転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 企業研究 > 旭化成への転職を考える

旭化成への転職を考える

🕒 2018/04/02
このエントリーをはてなブックマークに追加
旭化成への転職を考える

皆さんは旭化成という会社をご存知でしょうか。

おそらくほとんどの人が知っている企業であると思います。

では皆さんはこの会社についてどの程度知っておられるでしょうか。

名前は聞いたことはあるけれど、どんな事をしている企業なのかあまり良く知らないという人もいると思います。

また、どのくらいの人がそこに就職することを考えたことがあるでしょうか。

皆さんは転職をするにあたって考えることが多いと思います。

それでは、皆さんが気になっているであろう年収など、転職時に大事になってくるようなことを一つ一つ見ていき、転職先として良い企業であるのかを考えていきましょう。

どんな会社なのか

旭化成は1931年に設立された東京都千代田区に本社を置く企業です。

連結での従業員数は3万人を超えており、かなりの大企業であると言えます。

事業としては、繊維事業やケミカル事業などのマテリアル系、住宅事業や建材事業などの住宅系、医療事業や医療事業などのヘルスケア系の3つを主に行っています。

この様に様々な分野の事業行っており、世界20ヶ国以上に拠点を置くなどして、グローバルな企業になりつつあります。

一言で言うとこの会社はメーカーの一つです。

現在多くの日本企業が世界進出を勧めており、海外での顧客獲得に力を入れています。

それは日本の需要減少が大きな要因であると言えます。

皆さんもご存知の通り、日本は人口減少と共に少子高齢化が進んでいます。

それによりあらゆるものに対する需要が減少してきてしまっています。

そのため、メーカーはこれからも成長し続けるために海外進出が必要不可欠であると言えます。

競合他社

前述したとおり、旭化成は主に原料・住宅・医療という3つの事業を行っていますが、他にも化学品なども扱っており、日本を代表する総合化学メーカーであるとも言えます。

化学品の面では国内で三本の指に入るほどのとてもマーケットシェアの高い企業です。

そんな旭化成の競合他社としては、三菱ケミカルホールディングスや、住友化学株式会社、東レなどが挙げられます。

三菱ケミカルホールディングスは三菱のグループ会社の一つであり、日本最大の総合科学メーカーです。

次に住友化学株式会社は住友のグループ会社です。

こちらは日本で2位の総合科学メーカーであり、旭化成の最大のライバルであると言えます。

やはり三菱や住友など、大きな財閥のグループ会社は資金力がとても強いため様々なことに挑戦できるのでしょう。

多くの分野において成功することでメーカーの売上は上がります。

また、顧客の数が多ければ多いほど売上が上がります。

旭化成は海外に拠点を置くなど、海外進出に大きな力を注いでいます。

そのため、これから大きな成長を期待できるでしょう。

競合はかなり大きい会社ですが負けないくらいの力は持っていると言えるのではないでしょうか。

働く環境

皆さんは働く上でどうしても待遇面は気なってしまうのではないでしょうか。

では、旭化成の待遇面はどの様な感じなのでしょうか。

まず、給与から見ていきましょう。

平均年収は年によってばらつきがあるようです。

多い年では平均900万円を超えていました。

しかし、800万円を下回る年もあるため、安定感がないように思えます。

ただ、決して低い年収ではないのは確かです。

30代で多くの社員が700万円を超え、40代のうちに1,000万円に達する社員もいるようです。

昇給も比較的しやすいと言えるのではないでしょうか。

また、これは一般職なども入れた年収であり、総合職の場合、年収1,000万円を超える人はかなり多いようです。

大企業なだけあり、給与面は満足のいくものであると言えます。

では、他の待遇面はいかがでしょうか。

産休などの止む終えない長期休暇の制度は充実しているようです。

それに加え、福利厚生も非常に充実しているようです。

そのため、女性にとっては比較的働きやすい職場であると言えるでしょう。

しかし、社員数ではやはり男性の方が多く男性が中心であることは否めません。

また、女性が多く長期休暇を取ることで男性の負担が増えてしまうようなので、そこは難しい問題であると言えます。

ただ、残業は基本的には20時間ほどであり、そこまで多い方ではありません。

そのたね、プライベートも充実させることが出来るのかも知れません。

また、若いうちから良い評価をもらえることもあり、社員の働くモチベーションは高いと予想できます。

最後に

旭化成という会社は皆さんの目にはどう写っているでしょうか。

皆さんが転職位において求めているものは人それぞれであるため、一概には言えませんが、一般的に見ると待遇もよく働きがいのある会社であると言えます。

また、これからの成長も期待できる日本企業の一つです。

向上心があり日本企業の海外進出に貢献したい方やある程度の待遇を求めている方などは一度旭化成への転職を考えてみてもいいでしょう。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

本田技研に転職すべき?口コミから分かる転職の必勝法
本田技研への転職を考えているあなたに、本田技研の基本的な情報や働いている人の口コミを紹介していく。
キーエンスに転職すべき?年収|社風|社員の評判をまとめて紹介
日本一高い給料を出す会社「キーエンス」。なぜそんなに高い給料が出せるのか、高い売り上げを出す秘密は…
武田薬品工業に転職すべき?口コミからみた会社の年収や評判
医薬品国内売上第一位を誇る「武田薬品工業」。活躍の幅は国内から海外まで。武田薬品に転職を考えている…
KONAMIに転職するべき?口コミから徹底解説!
数々の名作ゲームを生み出してきた「KONAMI」。KONAMIとはどんな会社なのか?気になる給料や残業時間は?K…
pagetop