転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 医療・福祉・介護 > 薬剤師は高収入という噂は本当?実際に貰える金額一覧

薬剤師は高収入という噂は本当?実際に貰える金額一覧

🕒 2018/03/23
このエントリーをはてなブックマークに追加
薬剤師は高収入という噂は本当?実際に貰える金額一覧

皆さんの中で薬剤師とはどのような仕事ですか。

女の人が多く、化学系の専門知識が必要で、給料が良いという感じではないでしょうか。

専門知識が必要であるため、自分にはできないと思っている人が多いと思います。

ただ、大変な仕事である分待遇面もかなり良いでしょう。

転職を考える要因としてまず挙げられるのが給料に満足できないということです。

ただ単に給与が少ないから満足できないということではなく、自分の仕事量に見合った待遇を求めているのです。

そんな皆さんは薬剤師に転職することを考えたことはありますか?

この仕事は責任のある仕事で絶対にミスは許されません。

そういった理由から高収入であるとされています。

それでは具体的に見ていきましょう。

どうして高収入?

転職する際に高収入なだけで決めてしまう人もいるかも知れません。

しかし、どんなに高収入な仕事もそれぞれそれなりの理由があるはずです。

そのため、その理由を知った上でどんな仕事に転職するかを決めるべきです。

それでは、薬剤師の場合はどのような理由が考えられるのでしょうか。

まず、前述した通り大きな責任を負わなければなりません。

何故なら、この仕事は患者の健康に影響を与える仕事だからです。

医者とは違い、直接的に影響を与えることはありませんが、医者が処方した薬を正確に患者に提供しなければなりません。

もしもそこでミスをしてしまった場合、患者の健康を悪化させてしまう可能性があるため、ミスは絶対に許されません。

また、患者が薬を正しく服用できるように說明する必要があるため、薬について深い知識が求められます。

その他に考えられる理由として、薬剤師不足が挙げられます。

つまり、数が減少してきているため、需要が増えてきています。

また、不足しているということは、一人ひとりの働く時間が長いということです。

残業なども多くあり、かなり過酷な労働を強いられる職場も少なくないようです。

また、地方などの少子高齢化が進んでいるところは当然薬剤師も不足しています。

それに反して、老人が多いため薬局の需要はとても多く、こういったことも過酷な労働の原因となっているようです。

このように過酷な労働現場であることが多く、この仕事に定着する人があまりいないというのが現状です。

このような理由から、薬剤師が高収入となっているのではないでしょうか。

具体的に給料はどのくらい?

給料は働く場所によって大きく違うようです。

大きく分けると、病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社の4つがあります。

まず病院の場合は初任給で20万円を超えるところが多く、普通の企業と変わらないかそれ以上であると言えます。

大きな病院の場合、薬剤師が多くいる場合もありますが、その場合は他と比べ給与が少し少ないこともあります。

ただ、メリットとしては安定して働けるということです。

次に調剤薬局は初任給で30万円までいくところもあり、かなり高待遇であると言えます。

ただ、調剤薬局の場合は薬剤師が不足している地域と比較的多い地域とで大きな差があるようです。

不足している地域では一人当たりの仕事量が多くなるので当然給料も高くなります。

ドラッグストアの場合は平均の初任給が30万円程で、他の薬剤師よりも高待遇であると言えます。

製薬会社の場合は初任給は一般企業と同等で、他と比べて低めですが、昇給の割合が高いので生涯収入は一番高いと言われています。

このように、薬剤師の中でも多くの働き方があり、それぞれ給与も大きく違っています。

ただ、共通して言えることは、一般的に見て給料は高い方であるということです。

そのため、転職する際は自分が一番働きやすい職場を選択するべきでしょう。

資格があると給料って上がる?

薬剤師には認定薬剤師という資格があります。

これは薬剤に関する正確で豊富な知識を持っていることを証明する資格です。

この資格を持っていると給与が普通よりも高くなる職場も多いようです。

これは、基本給に資格手当という形で給与を引き上げるようです。

また、認定薬剤師の中にも多くの種類が存在していて、より専門的なものが多く、がんの薬専門の資格などがあります。

資格を取ることは給与面以外にもメリットがあります。

資格を取ることで他の薬剤師と差別化することができます。

そうすることで、自分を認めてもらい、自分を必要とする人が増えるでしょう。

ともかく、薬剤師をやる以上、こういった資格を取ることにデメリットはないでしょう。

さいごに

皆さんは薬剤師が自分からは遠い存在であると思っているかもしれません。

しかし、皆さんにも薬剤師になれるチャンスは多くあります。

上述したように、薬剤師はかなり過酷な仕事であると言えます。

しかし、それは一般的な意見であり、皆さんの中に薬剤師にとても適している方もいるかも知れません。

待遇面もとても良い仕事ですし、一度転職することを考えてみてはいかがでしょうか。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

アセットマネジメントへの転職を成功に導く方法とおすすめ転職エージェント
アセットマネジメントに転職しようと思っても、いろいろ知っているようで実は分からない。専門性の高い金…
※コールセンターに転職したいあなたが知っておくべき全知識
コールセンターの具体的な業務やその種類について言及しながら、向いている転職先を探します。
転職エージェントと年収交渉しないは損!究極の給与交渉法
実力があがれば年収もあがるのは思い込み。年収転職に成功した人のほとんどは給与交渉に成功した人なので…
転職サイトを使わず中途入社したい企業に直接電話はアリ?ナシ?
転職サイトを閲覧したものの登録しないとその先に進めなかったり、面倒な手間をできるだけ省きたいから直…
pagetop