の4つがあります。

  • 新卒に比べて競争率が低い
  • 希望の業界で経験を積むことができる
  • 大企業に入りやすい
  • 総合職に比べてワークライフバランスが充実

まず第二新卒で一般職に転職する場合、新卒に比べて競争率がかなり低くなります。そのため自分の希望の業界に入れる可能性が高くなります。

さらに新卒のときには行くことができなかった業界、働いていて本当に行きたいと思った業界で業務の経験を積むことができます。一般職は資料作成などの事務作業が多いですが、それらの作業は業界に対する知識や経験を積むためには非常に有用です。一般職として経験を積んでから、総合職としてまた転職するという選択肢もあります。

現在は多くの企業が積極的に第二新卒の採用を行っているので、大企業に入ることができる可能性も高くなります。しかし中小企業にも福利厚生がしっかりしていて大企業並みの給料をもらえる会社はあるので、手広く見てみるのがおすすめです。

ワークライフバランスが総合職に比べて充実するのも良い点です。新卒で働いた会社で総合職に向いていないと感じた方にはおすすめです。

一般職の3つのデメリット

デメリットは以下の3つがあります。

  • 給料は総合職に比べて下がる
  • 業務の幅がせまくなる
  • もう一度総合職として活躍するためには相応の経験と成長が必要

給料が総合職に比べて低くなってしまうのは、一般職の最大のデメリットでしょう。さらにこの給料の格差は長く働くに連れて開いていきます。自分の生活を考えた上で、決定しましょう。

doda|第二新卒の一般職を徹底サポート

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数38,033件対応地域全国
非公開求人127,727件ターゲット層20代~35歳以下
強い業界機械・電気メーカー/金融/サービス業年収UP実績2万人以上

社会人経験の浅い第二新卒は、1人で転職活動を進める行動は無謀です。豊富な経験を持つ転職エージェントにサポートしてもらうことを強くおすすめします。

その際、「第二新卒」や「一般職」を中心に良い評判を集めているdodaをぜひお選びください。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

【35歳限界説の消滅】40代が転職成功を叶えるために必要な全知識
40代の転職は無理?なんて話はもう遠い昔。確かに日本の転職活動は、年齢はよくチェックされる重要項目で…
未経験から事務職に転職したいあなたが知っておくべき全知識
このページは「事務職の経験は全くない場合、何をアピールすればいいの?」「未経験OKの求人は本当に未経…
2019年女性に人気の転職先業種とは一体どれ?
女性は男性に比べて転職する人が多いでしょう。この記事では、そんな女性の転職先に人気の業種を紹介しま…
彼女への転職祝いプレゼントには大人なものを贈ろう!
彼女への転職祝いプレゼントを買うときに気を付けるべき点は4点。一つ目は年相応のものを。二つ目は趣向…
pagetop