転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 企業研究 > あの話題の成長企業に転職する方法を紹介!

あの話題の成長企業に転職する方法を紹介!

🕒 2018/06/15
このエントリーをはてなブックマークに追加
あの話題の成長企業に転職する方法を紹介!

転職するならもちろん成長企業ですよね。

ではどのようにしてそんな企業を見つけられるのでしょうか?

そんな企業の見つけ方がわからないという方は多いのではないでしょうか。

そんな方は必見!実際の企業の力を決算書から読み解き成長企業かどうか判断する方法を細かくご紹介していきます。

そんな方は必見!

実際の企業の力を決算書から読み解き成長企業かどうか判断する方法を細かくご紹介していきます。

成長企業を見分けるカギはなに?

成長企業を見分けるカギはなんでしょうか

やはり、企業の決算書から読み取っていくことが一番なのではないでしょうか。

決算書にはその企業が現状どれくらいの力を持っているか、これからどれだけ成長していく余地があるのかが書かれています。

その決算書で注目するのが売り上げ利益の伸び率です。

売上高と利益の伸び率を見ることでその企業が成長企業であるかないかがわかるのです。

決算書を見ることで企業の現状を知り、その企業にお金を稼ぐ力があるのか、成長していけるのかが判断できるのです。

売上高伸び率とはなんでしょうか

売上高伸び率とは前年度の売上高と当期の売上をもとに算出した比率のことで競合企業がある場合はこの比率と資本を比較することもできます。

さて、に決算書と言ってもその中身は大きく分けて、3つに分かれています。

1つ目は貸借対照表。

2つ目は損益計算書。

最後の3つ目はキャッシュ・フロー計算書です。

それぞれ何を示しているのか詳しくご紹介していきたいと思います。

決算書で何がわかるの?

決算書と企業の関係についてご紹介してきましたが更に詳しく決算書の中身について見ていきましょう。

先ほどもご紹介しましたが決算書は貸借対照表・損益計算書・キャッシュ・フロー計算書で構成されています。

貸借対照表はその企業の実際の資金繰りについて危うい点はないか、どれくらいの資産を持っているかを指しています。

損益計算晶ではその企業がどれくらい稼いでいるのか、お金を生み出せるのかを読み取ることができます。

キャッシュ・フロー計算書はその企業の1年間の資金繰りが記載されており企業の経済規模を知ることができます。

これらの情報を駆使して、その企業が実際に成長しているのか、成長しそうなのかどうかをはかることができるのです。

<転職する際には必ず目を通して企業の実態を掴みましょう。

更に損益計算書を見ると売上総利益・営業利益・形状利益・税引前当期利益・当期利益などがあり、これらを駆使することで株や不動産などの資産の利益を含まず純粋にその企業が事業でいくら儲けたかが分かったりもするのです。

ただ資産をたくさん持っている企業が成長企業とは限りません。

決算書の中身をよくみて企業の実態を掴まなければならないのです。

他には研究開発費の面を見ることでその企業がどれくらい新製品やサービスの開発に注力しているかがわかります。

これらの情報がみたいと思ってもどのようにして見ればいいのかわからない方も居るでしょう。

そういう場合は、『会社四季報』や「○○会社 決算短信」・「○○会社 IR情報」とインターネットで調べれば簡単に決算書をみることができるのです。

成長企業に転職する!

成長企業の探し方を見てきました。

決算書を読むことが出来れば企業の実態を掴みより優位に転職活動をすることができるようになるかもしれません。

しかし、しっかりと決算書を読み解かないと実は不健全な経営をしていた、なんてこともあるので見かけに騙されず、数字をみてよく考える様にしましょう。

今後発展していく企業を見つけるのはとても難しいですが見極められるツールが一つでもあるならあるに越したことはありません。

成長企業を知るカギは決算書一つだけではありません。

SNSやインターネットなどの情報発信ツールが盛んな現代様々な情報媒体を上手に駆使していくことも不可欠です。

今では様々な転職支援サイトがあります。それらを活用することも重要でしょう。

実際に企業を訪問しその企業を知ることも転職のカギになるのではないでしょうか。

いかがでしょう、成長企業の探し方、転職方法などご紹介してきました一筋縄では行かない成長企業への転職にスポットを当ててご紹介してきました。

これを機に様々な決算書を見てみましょう。そうすれば、事業内容や経営者などにとらわれる事無く新たな視点から企業を見ることができるようになるのではないでしょうか。

転職する際には自分のやりたいことを明確にし、計画性を持って行うようにしましょう。

どのような職種に付きたいのか、転職条件はどういったものかなど考えなく他はならないものがたくさんあります。

収入や企業の動向だけで転職を決めてしまうのは良い決断とは言えないでしょう。

せっかく成長企業に転職できたとしても合わずにすぐに辞めてしまうのであれば意味がありません。

妥協をせず自分の納得できる転職先をこの記事を利用してぜひ探してみてはいかがでしょう。

この記事を読んでいるあなたはきっとよい転職先に転職巡り会えますよ!

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

※アウトドア業界に転職したいあなたが知っておくべき全知識
いつかアウトドア関係の仕事をしてみたいな、と考えていませんか。このページでアウトドア業界についてど…
転職エージェントと年収交渉しないは損!究極の給与交渉法
実力があがれば年収もあがるのは思い込み。年収転職に成功した人のほとんどは給与交渉に成功した人なので…
ブラック企業に転職しないための見分け方
ブラック企業と巷ではよく聞きますが、この実態はどんな企業のことを指しているのか、転職失敗しないため…
バンクオブアメリカ・メリルリンチに転職希望の方必見!
米系外資銀行の大手に位置するバンクオブアメリカ・メリルリンチに転職希望者必見!年収など転職前に予備…
pagetop