転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 役立つ資格 > 医療・介護・福祉系 > 看護師と薬剤師ってどちらがいい?仕事や給料の事情を徹底比較

看護師と薬剤師ってどちらがいい?仕事や給料の事情を徹底比較

🕒 2019/06/14
このエントリーをはてなブックマークに追加
看護師と薬剤師ってどちらがいいんだろう

皆さんは医療系の仕事に興味を持っていますでしょうか。

医療系の仕事といえば医者や看護師、薬剤師等が挙げられると思います。

医者は相当な知識と努力が必要な仕事であり、そう簡単に目指せるような仕事ではありません。

そこで看護師や薬剤師を目指す人が多いようですが、そのうちどちらを目指すのか迷う人も多いでしょう。

皆さんの決めては様々でしょうが、どちらが自分に合っているのかを理解することが大事であると思います。

仕事内容や待遇面など、多くの人が気になる点を比べていきたいと思います。

看護師や薬剤師はどうすればなれるの?

皆さんもご存知かもしれませんが、どちらも医療に関わる仕事であるため専門的な知識が必要とされる仕事です。

そのため、なるのはそう簡単ではありません。

まず、薬剤師になるためには6年制の薬学部を卒業する、もしくは4年制の薬科学科を卒業後に2年間の大学院に入学し卒業します。

その後、国家試験を受験し、合格すると薬剤師になることができます。

薬剤師国家試験の合格率は70%を超えており、比較的高いと言えますが、試験が1年に一回のみの開催のため、一度不合格になってしまうと薬剤師になれるのが1年遅れてしまいます。

そのため、薬剤師になるためには最低でも6年かかるということになります。

また、費用も相当かかってしまいます。

薬学部の一般的な学費は1年間200万円なので、6年間で1,200万円かかります。

これは日本人の生涯平均収入に近い金額であり、かなりの高額であると言えます。

次に看護師ですが、看護師になるには看護師資格を取得する必要があります。

また、国家試験を受験するには看護大学や看護師専門学校など、どんな仕事をするのかについて専門的に勉強をする育成機関において3年間以上の学習を経る必要があります。

国家試験の合格率は意外に高く、90%を超えています。

ただ、国家資格なので簡単なものではないでしょう。

しっかりとした準備をしたほうが良いでしょう。

また、看護師になるための学費は500万円以内であり、薬剤師と比べるとかなり低いと言えます。

なるのも最低4年でなれるため、この2つだと看護師では看護師のほうがなりやすいと言えるでしょう。

看護師や薬剤師はそれぞれどんな仕事をするのだろう

薬剤師の主な仕事は調剤、服薬指導、薬歴管理、創薬などです。

どれも専門知識が必要で、大きな責任が伴う仕事です。

薬剤師は病院や製薬会社、調剤薬局など、職場によって業務内容が異なります。

しかし、どの職場でも薬のエキスパートとしての役割があり、責任感を持っていなければ務まりません。

では、看護師はどのようなことをするのでしょうか。

皆さんも想像しやすいと思いますが、基本的には医者の補助的業務を行います。

それに加え、患者のお世話なども業務内容の一部です。

また、手術の補助の仕事を行う場合もあります。

そのため知識はもちろん、忍耐力も必要となる仕事です。

また、薬剤師と共通して言えるのが、責任が重大であるということです。

看護師は採血など、直接的に患者と関わります。

そのためミスをしてしまうと直接的に患者の健康に影響を与えてしまうため、絶対にミスは許されません。

また、看護師は患者と直接関わるため、患者の症状の回復や悪化を感じることができます。

つまり、やりがいをより多く得ることができるのは看護師なのではないでしょうか。

看護師や薬剤師の待遇面はどっちがいいの

待遇面は働くうえで大きなことです。

では、この2つの職業ではどちらの方が待遇が良いのでしょうか。

薬剤師は一般的に女性が多い職業です。

そのため、薬剤師がいる職場では育児休暇などの長期休暇制度を設けているところが多いようです。

給与の面では、600万円前後が基本的なようです。

この数字を見るとあまり高くないですが、国家資格を持っているため安定して働くことができます。

20代から500万円近い報酬を得ることができるため、待遇面は比較的良いと言えるでしょう。

次に看護師です。

平均年収は薬剤師よりも少し低く、おおよそ500万円となっています。

看護師の年収は年齢が上がるにつれて上がるようで、50歳を超えると600万円近くまで昇給するようです。

これらの仕事は肉体的にかなりハードであり、また、人の命が懸かっているため精神的にもとてもハードであると言えます。

そのため、給与面は両者ともそこまで高いとは言えませんが、長期休暇がもらえるという点では良い待遇であると言えます。

また、安定して働けるというのも共通して良いと言えます。

薬剤師に特化した転職サイト『薬キャリ』

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数約4万件対応地域全国
非公開求人-ターゲット層転職したい薬剤師
強い業界医療年収UP実績96%が年収アップに成功

これらの職業に優劣をつけるのはとても難しいでしょう。

自分の正確などをよく観察し、皆さんそれぞれがどちらに適しているのかを見極めることが必要なのではないでしょうか。

また、どちらも患者の健康に関わる重要な仕事であるため、責任感というのがとても大事であると思います。

どちらを選択するにせよ、そこは心に言い聞かせておくと良いでしょう。

薬剤師の仕事探しなら、最大手の『薬キャリ』がおすすめ。

看護師の転職サイトNo.1は『看護のお仕事』

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数12万件対応地域全国対応
非公開求人非公開ターゲット層看護師
強い業界看護師年収UP実績

「看護のお仕事」では、経験豊かなプロフェッショナルのキャリアアドバイザーによる全面的サポートのもと、完全無料で看護師派遣に頭を抱える方々を適切な職場に導きます。

まず希望や条件をヒアリングし、その後条件にマッチした希望入職先の病院を素早くご紹介します。さらに、職場での人間関係や病院内の情報といった、簡単には手に入らないような情報も入手できるのです。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

国家公務員が仕事しながら税理士に転職できるのか?

現在国家公務員の人でも税理士になりたいと思って税理士試験を受験している人は多くなっています。

※アパレル業界に転職したいあなたが知っておくべき全知識
アパレル業界へ転職するメリット、デメリットって?未知の世界になりがちなアパレル業界を徹底分析してい…
文系は営業職に回される?【営業以外】の職種に就くためのポイント
文系学生は営業に回されるというイメージが強いですが、これには納得の理由があります。しかしそんな中で…
【2018最新】会計士向け転職セミナーをまとめました

公認会計士である皆さんの知識は様々な場所で活かすことが出来ます。今回、公認会計士向けの転職セミ…

pagetop