転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 事務 > 「事務職への転職」を成功させる方法と絶対に使うべきサービス5選

「事務職への転職」を成功させる方法と絶対に使うべきサービス5選

🕒 2019/05/09
このエントリーをはてなブックマークに追加
「事務職への転職」を成功させる方法と絶対に使うべきサービス5選

事務職の転職は他の業界とどこが違うのか、どんな転職サービスを使えば一番有利になるのか?といった疑問が求職者の中で常に存在します。あなたもそう悩んでいませんか?

事務職に転職するといっても、前職は同じ事務職なのか、まったくの未経験なのか、専門職として働きたいのかなど、様々なタイプの求職者がいます。

転職サービスも、それぞれ異なるタイプの方に合わせて作られているので、どのサービスを選べばいいのかはケースバイケースです。

利用する転職支援サービスを間違えると、門前払いを食らうのはもちろん、仮に転職できたとしても、生涯の年収が一億円変わったり、出世の有無につながるので、慎重に選ぶに越したことはありません。

このページでは、業界最大手の人材会社で活躍しているコンサルタントの知見をもとに、 事務職への転職を成功させるために、下記2点をアドバイスいたします。

  • 事務職の転職事情
  • 事務職に強い転職サイト・転職エージェント5選

最後まで読むと、あなたの状況に最もふさわしい転職戦略を立てられ、事務職として転職することができるでしょう。

事務職の転職事情

オフィスワークの代表である事務職。どの業界でも事務職の仕事をこなせる人材への需要が大きく、求人数も景気好転を背景に増加傾向にあり、これから転職しようとする方にとって狙い目ともいえるのが「事務職」です。

人材獲得競争が最近激しくなってきており、今まで同職種の経験を求めてきた企業も、未経験歓迎の求人枠を増やすなど採用基準の緩和を進めています。特に金融業界や人材業界の事務職求人が活発の傾向にあります。

各業界のトップ企業が事務職に求めるスキルや資質

ひとくち事務職といっても、業務の範囲はとても幅広いです。

会社の基本的な仕事をする一般事務のほかに、クライアントへのお茶出しやPCソフトを使った顧客管理、営業さんのサポートを行うこともあります。

ここではそんな幅広い業務をこなすために共通して企業が求めているスキルや資質をご説明します。

WordやExcelなど基本的なPCスキル

新卒とは違い、中途採用の事務職は「PCソフトを問題なく扱えること」が最低限に求められるスキルです。

デスクワーク中心の事務職なので、ワードやエクセル、パワーポイント、アウトルックなどの基本的なソフトはどの業界でも使えて当たり前のようになっています。

パソコンに苦手意識を持っている方は、別の職種を検討するか、講座を受講してスキルを高めておくことをおすすめします。

細かい作業をコツコツできる資質

具体的にどんな職種にもよりますが、大概の場合、顧客データ管理やクライアント対応などミスが許されない仕事が多いのが事務職です。

「堅実で人に安心感を与える」、「コツコツと地味な仕事でも丁寧にできる」、「小さな間違いでも気づける」などが事務職に求められるポイントですので、「細かい作業をコツコツできる資質」を持っていることを書類や面接でアピールすると効果的です。

正しいビジネスマナーを身に着けよう

どの職種でもそうですが、とくに営業関連の業務がメインの営業事務は他部門やクライアントとのコミュニケーションが多くなるため、正しいビジネスマナーが求められいます。

特にクライアントとの調整を行う場合、営業の代わりに会社の顔として認識される場合も少なくないので、失礼のない対応を心がけるべきですね。

コミュニケーションの点では、営業職の経験がある方は優遇される可能性が高いです。営業職の経験がなくても、何かしらの積極経験があると相手に失礼のないマナーが備わっていると見られるため、アピールすべきポイントです。

2017.11.06
事務系の転職は資格不要の求人もありますが、資格を持っておくと実力の証明にでき、より良い会社に転職できる可能性が高くなります。このページでは、2019年最新の事務系転職に有利な資格をご紹介。

事務職に強い転職サイト・転職エージェント5選

事務職の求人は基本どの業界でもあるため、対応している転職サービスも、日本全国で400社以上に及びます。すべての会社が 事務職の転職に実績があるわけではなく、どんなものを使うかをしっかりと自分で判断する必要があります。

最も合理的な選び方は『 事務職の求人が豊富な大手転職サイト1社以上』と 事務職に対応しているサービスの中でも専門性が高い『特化型転職エージェント2社以上』を併用することです。

そうすると、異なるタイプの転職サービスの間でシナジー効果が発生し、理想の会社をもれなく見つけることができるでしょう。

今回は、400社以上ある転職サービスの中で、 事務職に転職しようとする方におすすめの転職サイト・転職エージェントを5つ厳選し、それぞれの『 事務職求人の傾向』『サービスの特徴』をご説明します。

リクナビNEXT|事務職におすすめ転職サイトNo.1

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数9152件対応地域全国
非公開求人約10万件ターゲット層転職したい社会人
強い業界IT/メーカー/サービス/小売年収UP実績80%

『リクナビNEXT』は人材会社最大手のリクルート傘下の社会人向け転職サイトです。

リクナビNEXTに公開されている事務職求人は2017年7月現在1700件以上もあります。

また、そのほぼ9割が東京、大阪、名古屋に勤務地を置いており、求人の平均年収はおおよそ380万程度となっています。

リクナビNEXTに掲載されている事務職の求人の特徴と傾向

リクナビNEXTを使って事務職に転職したい方にとって、どのような求人が掲載されているのかが一番の関心事ですね。ここでは企業側が提示している条件の特徴や傾向をご紹介します。

リクナビNEXTの事務職求人の平均年収は380万円程度

事務職に強い転職サイトのリクナビNEXTは、事務・管理のカテゴリー内の求人が1700件以上掲載されています。経理の資格を必要としない一般事務、受付、秘書などの職種に絞っても1000件以上あります(2017年7月現在)。

求人を見ていくと20代の年収は300万円前後で、30代は300万円から400万円程度、40代は400万円から500万円程度の幅で年収を提示している会社がほとんどです。

また、事務職の中でも大きくないものの年収の差があります。貿易事務や一般事務は秘書・受付や営業事務より年収が高い傾向にあります。

事務職のボーナスは会社規模に関係するので一般的な傾向はいえませんが、基本給2ヵ月分の求人が目立ちます。

リクナビNEXTで募集している事務職の勤務地は都市部に集中している

リクナビNEXTに掲載されている事務職の求人を勤務地別に見ると、東京や大阪、名古屋などの都市部に集中していること。

1700件以上ある事務職の求人を勤務地別で見てみると、関東だけでも1300件、関西と東海地方も含めたら1500件もあり、全体のほぼ9割です。

つまり、都市部の求人に強い転職サイトなので東京や大阪、名古屋といった都市部で事務職への転職を考えている人にとって非常に使い勝手が良いと言えるでしょう。

『リクナビNEXT』のサービス特徴

リクナビNEXTで事務職への転職を考えたときには、あれこれ考えるよりもまずは問い合わせを行うべきです。なぜなら、行動に移せずにいるこの瞬間でも、優良求人の採用枠が埋まっていっているからです。

事務職を経験したコンサルタントがサポートしてくれる

リクナビNEXTは求人検索や企業への応募だけじゃなく、興味を持った企業や400社以上の提携転職エージェントからオファーが届くこともあります。

また、提携転職エージェントの中に事務職出身など実際に現場で働いていたコンサルタントもいるので、事務職を経験した人にしか分からない曖昧な部分をよく理解した上で、もっとも相応しい求人企業を紹介してくれます。

事務職でキャリアアップしたい方や違う会社で働きたいけどまず何をすればいいか迷うという方は、まずはリクナビNEXTに無料会員して試しに使ってみましょう。

非公開求人は掘り出し物が多い

実はリクナビNEXTでは、普通に検索しても出てこない非公開の求人が多数あります。

一般に公開にすると応募者が殺到してしまうためあえて非公開にするのが非公開求人で、給与やポジションが良い掘り出し物ばかりです。

こういった非公開求人の情報を開示してもらうには、リクナビNEXTに問い合わせを行う必要があるので、Web上に掲載されている求人の中で、満足できるものがないなと感じた場合は、問い合わせて非公開求人を紹介してもらうことをおすすめします。

dodaエージェント|国内初の2人担当体制

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数38,033件対応地域全国
非公開求人127,727件ターゲット層ミドル層
強い業界機械・電気メーカー/金融/サービス業年収UP実績2万人以上

『doda』は株式会社パーソルキャリア(元インテリジェンス)が運営しているヤング層に強い転職サイトです。

dodaエージェントサービスに掲載されている事務職求人は2017年7月現在おおよそ1500件もあります。

東京がその半分以上を占めますが、地方都市を勤務地としている求人も他社より多いです。

転職で迷ったらまずdodaのコンサルタントに悩みを聞いてもらいましょう。その後どうすべきかは、相談してから考えることです。

dodaに掲載されている事務職の求人の特徴と傾向

dodaを利用して事務職に転職したい方は、まず確認しておきたいのが掲載される求人の特徴と全体的な傾向です。全体像が分かって初めて自分の立ち位置が分かるようになります。

ここでは求人全体の特徴や傾向をご紹介します。

dodaの事務職求人の平均年収は350万円前後

事務職に強い転職エージェントのdodaは、事務・アシスタントの求人が約1500件(2017年7月現在)掲載されています。具体的に見ていくと営業事務・一般事務が最も多く半分以上を占めています。金融事務や医療事務、通訳など専門性の高い求人は比較的に少ないです。

また、求人の給与面を見ていくと300万円から400万円の間が最もボリュームが高く、事務職の平均年収は350万円なので、求人が350万円前後に集中しているのは当たり前といえば当たり前です。

ただし事務職の経験が長い方に500万円以上の年収を提示している会社も少なくありません。

勤務地は東京以外ならどの地域でも大差がない

dodaに掲載されている事務職の求人を勤務地別に見てみると、首都圏だけで1000件近くあります。

首都圏以外の地域の求人に関しては、程よく分散しており、どの地域でも大差がありません。強いて言えば、大阪府、愛知県や福岡県の求人が比較的に活発な状態です。これらの地域はいずれも事務職の方にとって理想の勤務地と言えるでしょう。

dodaは全国に対応しているので、どの人気エリアへの転職もサポートできるのが魅力的です。

『doda』のサービス特徴

転職するかしないかで迷うときには、まず無料のキャリアコンサルタント面談を利用して、キャリアの棚卸しを行ってみましょう。何も行動せずに悩むよりも、プロのコンサルタントからアドバイスをもらった方が役に立ちます。

事務職に精通するコンサルタントがサポートしてくれる

doda転職エージェントサービスには経験豊富なキャリアコンサルタントが多数在籍しており、転職をサポートしてくれます。

中では元々事務職として現場で働いていたコンサルタントもいるので、知識が浅いコンサルタントよりも適切なアドバイスをしてくれたり、自分の本当のニーズを分かってくれたりします。

未経験から事務職への転職を考えている方や転職をなんとなくしてみたいと思っているが何をすればいいのかわからないという方は、とりあえずdodaに問い合わせしてキャリアコンサルタントとの面談を無料申し込みしてみてはいかがでしょうか。

経歴によってレアな非公開求人を紹介してくれることも

キャリアコンサルタントと面談すれば、Web上には公開されていない非公開の求人を紹介してくれることもあります。

そういった非公開求人は、担当コンサルタントがひとり一人の経歴をしっかり見たうえで、「その人にとって一番いい選択肢」を提案してくれたものばかりです。

自分の考えを再確認すると同時に、もしかするとマッチしているレアな非公開求人も紹介してくれるのは、dodaエージェントサービスの良いところなんですね。

リクルートエージェント|事務職経験者コンサル人数No.1

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数30,118件(2017年8月)対応地域全国
非公開求人147,228件(2017年8月)ターゲット層総合
強い業界全ての業界に強い年収UP実績7割

『リクルートエージェント』はリクルート社が運営している転職エージェントです。業界トップレベルの非公開求人数がその強みとなります。

リクルートエージェントが取り扱っている事務職の求人は2017年8月時点で公開と非公開を併せて1万件以上あります。

その8割は東京が占めています。事務職求人の平均年収はおおよそ430万円程度となっています。

リクルートエージェントは業界最大手のリクルートが運営している転職支援サービスできめ細かくサポートを受けることができ、しかもすべて無料なのです。ライバルである他の転職希望者も使っている人が多いので、同じスタートラインに立つという意味でも、リクルートエージェントを利用してみることをおすすめします。

リクルートエージェントに掲載されている事務職の求人の特徴と傾向

リクルートエージェントを使って事務職に転職したい方にとって、どのような求人が掲載されているのかが一番の関心事ですね。ここでは企業側が提示している条件の特徴や傾向をご紹介します。

リクルートエージェントの事務職求人の平均年収は430万円程度

事務職に長けているリクルートエージェントでは、事務職を管理・事務というカテゴリ内で見つけることができます。2017年8月現在、公開求人は900件近く表示されており、非公開求人は9600件以上ありかなり豊富です。

傾向として、経理や語学、PCのスキルを求める求人が非常に多いので、それらのスキルがある求人の年収も高めとなっており、1000万円を超えることもあります。

リクルートエージェントで募集している事務職の勤務地は大都市圏に集中

リクルートエージェントに掲載されている事務職の求人を勤務地別に見ると、東京や神奈川、千葉、大阪などの大都市部に集中していることがわかります。

その中で東京にある求人は全体のほぼ8割を占めており、東京や東京近辺、大阪の求人を狙っている人にとって非常に情報量が豊富で使いやすい転職エージェントとなります。

地方で働きたい人は、担当コンサルタントに希望エリアを細かく伝えれば、1万件近くある非公開求人の中でそのエリアに対応している案件を見つけてくれるので心配する必要はありません。大都市圏より選択肢が減りますが、その分、求人を一つ一つじっくり比べることができます。

『リクルートエージェント』のサービス特徴

リクルートエージェントは国内トップクラスの求人データベースを持っているため、真剣に探せば理想の求人が見つかります。しかし時には、たとえ「東京23区にあるIT業界のアプリケーションエンジニア」というように細かく条件を絞り込んで検索しても求人はまだまだたくさんあるため、求人選びで迷いやすいという点に関しては大手転職エージェントを利用する際によくある贅沢な悩みです。

迷ったら転職エージェントと相談を

自分で求人を探すのが難しいと感じた場合、転職エージェントの手助けがあるといいかもしれません。

転職エージェントは企業と転職希望者の間に立って、転職活動をサポートしてくれる存在です。

担当のキャリアコンサルタントに自分の状況と希望する条件を簡単に話せば、代わりにふさわしい求人を見つけてくれます。その際に自分で検索して閲覧できる求人はもちろん、キャリアコンサルタントの判断によって一般に公開されていない好条件の非公開求人も紹介してくれる場合もあります。

リクルートエージェントはその圧倒的な求人数と経験豊富なアドバイザー人材が評判で、悔いのない転職活動をするにはぜひ利用しましょう。

一つの転職エージェントに頼ってしまうと情報が偏るのではないかと心配であれば、同じくリクルートキャリアが運営している転職サイトのリクナビNEXTに登録すると、400社を超える提携転職エージェントからオファーを貰うことができるようになります。このようにリクナビNEXTとリクルートエージェントを並行して利用すると業界大手のリクルートキャリアの強みをフルに活用できます。

ビズリーチ|高年収事務職求人数No.1

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数68000対応地域全国
非公開求人有りターゲット層エグゼクティブ層
強い業界IT/メーカー/金融年収UP実績9割

『ビズリーチ』は急成長している株式会社ビズリーチが立ち上げたハイキャリア向けの転職サービスです。申込型ではなく、ヘッドハンティング型であることが最大の特徴だと言えるでしょう。

ビズリーチに掲載されている事務・管理職求人は2017年7月現在4000件近くあります。

日本全国に対応するだけじゃなく、海外勤務も可能で、「年収1000万円は、通過点」というように750万円以上のハイキャリア求人が大半を占めます。

まずは無料会員として登録しておき、本気で転職を始める際に、他社にないサービスを活用できる有料会員にアップグレードして利用すると良いでしょう。

ビズリーチに掲載されている事務職の求人の特徴と傾向

ここでは企業側が提示している条件の特徴や傾向をご説明します。

ビズリーチの事務・管理職求人の平均年収は750万以上

ターゲットユーザーをハイエンド層に絞っていることもあり、ビズリーチに掲載されている事務・管理職年収の平均は750万円を超えています。

さらに、法律・財務・貿易の専門性が高く要求されたりプロジェクト全体に関わるような仕事の場合には、年収800万~1200万円くらいに額が上がる傾向にあります。

また、ビズリーチの求人には年収600万円~1000万円といったような幅が大きい求人が提示されるケースが多く、自身のスキルや経験に応じて大きく変動します。

中には年収2000万円を超える求人もあるので、平均値ではなく自分のスキルや経験やヘッドハンターからのスカウトの数を見て客観的に判断した方が正しい市場価値がわかります。ビズリーチの場合、1つでもスカウトが届くのであれば、それなりの市場価値があると判断していいでしょう。

ビズリーチで募集している事務・管理職は東京に集中しており海外勤務のチャンスも

ビズリーチに掲載されている事務・管理職は現在約4000件近くあり、そのうちの3000件に及ぶ求人の勤務地は東京であるという特徴があります。

地方:東京=1:3くらいの割合であり、またアメリカ・中国・シンガポールなど海外勤務の高給与求人もそれなりの数があります。

今の給料に不満を持っていてかつ経歴に自信がある方は、ぜひビズリーチを利用してより高い年収やポジションを狙いましょう。

ビズリーチを使って内定を獲得するに必要なスキルや経験

業界初のハイクラスの求人に特化したヘッドハンティング型の転職サービスとして有名なビズリーチですが、そこに求人を掲載している企業は一体どんなスキルや経験が求められているのかをご紹介します。

マネジメントスキルと専門知識が必要

事務系管理職となれば、ワードやエクセルのスキルよりはるかに重要となってくるのは人を動かす力やチームワークの雰囲気が作れるかどうかです。

また、チーム全体の動きを把握する必要があるので、俯瞰的に物事を見て的確な指示を出すために法律・技術・財務・マネジメントなどの専門知識がある人が求められています。

前職でしっかりとマネジメントスキルと専門性を磨いておくとスカウトされる確率が一気に上がります。

事務系管理職への転職には3年以上の経験が必要

事務系とは言え、お茶汲みなどじゃなく会社の業績を左右する管理職の立場なので、ある程度の業界実務経験がないと採用条件に満たせない可能性が高いです。

例えば「3年以上の連結決算実務経験者」というような、専門性の高い仕事をした経験のある人で、なおかつ少なくとも3年以上のキャリアがある人が求められます。

したがって、まだ未経験もしくは経験が非常に浅い方はビズリーチではなく、「リクナビエージェント」など一般的な転職エージェントがおすすめです。

『ビズリーチ』のサービス特徴

ビズリーチで転職を検討する際には、何よりもまずは会員登録して、経歴をできる限り具体的に記入することが大事です。

1200名を超えるヘッドハンターによるピンポイント求人の紹介

ビズリーチには1200名を超えるヘッドハンターが在籍しており、彼(彼女)はぴったりな人材を企業に送り込むプラであり、かなりの精度で自分にマッチした求人を紹介してくれます。

ビズリーチで転職する場合は、まず専門転職エージェントに登録しておき、仕事しつつスカウトを待ち、ぽつりぽつり紹介される求人の面接をしていくという流れとなっています。

ビズリーチは数より質を重視しており、大量のスカウトメールが届くことはありません。本当に自分に合ったスカウトしか届かないので、届いたら早めに確認するようにしましょう。

ハイクラスの非公開求人を検索できる

管理職レベルの転職は大半が非公開求人で、市場にどんな仕事があるか、今求められる事務職職はどんなスキルや経験を持つかは、転職エージェントからしか聞けないのが一般的です。

ところで、ビズリーチではハイクラスの非公開求人を「自分から検索できる」サービスを提供しています。

紹介された仕事以外にもより給料が高く、自分にできる仕事があるじゃないかと転職希望者であれば知っておきたいのが心情ですよね。有料サービスではありますが、非公開求人を検索できて、自分の市場価値を客観的に知ることができ、メリットは計り知れません。

マイナビエージェント|20代におすすめ転職エージェントNo.1

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数8760件(2017年8月時点)対応地域全国
非公開求人ターゲット層総合
強い業界メーカー/サービス/IT/不動産/流通年収UP実績6割

『マイナビ転職』は石原さとみをイメージキャラクターとして起用していることで知名度が急上昇している転職サイトです。新卒の就活でもお馴染みのマイナビ株式会社が運営しています。

マイナビ転職が取り扱っている事務職の求人は2017年8月時点で1990件以上あります。

その9割が関東と関西が占めています。事務職求人の平均年収はおおよそ490万円程度となっています。

また、マイナビ独自の求人が全体の82%を占めているので、他のサイトにすでに登録している場合でもマイナビ転職を使う価値が十分にあります。業界やトピックに特化した専門サイトもあるので、ぜひ活用してみてください。

マイナビ転職に掲載されている事務職求人の特徴と傾向

マイナビ転職を使って事務職に転職したい方にとって、どのような求人が掲載されているのかが一番の関心事ですね。ここでは企業側が提示している条件の特徴や傾向をご紹介します。

マイナビ転職の事務職求人の平均年収は490万円程度

事務職に強い転職サイトのマイナビ転職は、事務・管理に分類されている求人が1990件(2017年8月時点)以上掲載されています。経理の資格を必要としない一般事務、受付、秘書などの職種1300件以上あります(2017年8月現在)。

求人を見ていくと1年目の年収は300万円前後で、3年目の年収は300万円から400万円程度、5年目からは400万円から500万円程度の幅で年収を提示している会社が目立ちます。

また、事務職のボーナスは会社規模に関係するので一概に言えませんが、基本給2ヵ月分が普通のラインといったところでしょうか。

マイナビ転職で募集している事務職の勤務地は都市部に集中している

マイナビ転職に掲載されている事務職の求人を勤務地別に見ると、東京や大阪、名古屋などの都市部に集中している傾向が見えてきます

2000件ほどある事務職の求人を勤務地別で見てみると、東京は1100件、関西は800件と全体のほぼ9割です。

つまり、都市部の求人に強い転職サイトなので東京や大阪、名古屋といった都市部で事務職への転職を考えている人にとって非常に情報量が豊富で使いやすいでしょう。

『マイナビ転職』のサービス特徴

マイナビ転職は国内トップクラスの求人データベースを持っているため、ちょっと探せばたくさんの求人が見つかります。複合検索もできるので「東京品川区にある時短勤務制度を設けている旅行会社の事務職」というような極めて細かく条件を絞り込んで検索でき、かつその条件に見合う求人がたくさんあるため、理想の求人に出会える確率が高いです。

迷ったら転職エージェントと相談を

自分で求人を探すのが難しいと感じた場合、転職エージェントの手助けがあるといいかもしれません。

転職エージェントは企業と転職希望者の間に立って、転職活動をサポートしてくれる存在です。

担当のキャリアコンサルタントに自分の状況と希望する条件を簡単に話せば、代わりにふさわしい求人を見つけてくれます。その際に自分で検索して閲覧できる求人はもちろん、キャリアコンサルタントの判断によって一般に公開されていない好条件の非公開求人も紹介してくれる場合もあります。

マイナビ転職もエージェントサービスを提供しており、それに無料申込すれば転職全般について経験豊富なアドバイザーがフォローしてくれます。

一つの転職エージェントに頼ってしまうと情報が偏るのではないかと心配であれば、業界最大手の転職サイトであるリクナビNEXTにも登録しましょう。そうすると400社を超える提携転職エージェントからオファーを貰うことができるようになります。このように転職サイトのツートップであるマイナビ転職とリクナビNEXTを並行して利用すると情報戦とも言われている転職活動で優位に立てますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。改めて今回ご紹介した転職サービスをおさらいしましょう。

事務職の求人をカバーできる総合系大手転職サイト

  • リクナビNEXT

  • マイナビ転職

事務職に詳しい担当者がサポートする特化型転職エージェント

  • dodaエージェントサービス

  • リクルートエージェント

事務職・福祉系専門職に強いハイキャリア向けヘッドハンティングサービス

  • ビズリーチ

あなたが事務職へ無事に転職できることを、心の底から願っております。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

転職口コミサイトの信憑性って?鵜呑みにしたら危険!
自分が就職するかもしれない企業がどんな企業なのかというのはどの就活生も気になるところですよね。そこ…
40代、50代女性の働き方と利用すべき転職エージェントまとめ
40代、50代女性に向けた転職サイトの紹介です。転職するにあたってどういった仕事が適しているのか、注意…
比較してわかったリクナビNEXTとマイナビ転職の違い・差別化
社会人であればほとんどが知っている大手の転職サイトであるリクナビNEXTとマイナビ転職サイト。同じく大…
企業が20代/30代/40代に求めるものの決定的な違いとは
転職活動において自分の熱意をアピールするのはいいのですが、企業が求めるものも知っておかなければなり…
pagetop