転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > キャリアのお悩み > 「石の上にも3年」ってアリ?資格がなくとも転職可能な20代!

「石の上にも3年」ってアリ?資格がなくとも転職可能な20代!

🕒 2018/06/19
このエントリーをはてなブックマークに追加
「石の上にも3年」ってアリ?資格がなくとも転職可能な20代!

必死な思いで就活をして見つけた仕事場。だけど、「職場の人とあまりうまくいかない」「仕事が辛い」など仕事が続かないことがあると思います。

転職しようとしても資格を持っていないから受からないと、考える人がいますが安心してください!

よく考えれば「国家資格を取得してます!」「TOEIC何点以上あります!」など履歴書に書いている人のほうがアピールポイントが有り、目に止まることが多いと思いますが、資格があるからと言ってその人が優れているとは限りません。

企業が求めているものは別にあるのです。まだ間に合う資格なし20代の転職の悩みを解決していきます。

資格が無くても転職は可能?

先程も言ったように必ずしも資格を持っている人が受かるわけではありません。一見、資格を取得していることを重要視していると思われがちですが、実は資格の数よりも重要視していることがあります。

資格はその人のスキルとなるものですが、そのスキルは全て資格を手に入れることで身につけられるものではありません。

その一つとして挙げられるのはコミュニケーション能力です。会社で働くならば、まず職場の人とのコミュニケーションが大切となってきます。どんなにスキルがあっても社員同士で連携が取れなければそのスキルを活かすことは出来ないでしょう。もともとコミュニケーション能力がある人であれば、空気の読み方・相手を理解することなど、徐々に職場に対応しすぐに成長することができると言えます。

そのため、面接する際には、資格なしでも「私は人一倍責任感が強いです!」「様々な物事に積極的に参加することが出来ます」など、自分にはこんなスキルがあるのだと資格に負けないくらいのスキルを見せつけることが大切です。

伸びしろのある20代だからできる転職

20代でも一度仕事をやめてしまえばもう一度働くことは難しいという考えが浮かびますが、20代にはまだ希望があります。

20代での転職は、まだ物事を吸収する力があり急成長することができる可能性がとても高いです。30代や40代になるにつれて「自分には自分なりのやり方がある」と新しい事を吸収しようという意欲が20代に比べて低いため、なかなか企業とマッチしないことがあります。また30代にもなればそれなりのスキルがあると判断され、過大評価されやすい傾向にあります。

そのため、20代という若さを利用して企業にどう貢献するか、自分の成長力を企業にイメージしてもらえるように熱意を持ち、より企業の理想とする人物像になることを目指しましょう。

20代の転職状況は?

多くの人は「自分の想像していた職場と違った」「人間関係がうまくいかなかった」「思ったよりも給料が少なかった」などの理由から入社して約3年以内にやめる人が多いです。

そのような理由から次の仕事を探そうと転職する人は全体の約30~40%くらいです。

つまり、約3人に1人の正社員が転職しています。なので、自分だけが転職しているわけでは無いので安心してください。

すぐに取得できる資格は?

「やっぱり資格を持っていないと不安」「20代の内に資格を取ろう!」と考えている人もいるはずですね。そこであったら便利な資格を少し紹介したいと思います。

日商簿記検定:主に企業の財務業務に必要となる会計知識です。この資格はどの企業でも身につけていれば役立つことは間違いありません。

TOEIC:今では英語を扱う国が増えてきているのでグローバル化を目指している企業や外国人との接客がある企業では役立つでしょう。

宅建士:宅地建物取扱士は、不動産の売買を行う際に必要となる資格で、不動産業界に興味がある人には良い資格です。

この他にも役立つ資格がたくさんあるので自分に合った資格を見つけ、転職してみてはいかがでしょうか。

まとめ

少しは資格なしでも転職できると自信がついたでしょうか?誰しも就職して自分が転職することになるとは思ってもいません。また、面接の時点ではその会社の環境などはわかりません。入ってから自分にあっていないと気付いて転職をする人が大半です。

そのため、次の就職の準備をしていないから無理だと思ってしまいますが、諦めないでください。さっき説明したように、企業は資格を重視しているわけではなく、「この人がどれほど貢献できるか」「成長することはできるか」など企業にあった人材を探しているのです。

どんなに点数が取れても「社員との連携が取れない」「何度教えても成長しない」こともあります。つまり、資格にとらわれるのではなく自分を企業に売り出すという考えを持って転職してください。

また、20代であれば伸びしろや向上心がありますし雇ってくれる企業が山程あるはず!もし資格も取りたいと考えている人は、短期間で取得できて広い範囲で役立つ資格を取りましょう。資格なしの20代に皆さん新しい仕事場を見つけて頑張ってください。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

第二新卒の転職成功率って実際どうなの?
第二新卒は近年需要が伸びてきています。しかし、需要が伸びているからと安心していると転職に失敗してし…
20~30代と40歳以降の転職戦略は真逆!正しい転職をしよう
30代と50代の転職の違いについてこのページでご説明します。転職を語る際に、年齢は外せないキーワードで…
20代後半が転職の狙い目!25歳以降の方におすすめの転職サイトランキング
社会に出て初めて就職した企業が自分に合っていない、本来やりたい仕事が見つかった、以前とは違う仕事を…
銀行員1年目で転職したいあなたに知ってもらいたい全知識
銀行員1年目だが今の業務や金融業そのものの将来性に不安を感じたり、新しい仕事がしたいと考える方が非…
pagetop