転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > メーカー・製造 > 「製造業界での転職」を成功させる方法と絶対に使うべきサービス5選

「製造業界での転職」を成功させる方法と絶対に使うべきサービス5選

🕒 2018/01/31
このエントリーをはてなブックマークに追加
「製造業界での転職」を成功させる方法と絶対に使うべきサービス5選

製造業界の転職は他の業界とどこが違うのか、どんな転職サービスを使えば一番有利になるのか?といった疑問が求職者の中で常に存在します。あなたもそう悩んでいませんか?

製造業界に転職するといっても、前職は同じ製造業界なのか、まったくの未経験なのか、専門職として働きたいのかなど、様々なタイプの求職者がいます。

転職サービスも、それぞれ異なるタイプの方に合わせて作られているので、どのサービスを選べばいいのかはケースバイケースです。

利用する転職支援サービスを間違えると、門前払いを食らうのはもちろん、仮に転職できたとしても、生涯の年収が一億円変わったり、出世に雲泥の差が生じたりする可能性もあるので、慎重に選ぶに越したことはありません。

このページでは、業界最大手の人材会社で活躍しているコンサルタントの知見をもとに、製造業界への転職を成功させるために、下記2点をアドバイスいたします。

  • 製造業界の転職事情
  • 製造業界に強い転職サイト・転職エージェント5選

最後まで読むと、あなたの状況に最もふさわしい転職戦略を立てられ、製造業界のリーディングカンパニーに転職することができるでしょう。

製造業界の転職事情

2017年前半はイギリスのEU脱退問題、米国大統領選および貿易政策の動向で大きく変動する記事がありましたが、製造業・メーカーの中途採用は全体的に活発化の傾向にあります。自動運転技術やIoTに絡んだ技術革新のニーズが高い自動車関連業界はエンジニアの通年採用人数は大幅に増やしているほか、機械・電気・電子業界や化学・素材業界の採用人数は軒並み前年比から増加しています。

転職市場で比較的に有利な機械系や電気系の設計エンジニアをはじめ、ものづくりに関わる各種業界・職種の求人を網羅的に掲載しているのがマイナビ転職の強み。今回はリクルートエージェントにある求人の傾向をまとめ、サービスの活用方法をご紹介します。メーカーへ転職しようとする方は必見です。

製造業界のトップ企業が求める人物像とは

ここでは製造業界のトップ企業の経営者や人事担当者が営業職に求めるスキルや資質をご紹介します。

一般的にメーカーは技術系と事務系両方の中途採用を行っています。事務系であれば、営業職のようにものを売るのがメインの仕事になります。その他にも原材料の購買を担当したり、法務や人事など会社の運営をサポートする仕事もあります。技術系であれば、製品を新規に開発したり既存製品の行う設計、現場における生産管理や工程進捗管理、バイヤーが購入してきた部品の品質チェックなどがあります。ここでは、マイナビ転職で求人を掲載している製造業メーカーの人事や経営者が求めるスキルや資質を事務系・技術系に分けてご紹介します。

メーカーの営業マンは「クライアントに使わせるスキル」が求められている

ものづくり・メーカー業界で戦う営業職は、とにかく情熱が必要です。「何と言われようが、この高機能製品をお客様に使わせる!」という姿勢が大事であり、営業のやりがい、醍醐味でもあります。「この部品・材料・製品を使えば御社の売上が劇的に増加しますよ」といったデータを技術系の担当者からもらってプレゼンします。

そうするとクライアントにけちをつけられる場合が多いですが、営業マンはここで引き下がらずに「ではどういったデータが必要ですか?」「私は違うと思います。なぜなら~」というように都合のいい方向に話を持っていく人は重宝されます。次のアクションに繋げることで、徐々にクライアントが求めることは何が見えてくるわけです。

技術系人材求めるスキルや資質

技術系は事務系と違って自社が製造する製品に限りなく近くにいるので、製品に対する愛着が湧きやすいと言われています。求められるスキルや資質も営業職のように一概にまとめることができません。

設計エンジニアであれば、クライアントのニーズをしっかり汲み取り、求められる機能・デザインを忠実に製品に反映することが何よりも大事です。生産管理を担当する場合は、顧客が指定した納期を目標に逆算して、生産現場や購買とうまく調整し、出荷までの生産スケジュールを組み立て、管理するスキルが求められます。品質保証関係の仕事は、設計エンジニアが作った規格・仕様に合っているかどうかをきちんと細かくチェックするので、丁寧に仕事をこなす資質を持っている人は重宝されます。このように、仕事内容によって求められるスキルや資質が異なるのがメーカ―で働く技術職の特徴ですね。

2017.11.01
このページでは、アパレル、金融、介護など何か一つの業界に特化した転職サイトをご紹介しています。それぞれの業界の中で一番おすすめの転職サイトを厳選!

製造業界に強い転職サイト・転職エージェント5選

製造業界に対応している転職サービスは、日本全国で400社以上が存在します。すべての会社が製造業界の転職に実績があるわけではなく、どんなものを使うかをしっかりと自分で判断する必要があります。

最も合理的な選び方は『製造業界の求人が豊富な大手転職サイト1社以上』と製造業界に対応しているサービスの中でも専門性が高い『特化型転職エージェント2社以上』を併用することです。

そうすると、異なるタイプの転職サービスの間でシナジー効果が発生し、理想の会社をもれなく見つけることができるでしょう。

今回は、400社以上ある転職サービスの中で、製造業界に転職しようとする方におすすめの転職サイト・転職エージェントを5つ厳選し、それぞれの『製造業界求人の傾向』『サービスの特徴』をご説明します。

リクナビNEXT

リクナビNEXTの画面

『リクナビNEXT』は人材会社最大手のリクルート傘下の社会人向け転職サイトです。

リクナビNEXTで閲覧可能となっている製造業界の求人は2017年7月時点で1100件ほどあります。

リクナビNEXTで閲覧可能となっているものづくり系エンジニアの求人は2017年7月時点で1000件以上あります。

また、関東・東海・関西エリアの求人数が突出しており、そのほかの地域もそれぞれ100件を超える求人が保証されます。

リクナビNEXTに掲載されている製造業界の求人の特徴と傾向

まずはリクナビNEXTにあるものづくり・メーカーの求人を全体的に見て、どんな特徴や傾向があるかをご説明します。

リクナビNEXTのものづくり・メーカー求人の平均年収は650万円

リクナビNEXTに掲載されているものづくり・メーカー業界の企業側が提示している平均年収は650万円程度となっています。

さらに仕事内容別に細かく見ていくと、産業機械の電気設計、自動車関連の機械系・電気系エンジニアは平均を上まわり、800万円を提示する求人も散見されます。

ドル高円安の好影響を受け堅調に輸出を伸ばしている業界や最近技術に取り組んでいる業界は、高い給与で優秀な人材を確保する傾向にあります。

相応の技術や経験があれば、より高い給与を提示する企業に容易に転職できるのは、ものづくりエンジニアならではの強みと言えます。

希望条件を絞り込む際に、平均年収だけでなく自分のスキルや経験を客観的に見て希望する待遇を決めたほうが、良い求人を見逃しにくいですね。

現段階の平均年収は時代の流れとともに大きく変動するので、、メーカーに転職するなら先を見据えた企業研究もしっかり行って自分の理想にあった会社を探してみてください。

リクナビNEXTで募集しているメーカーの求人は関東・東海・関西三強の構図となっている

リクナビNEXTに掲載されているメーカーの求人数は、機械・電気・電子・制御・半導体を含めて1000件以上あります(2017年7月現在)。

地域別に見ていくと、約3割は東京を勤務地に置いている求人で、東海と関西はそれぞれ2.5割、2割といったところでしょうか。また、東北、九州、北海道などの地方エリアもそれぞれ100~200件の求人数を保有しているので、「転職して地元で働きたいけどそもそも選択肢が狭すぎる...」というようなことはリクナビNEXTではあり得ません。また、勤務なしや海外転勤ありなど人それぞれの要望に細かく対応する求人が多いというのも魅力のポイントですね。

『リクナビNEXT』のサービス特徴

転職を考えてリクナビNEXTでいろんな求人を見比べするときに、様々な項目をチェックしなければならないので大変です。自分に合った求人が見つからなかったり迷いを感じたりした場合は問い合わせをして、アドバイスをもらいに行くとスムーズです。

気になる求人があったらとりあえず気になるリストに登録しよう

リクナビNEXTは求人の検索や企業への応募ができるだけじゃなく、気になった企業や400社以上ある提携転職エージェントからのオファーをもらうこともできます。

意外とすぐに採用枠が埋まりますので、気になる求人があったらとりあえず応募してみることが大切です。入力した個人情報にマッチした求人があったら、転職エージェントからオファーが届く場合もあります。オファーが来たらすぐに確認するようにしましょう。

好条件の非公開求人を紹介してもらえるチャンスも

実はリクナビNEXTでは、一般の方が閲覧できない非公開求人を多数保有しています。

こういった非公開求人は往々にして責任が大きいポジションであったり給料が良かったりするので掘り出し物の求人が意外に簡単に見つかります。

非公開求人を見られるようにするには、リクナビNEXTに問い合わせをする以外に方法はありません。Web上の求人の中で、自分にマッチするものが少ないと感じた場合は、問い合わせを行った非公開求人を開示してもらうという手もアリです。

doda

リクナビNEXTの画面

『doda』は株式会社パーソルキャリア(元インテリジェンス)が運営しているヤング層に強い転職サイトです。

dodaで閲覧可能となっているものづくり系エンジニアの求人は2017年7月時点で14000件もあります。

また、求人数をみると関東・東海・関西の三強という構図になっており、平均年収は630万円前後で推移しているといったところでしょうか。

dodaを使えば2人による転職サポートを受けられる上、Web上で見られる公開求人の以外にも好条件や高年収の非公開求人を紹介してもらうことも可能です。

dodaに掲載されている製造業界の求人の特徴と傾向

まずはdodaにあるものづくり・メーカーの求人を全体的に見て、どんな特徴や傾向があるかをご説明します。

dodaのものづくり・メーカー求人の平均年収は630万円

dodaに掲載されているものづくり・メーカー業界の企業側が提示している平均年収は630万円程度となっています。

さらに仕事内容別で細かく見ていくと、産業機械の電気設計や化学・素材の開発、自動車関連の設計エンジニアは平均をやや上まわり、年収700万円代に分布する求人が一番多いようです。

ドル高円安の好影響を受け堅調に輸出を伸ばしている業界や最近技術に取り組んでいる各社は、高い給与で優秀な人材を確保する傾向にあります。

ポジションに相応のスキルや経験があれば、より高い給与を提示する企業に比較的に転職しやすいのは、ものづくりエンジニアならではの強みと言えます。

希望条件を絞り込む際に、平均年収だけでなく自分のスキルや経験を客観的に見て希望する待遇を決めたほうが、良い求人を見逃しにくいですね。

現段階の平均年収は時代の流れとともに大きく変動するので、メーカーに転職するなら先を見据えた企業研究もしっかり行って自分の理想にあった会社を探してみてください。

dodaで募集しているメーカーの求人は関東・東海・関西三強の構図となっている

dodaに掲載されているメーカーの求人数は、機械・電気、建築・インフラ、化学・素材を含めて14000件以上あります(2017年7月現在)。

地域別に見ていくと、東京都・神奈川県・名古屋・大阪それぞれ3000件以上あるといったところでしょうか。また、東北、九州、北海道などの地方エリアもそれぞれ1000件以上の求人数を保有しているので、都市部でバリバリ働きたい人はもちろん選択肢がたくさんありますし、「転職して地元で働きたいけどそもそも選択肢が狭すぎる...」というようなことはdodaを使う場合であれば絶対にありません。また、転勤なしや海外転勤ありなど転職者それぞれの要望に柔軟的に対応する案件が多いというのも魅力的です。

『doda』のサービス特徴

転職するかしないかで迷うときには、まず無料のキャリアコンサルタント面談を利用して、キャリアの棚卸しを行ってみましょう。何も行動せずに悩むよりも、プロのコンサルタントからアドバイスをしてもらったほうが役に立ちます。

営業職に精通するコンサルタントがサポートしてくれる

doda転職には経験豊富なキャリアコンサルタントが多数在籍しており、転職希望者1人に対して2人体制でサポートしてくれます。

中では元々製造業界で働いていたコンサルタントが圧倒的に多いので、製造の知識が浅いコンサルタントよりも適切なアドバイスをしてくれます。

未経験から営業職への転職を考えている方やなんとなく職場を変えてみたいけど何をすればいいのかわからないという方は、とりあえずdodaに問い合わせしてキャリアコンサルタントと面談をしましょう。

秘匿性の高い非公開求人を紹介してもらえる

キャリアコンサルタントと面談すれば、Web上には公開されていない非公開の求人を紹介してくれることもあります。

そういった非公開求人は、担当コンサルタントがひとり一人の経歴をしっかり見たうえで、「その人にとって一番いい選択肢」を提案してくれたものばかりです。

キャリアの棚卸しを手伝ってくれたり、もしかすると掘り出し物の求人案件も紹介してくれたり、dodaの無料相談はメリットしかないです。

リクルートエージェント

リクナビNEXTの画面

『リクルートエージェント』はリクルート社が運営している転職エージェントです。業界トップレベルの非公開求人数がその強みとなります。

リクルートエージェントで閲覧可能となっているものづくりメーカーの求人は2017年8月時点で36,000件もあります。

また、求人数をみると関東や東海のほうが比較的に多く、他の地方もバランスよく求人が分散されています。平均年収は仕事内容や業界によりますが、だいたい600万円から1000万円までの範囲で推移しているといったところでしょうか。ニーズが大きいポジションですと1500万円を提示するメーカーも少なくありません。

そんな高給与の求人は高い確率で非公開求人となっており、応募を可能にするためにはまずリクルートエージェントに登録することが必須です。求人の選択肢が増えるだけじゃなく、難関企業の選考対策レポートなど希少性、秘匿性が高い情報も得られますので、ほとんどの転職経験者は利用したことがある転職支援サービスとなっています。

リクルートエージェントに掲載されている製造業界の求人の特徴と傾向

まずはリクルートエージェントにあるものづくり・メーカーの求人を全体的に見て、どんな特徴や傾向があるかをご説明します。

リクルートエージェントのものづくり・メーカー求人の平均年収は600万円~1000万円で推移

リクルートエージェントに掲載されているものづくり・メーカー業界の企業側が提示している平均年収は幅が大きく、600万円から1000万円までの範囲で推移する傾向にあります。

さらに仕事内容別で細かく見ていくと、産業機械の電気設計や化学・素材の開発、自動車関連の設計エンジニアは平均をやや上まわり、年収800万円代に分布する求人が一番多いようです。

ドル高円安の好影響を受け堅調に輸出を伸ばしている業界や最近技術に取り組んでいる各社は、高い給与で優秀な人材を確保する傾向にあります。

ポジションに相応のスキルや経験があれば、より高い給与を提示する企業に比較的に転職しやすくなっています。それがものづくりエンジニアならではの強みと言えます。

希望条件を絞り込む際に、平均年収だけでなく自分のスキルや経験を客観的に見て希望する待遇を決めたほうが、良い求人を見逃しにくいですね。

現段階の平均年収は時代の流れとともに大きく変動するので、メーカーに転職するなら先を見据えた企業研究もしっかり行って自分の理想にあった会社を探してみてください。

リクルートエージェントで募集しているメーカーの求人は東海が関東を逆転

リクルートエージェントに掲載されているメーカーの求人は機械・電気・電子と化学・素材という二つのカテゴリに分類されています。非公開も含めた求人の数は、機械・電気・電子業界が31,000件、化学・素材業界が5,100件となっています。

地域別に見ていくと、関東や東海が他の地域を上まわっており、自動車産業が発達している東海地方は首都圏を逆転する現象も起きています。リクルートエージェントが紹介してくれるメーカーは比較的にバランスよく全国に勤務地を設けているので、都市部でバリバリ働きたい人はもちろん選択肢がたくさんありますし、「転職して地元で働きたいけどそもそも選択肢が狭すぎる...」というようなことはリクルートエージェントを使う場合であれば絶対にありません。また、転勤なしや海外転勤ありなど転職者それぞれの要望に柔軟的に対応する案件が多いというのも魅力的です。

『リクルートエージェント』のサービス特徴

リクルートエージェントは国内トップクラスの求人データベースを持っているため、真剣に探せば理想の求人が見つかります。しかし時には、たとえ「東京23区にある製造業界のアプリケーションエンジニア」というように細かく条件を絞り込んで検索しても求人はまだまだたくさんあるため、求人選びで迷いやすいという点に関しては大手転職エージェントを利用する際によくある贅沢な悩みです。

迷ったら転職エージェントと相談を

自分で求人を探すのが難しいと感じた場合、転職エージェントの手助けがあるといいかもしれません。

転職エージェントは企業と転職希望者の間に立って、転職活動をサポートしてくれる存在です。

担当のキャリアコンサルタントに自分の状況と希望する条件を簡単に話せば、代わりにふさわしい求人を見つけてくれます。その際に自分で検索して閲覧できる求人はもちろん、キャリアコンサルタントの判断によって一般に公開されていない好条件の非公開求人も紹介してくれる場合もあります。

リクルートエージェントはその圧倒的な求人数と経験豊富なアドバイザー人材が評判で、悔いのない転職活動をするにはぜひ利用しましょう。

一つの転職エージェントに頼ってしまうと情報が偏るのではないかと心配であれば、同じくリクルートキャリアが運営している転職サイトのリクナビNEXTに登録すると、400社を超える提携転職エージェントからオファーを貰うことができるようになります。このようにリクナビNEXTとリクルートエージェントを並行して利用すると業界大手のリクルートキャリアの強みをフルに活用できます。

ビズリーチ

ビズリーチの画面

『ビズリーチ』は急成長している株式会社ビズリーチが立ち上げたハイキャリア向けの転職サービスです。申込型ではなく、ヘッドハンティング型であることが最大の特徴だと言えるでしょう。

ビズリーチで閲覧可能となっているものづくり系エンジニアの求人は2017年7月時点で6700件程度あります。

また、そのほとんどが東京にあり、求人の平均年収はおおよそ1200万円前後となっています。

国内唯一のヘッドハンティング型有料転職サービスとして有名なビズリーチは、Web上で見られる公開求人の以外にも好条件や高年収の非公開求人がたくさんあるので、登録しておくと損はないでしょう。

ビズリーチに掲載されている製造業界の求人の特徴と傾向

まずはビズリーチにあるものづくり・メーカーの求人を全体的に見て、どんな特徴や傾向があるかをご説明します。

ビズリーチのものづくり・メーカー求人の平均年収は1200万円

ビズリーチに掲載されているものづくり・メーカー業界の企業側が提示している年収は幅が大きいのですが平均して1200万円程度となっています。また、応相談とだけ書いてある求人が非常に多く、ハイキャリアの求人ですと実力に応じた給与が提示される傾向にありますね。

さらに仕事内容別に細かく見ていくと、産業ロボットの設計、海外生産拠点の品質管理、自動車関連の機械系・電気系エンジニアの求人が全般的に多く、給与も高い部類に入ります。

ドル高円安の好影響を受け堅調に輸出を伸ばしている業界や最近技術に取り組んでいる業界は、高い給与で優秀な人材を確保する傾向にありますね。

相応の技術や経験があれば、より高い給与を提示する企業に容易に転職できるのは、ものづくりエンジニアならではの強みと言えます。

希望条件を絞り込む際に、平均年収だけでなく自分のスキルや経験を客観的に見て希望する待遇を決めたほうが、良い求人を見逃しにくいですね。

現段階の平均年収は時代の流れとともに大きく変動するので、、メーカーに転職するなら先を見据えた企業研究もしっかり行って自分の理想にあった会社を探してみてください。

ビズリーチで募集しているメーカーの求人は都市部や海外に集中している

ビズリーチに掲載されているメーカーの求人数は、自動車・電機・精密機器・素材など全業種を含めると6700件以上あります(2017年7月現在)。

地域別に見ていくと、約7割は東京を勤務地に置いている求人で、地方と海外はそれぞれ2:1といったところでしょうか。勤務なしや海外転勤ありなど人それぞれの要望に細かく対応する案件もあり、勤務地をさほど気にせずに求人を探せます。

『ビズリーチ』のサービス特徴

ビズリーチの使い方は他の転職エージェントと違って、自分からエージェントに相談しに行くことはありません。経歴を記入したあとに、企業の人事部やヘッドハンターからのスカウトが届くまで気長に待つことが大事です。

有料サービスならではの強み

ビズリーチは、会員登録しないと見られない一流企業の非公開求人、厳しい審査を突破した優秀なヘッドハンターによるスカウトといった質の高いサービスを提供してます。

さらに2980円~4980円/30日間の有料会員になれば、非公開求人を自ら検索・応募可能になり、特別スカウトの閲覧・返信もできるようになります。

有料サービスなので、求人の質を高い水準に保たないと会員数が激減します。ビズリーチは今も会員数が右肩上がりなので、それだけ求人に魅力がある証拠です。

ヘッドハンターを信用度で選べる

「転職エージェントやヘッドハンターは人にとって当たりはずれがあってちょっと怖い」という方に、ぜひビズリーチのヘッドハンター検索システムを活用してほしいです。

ビズリーチでは、1400人以上在籍しているヘッドハンターから、得意な業種や業界での経験などの条件を絞り込んで検索することができます。

また、ビズリーチスコアという複数の指標から数字で評価する仕組みがあり、ヘッドハンターをSからDまでランク付けしています。

どのヘッドハンターは自分に合っているか、どれぐらい信用できるかなどは一目瞭然とは言わないまでも、選ぶ際の目安となり得るでしょう。

自分にピッタリなヘッドハンターを味方につけると、転職成功の確率がぐんとあがるに違いありません。

マイナビ転職

マイナビ転職の画面

『マイナビ転職』は石原さとみをイメージキャラクターとして起用していることで知名度が急上昇している転職サイトです。新卒の就活でもお馴染みのマイナビ株式会社が運営しています。

マイナビ転職が取り扱っているメーカーの求人は2017年8月時点で2000件以上あります。

その半分以上は東京と名古屋にあり、その他のエリアにも程よく分散されています。メーカーの平均年収はおおよそ500万円~800万円という幅で推移することが多いです。

マイナビ独自の求人が全体の82%を占めているので、他のサイトにすでに登録している場合でもマイナビ転職を使う価値が十分にあります。業界やトピックに特化した専門サイトもあるので、ぜひ活用してみてください。

マイナビ転職に掲載されている製造業界求人の特徴と傾向

まずはマイナビ転職にあるものづくり・メーカーの求人を全体的に見て、どんな特徴や傾向があるかをご説明します。

マイナビ転職のものづくり・メーカー求人の平均年収は500万円~800万円で推移

マイナビ転職に掲載されている電気・機械・自動車・半導体業界平均年収は平均700万円以上と最も高く、化学・素材業界は600万前後となっています。建設・土木は平均よりやや低く、500万円~700万円という幅の求人が一番多いです。メーカーという一括りで見ると業界全体の平均年収は500万円~800万円程度となっています。

さらに仕事内容別で細かく見ていくと、産業機械の電気設計や化学・素材の開発、自動車関連の設計エンジニアは平均を上まわり、年収800万円代に分布する求人が一番多いようです。

ドル高円安の好影響を受け堅調に輸出を伸ばしている業界や最近技術に取り組んでいる各社は、高い給与で優秀な人材を確保する傾向にあります。

ポジションに相応のスキルや経験があれば、より高い給与を提示する企業に比較的に転職しやすくなっています。それがものづくりエンジニアならではの強みと言えます。

希望条件を絞り込む際に、平均年収だけでなく自分のスキルや経験を客観的に見て希望する待遇を決めたほうが、良い求人を見逃しにくいですね。

現段階の平均年収は時代の流れとともに大きく変動するので、メーカーに転職するなら先を見据えた企業研究もしっかり行って自分の理想にあった会社を探してみてください。

マイナビ転職で募集しているメーカーの求人は東海が関東を逆転

マイナビ転職に掲載されているメーカーの求人数については、最近は超売り手市場と言われる建築・土木業界が1000件以上とニーズが堅調で、電気・電子・機械・半導体も800件以上あります。医療・食品・化学・素材業界は170件程度でメーカー全体は2000件を上回っています。

地域別に見ていくと、関東や東海が他の地域を上まわっており、自動車産業が発達している東海地方は首都圏を逆転する記事もしばしば出てきます。マイナビ転職が紹介してくれるメーカーは比較的にバランスよく全国に勤務地を設けているので、都市部でバリバリ働きたい人はもちろん選択肢がたくさんありますし、「転職して地元で働きたいけどそもそも選択肢が狭すぎる...」というようなことはマイナビ転職を使う場合であれば絶対にありません。また、転勤なしや海外転勤ありなど転職者それぞれの要望に柔軟的に対応する案件が多いというのも魅力的です。

『マイナビ転職』のサービス特徴

マイナビ転職は国内トップクラスの求人データベースを持っているため、よく探せば職歴に合う求人が見つかるはずです。

例えば「名古屋にある有給消化率が高い自動車メーカーの営業職」というように細かく条件を絞り込んで検索でき、かつその条件に見合う求人がたくさんあるため、理想の求人に出会える確率が高いです。

迷ったら転職エージェントと相談を

自分で求人を探すのが難しいと感じた場合、転職エージェントの手助けがあるといいかもしれません。

転職エージェントは企業と転職希望者の間に立って、転職活動をサポートしてくれる存在です。

担当のキャリアコンサルタントに自分の状況と希望する条件を簡単に話せば、代わりにふさわしい求人を見つけてくれます。その際に自分で検索して閲覧できる求人はもちろん、キャリアコンサルタントの判断によって一般に公開されていない好条件の非公開求人も紹介してくれる場合もあります。

マイナビ転職もエージェントサービスを提供しており、それに無料申込すれば転職全般について経験豊富なアドバイザーがフォローしてくれます。

最後に

いかがでしたでしょうか。改めて今回ご紹介した転職サービスをおさらいしましょう。

製造業界の求人をカバーできる総合系大手転職サイト

  • リクナビNEXT

  • マイナビ転職

製造業界に詳しい担当者がサポートする特化型転職エージェント

  • dodaエージェントサービス

  • リクルートエージェント

製造系専門職に強いハイキャリア向けヘッドハンティングサービス

  • ビズリーチ

あなたが製造業界への転職が成功できることを、心の底から願っております。

関連する他の記事

中小企業に転職したいあなたへ失敗しない企業の選び方をご紹介
中小企業への転職を希望しているという方も多いのではないでしょうか。今回は中小企業への転職の際に気を…
『JACリクルートメント』の最新の登録方法をわかりやすく解説!
JACリクルートメントに登録しようとしている方が踏むべき全手順を解説しています。有効活用したいなら登…
人事担当者の目に留まるドイツ語検定資格を取得して就職・転職を有利に
今回はまず、ドイツ語力を証明できるおすすめの資格を3つご紹介します。そしてドイツ語検定がどの程度転…
30代の転職支援に強いおすすめ転職サイトのランキングと失敗しない使い方
現在、転職を考えている30代の方必見!なかなか転職を希望していても良い職場が見つからない。どういった…
pagetop