転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 営業職の転職 > 営業職から転職したい!おすすめ転職先と転職成功ポイントを解説

営業職から転職したい!おすすめ転職先と転職成功ポイントを解説

🕒 2021/04/01
このエントリーをはてなブックマークに追加
営業職から転職したい!おすすめ転職先と転職成功ポイントを解説

「営業職から転職したい…」
「ノルマに追われる日々はイヤだ…」
「顧客対応、もう疲れたわ…」

などなど、営業職にお勤めの方でこうお思いの方もいますよね。

仕事にやりがいは持てても、プレッシャーに押しつぶされる場面が多いため、精神的に疲れるのも無理はない話です。

実際のところ営業職から転職する方は多く、特段珍しいことではありません。

ですが現状維持で転職意思が固まらないままだと、ただただ消耗するだけ…。

今回はそんな営業職から転職したい方に向けて、おすすめの職種、転職成功のポイント、営業職からの転職でおすすめの転職エージェントをご紹介します。

転職するか否かの判断材料にするためにも、ぜひ最後までお読みください。

営業職から転職したい方は多い…!

「営業職から転職したいと思っている人なんて、そういないんじゃ…」と思うかもしれませんが、実はそんなこともありません。

Twitterでの声を見てみると、営業職から転職したい人の声が多く挙がっているんです。

営業職から転職したいのはご自身だけではありません。

周りに営業職から転職したい方いっぱいますので、気にする必要はありませんよ。

営業職からの転職に向いてる仕事ってある?活かせるスキルは?

営業職は仕事幅が広いため、業務内容を掘り下げていくと他のしごとでも活かせるスキルが十分身についている可能性が高いです。

具体的に営業職で身についているとされるスキルは、以下の通りです。

  • 資料作成
  • マーケティング調査
  • 電話対応力
  • 交渉・折衝力
  • 相手の求めるものを察する能力
  • 提案力
  • PCスキル
  • 情報収集力
  • スケジューリング能力
  • コミュニケーション能力・話術
  • 分析力 など

他にもありますが、キリがないくらい営業職ではスキルが身につきます。

営業職から転職したいならば、身についたスキルを上手に活かせる仕事を選ぶのをおすすめします。

次の章から上記スキルも活かせる、おすすめの職種を解説していきます。

営業職からどの職種に転職すべき?

さて営業職から転職するにしても、一体どんなお仕事に転職すべきか詳しく見ていきましょう。

具体的には以下の通りです。

  1. 事務・オフィスワーク職
  2. 企画・マーケティング職
  3. プログラマー
  4. システムエンジニア
  5. セールスエンジニア
  6. 人事職

①事務・オフィスワーク職

事務職のメリット
  • 未経験OKの求人が多い
  • ノルマに追われることがない
  • 完全土日休みのケースが多い
  • 「営業事務」だと前職の経験を活かしやすい
事務職のデメリット
  • 年収が下がる可能性が高い
  • ルーティンワークが多く地味なことが多い
  • 実績は努力を認められにくい
  • 求人倍率が上がるケースが高い
事務職が向いている人の特徴
  • コツコツと物事を進められる人
  • 人をサポートするのが好きな人
  • 物事に柔軟に対応できる人

事務・オフィスワーク職は一般事務、経理事務、営業事務などとその種類は豊富。

なかでも「営業事務」は営業職の人をサポートするお仕事で、営業経験をしっかり活かせることでしょう。

事務職未経験からでも応募できる求人はかなり多いため、門戸が広くおすすめです。

さらに事務職はノルマに追われることもなく、完全土日休みのケースが多いです。

働きやすさ、プライベートとの両立の観点で、営業職から事務職に転職する方も多いんですよ。

また事務職だとPCスキル(Excel・Wordなど)も必須ですが、その点は営業職で培ったスキルでカバーできますね。

②企画・マーケティング職

企画・マーケティング職のメリット
  • 未経験者でも採用のチャンスがある
  • 広い人脈を築きやすい
  • 自社商品・サービスに制作段階から関われる
  • ニーズが景気に左右されにくい
  • アイデ ア・考えを商品として残せる
企画・マーケティング職のデメリット
  • 時間をかけても結果が出ないことが多い
  • 仕事は忙しくなる傾向にある
  • 精神的・体力的にタフでないと仕事が続きにくい
企画・マーケティング職が向いている人の特徴
  • 戦略を立てて行動できる人
  • 決定事項を着実に実行できる人
  • 周囲の人を巻き込める人

企画・マーケティング職は今日の高い仕事で、プロモーション企画・管理・運用、市場調査・データ分析などを行う仕事です。

他の仕事と違ってセンスが試される場面が多く、流行や思考に対して敏感な方におすすめ。

事務職と同様に未経験者でも採用のチャンスがあり、今後も需要の高いお仕事といえます。

営業職では提案力を活きるため、「どうすれば上手く提案できるか」「どんな切り口で企画を推し進めるべきか」と深く思考できますよね。

③プログラマー

プログラマーのメリット
  • ノルマンや契約獲得数の概念がない
  • 一つの業務に集中しやすい
  • 仕事をして専門スキルを磨ける
  • 顧客と顔を合わせる機会が少ない
  • 社会の人との付き合いが少ない
  • 十分な高収入を望める
  • 技術があれば転職ハードルは低い
プログラマーのデメリット
  • 絶えず学習しないと置いてかれる
  • 人材不足の会社だと忙しくなりやすい
  • 業務時間が不規則になりやすい
プログラマーが向いている人の特徴
  • 高い集中力がある人
  • 好奇心がある人
  • 学習意欲の高い人
  • 論理的思考力のある人
  • 体力がある人
  • 創作意欲の高い人

プログラマーはJava、JavaScript、Perlなどのプログラミング言語を勉強し、さまざまな技術開発に携わる仕事です。

「営業職からプログラマーってハードル高いのでは…」と思う方も多いですが、それはもう昔の話。

最近ではプログラミングスクールも増えてきましたし、活躍できるくらいの技術を習得できれば転職ハードルが低いんです。

営業職から転職したいとお考えの方のなかには「人付き合いに疲れた…」「ノルマ達成がしんどい…」とお思いの方も多いですが、その点の心配がいらないのもポイント。

PCスキルに自信があるならば、プログラマーへの転職もおすすめですよ。

④システムエンジニア

システムエンジニアのメリット
  • 需要のある専門スキルを身につけられる
  • 強いやりがいを感じやすい
  • 求人数が増える可能性が高い
  • 黙々と仕事ができる
  • 自由に働きやすい
  • スキルを磨けば独立しやすい
システムエンジニアのデメリット
  • 絶えず学習しないと置いてかれる
  • 孤独になりやすい
  • 座りっぱなしで運動不足になりやすい
  • 業務過多なケースが多い
  • 必要スキルが多い
システムエンジニアが向いている人の特徴
  • 分からないことはすぐ調べられる人
  • 新しい技術を習得するのが好きな人
  • 几帳面な人
  • 根気よく続けられる人
  • 論理的に考えられる人

プログラマーと同様、システムエンジニアもプログラミング知識や技術がある方・これから身につける方におすすめです。

システムエンジニアには営業要素が若干あるため、知識・技術の壁を乗り越えさえすれば、その後がラクに感じられることが多いんですよね。

今のシステムエンジニアには営業力を持つ方が少ないため、営業職の経験を活かせると転職活動では有利に立ち回れますよ。

また営業で培った力を活かせれば、顧客から信頼を得やすくなります。

そこをキッカケに顧客や社内部門との調整役を任されたりと、ステップアップしやすくなるのもポイントです。

⑤セールスエンジニア

セールスエンジニアのメリット
  • ビジネススキルを持っていると歓迎されやすい
  • 営業スキルをさらに磨ける
  • システムや設備の知識・技術が身に付く
  • 顧客と深く接点を持てる
セールスエンジニアのデメリット
  • 知識がないと仕事が成立しにくい
  • 納品までのスケジュール管理が厳しい
セールスエンジニアが向いている人の特徴
  • 技術職をしつつ深く顧客と関わっていきたい人
  • コミュニケーションが苦でない人
  • 新しいもの好きな人
  • 好奇心の強い人

セールスエンジニアは営業職とエンジニアの中間のようなお仕事で、営業担当と協力しつつクライアントにサービス導入や提案支援をおこなうもの。

営業職と大きく異なるのは、販売と同時に顧客への技術サポートがあるかどうかです。

営業経験を活かしやすいお仕事で、こちらも営業職のノウハウを活かしやすいのがポイントです。

IT業界未経験でも受け入れてくれる求人が多いため、営業職・技術職の両方を同時に経験したいならば、セールスエンジニアもおすすめですよ。

⑥人事職

人事職のメリット
  • 人の成長を応援できる
  • 残業が少ないorない
  • 土日が休みになりやすい
人事職のデメリット
  • 憎まれ役になってしまう
  • マルチタスクになりやすい
  • 創意工夫がしにくい
人事職が向いている人の特徴
  • 人の役に立てる仕事をしたい人
  • 人間観察力のある人
  • 秘密を守れる人

人事職は社員の採用活動、社員の配属先の決定、評価制度の作成、その他労務関係と業務幅の広さが大きな特徴。

縁の下の力持ち的な存在で、社員のサポート役を担うお仕事です。

人の成長を応援できたり残業が少なかったりと、やりがいを感じやすいお仕事ですが、社員のキャリアを決定することも多いため、少々気疲れする場面もあります。

人事職では営業職で培った「交渉力」「スケジューリング能力」のスキルを活かしやすいです。

採用や部署間での仲立ち、面接日程の調整などがあり、それらの力を大いに求められますよ。

別商材の営業職も検討しよう!

「今の営業職がツラいから、営業とは全く無縁の仕事で働きたい…」と思う方もいるかもしれません。

確かに営業職にマイナスイメージが強いと、そう思うのも無理はない話です。

ただそれでは応募できる求人幅を狭めてしまい、転職成功の可能性が下がるかもしれません。

そこで、今のお仕事とは別商材の営業職に転職するのも検討してみてください。

職場が変わったり商材が変わったりすれば、営業職の経験をしっかり活かしつつ「意外と適性があったんだ」と感じるかもしれませんよ。

営業に向いてる人・向いてない人とは?

営業職には向き・不向きの色が強く、人によってはぜんぜん向いてない…なんてこともあります。

ではどんな人が営業職に向いてるのか、具体的には以下の通りです。

  • 人当たりの良い人
  • 物事にマメな人
  • 好奇心旺盛でチャレンジ精神のある人
  • 記憶力の良い人
  • コツコツと努力している人
  • バカを演じられる人
  • 粘り強さを持っている人
  • 相手の立場に立って考えられる人
  • ストレス耐性がある人
  • わからないことをすぐ確認できる人
  • 負けず嫌いの人

これらに多く当てはまっていてなお「転職したい」とお思いなら、上記でご紹介した「別商材の営業職」に転職するのをオススメします。

反対に、営業職に向いてない人は以下の通りです。

  • 清潔感がない人
  • 体力がない人
  • コミュニケーション能力が低い人
  • フットワークが重い人
  • プライドの高すぎる人
  • メンタルが弱すぎる人
  • すぐに諦めてしまう人
  • 自信持って言い切れない人
  • 意見・都合を強要したがる人
  • 相手からの質問を放置する人

こちらに当てはまるのであれば、営業とは無縁のお仕事を選ぶべきですね。

具体的にどんな人が営業職に向いてる・向いてないのかについて詳しく掘り下げてみたい方は、ぜひ以下の記事もチェックしてくださいね。

営業職から転職を成功させるには?

ここでは営業職から転職を成功させるポイントを解説します。具体的には以下の通りです。

  • なぜ転職したいのか深掘りする
  • スキルの棚卸しをする
  • 経験・スキルを活かせる仕事を選ぶ
  • 転職エージェントをフル活用する

なぜ転職したいのか深掘りする

転職するならば「自分が本当にしたいこと何か」「どうして転職したいのか」などを詳しく掘り下げる必要があります。

営業職からの転職であれば、以下の転職理由が考えられます。

  • 自腹が多い
  • ノルマがきつい
  • 年収を上げたい
  • 人づきあいに疲れた
  • キャリアアップをしたい
  • 誤る場面が多くて精神的に疲れた
  • 納得のいかない商品・サービスを売るのがイヤだ

明確な目的意識がないと採用担当者から見透かされ、結局は雇用されないケースが考えられます。

なんとか採用されたとしても会社に不満が出てきて、再び転職するという「転職ぐせ」がつきかねません。

転職を繰り返すとスキル・給料は上がらないままになり、また面接があったときに「なぜこんなに転職回数が多いのですか?」と問われることでしょう…。

スムーズかつ納得のいく転職を実現するならば、まずはご自身の転職目的を明確にしましょう。

スキルの棚卸しをする

徹底的な自己分析をし、ご自身が持ち合わせているスキルの整理・棚卸しもしましょう。

転職活動前に済ませておけば、履歴書や職務経歴書に書く内容、面接で話すことが明確になります。

内定を勝ち取るならば欠かしてはいけないステップですね。

棚卸しをするときは、以下の内容を紙に書きだして分析してみましょう。

  • 自分がやってきたこと
  • 自分がやりたくてもできなかったこと
  • 自分がやりたくなかったこと
  • 上手くいったこと
  • 上手くいかなかったこと

これまでの人生を大局的に振り返り、上記項目を比較して「なぜそうなったのか」を考えていきます。

得意・不得意、長所・短所などを洗い出すことで、効率的な転職活動にしましょう!

経験・スキルを活かせる仕事を選ぶ

未経験から異業種に挑戦するのも良いのですが、スキル・キャリアアップの観点から、基本的にはご自身の経験やスキルを活かせる仕事に就くのをオススメします。

ですが最近では「未経験だけど営業からエンジニアに転職したい」との声も多く、IT・Web・エンジニア業界に強い需要があります。

プログラミングスクールでスキルをつける方も急増しているため、「未経験だしやめとこうかな…」と考える必要はありません。

そんなエンジニア職も含めて、今回ご紹介したお仕事は営業職からのスキルを活かせるものなため、ぜひ検討してみてくださいね。

転職エージェントをフル活用する

コンサルタント

転職エージェントは利用者一人ひとりの転職活動を全面的にサポートしてくれる、大変頼もしい存在です。

ご自身のキャリア・職歴・スキル・性格などをヒアリングしてもらい、そこから適職を厳選して紹介してくれます。

自分自身でも気づかなかった魅力、営業職でどんなスキルが身につくか、再認識できるのもポイントです。

その他、転職エージェントを使うメリットは以下の通りです。

  • すべてのサービスを無料で使える
  • 企業の内部情報を教えてくれる
  • 履歴書・職務経歴書の添削をしてくれる
  • 面接対策をしてくれる
  • 転職相談に乗ってくれる
  • レアな非公開求人を紹介してくれる
  • 年収など条件交渉も代行してくれる
  • 現職の円満退社のアドバイスをしてくれる

無料であらゆるサービスを受けられるため、コスパの高さが最大の魅力ですね。

次の章で営業職からの転職でおすすめの転職エージェントを、厳選して3つご紹介します。

どれも利用者満足度の高い優良サービスのため、気になったものから使ってみてくださいね。

営業職からの転職でおすすめの転職エージェント3選!

ここまでお読みになったならば「営業から転職してみようかな…」とお思いの方もいますよね。

営業職からの転職でおすすめの転職エージェントを3つご紹介しますので、気になったものがあればぜひ使ってみてくださいね。

サービス名求人数
リクルートエージェント
リクルートエージェントのロゴ
約100,000件

doda

DODAのロゴ
約67,000件
パソナキャリア
パソナキャリアのロゴ
約28,000件

①リクルートエージェント

リクルートエージェント

<リクルートエージェントのおすすめポイント>

  • 転職支援実績No.1!
  • 100,000件以上の求人から紹介!
  • 転職サポートが充実!
運営会社株式会社リクルート
求人数約100,000件
営業以外の職種営業・販売・カスタマーサービス、企画・マーケティング・経営
管理・事務、物流・購買・貿易・店舗開発、コンサルタント、金融専門職、不動産専門職、クリエイティブ、SE・ITエンジニア、エンジニア(設計・生産技術・品質管理)、建築・土木・設備、医療・医薬・化粧品、その他(講師・調理師・介護など)
求人の対応地域全国47都道府県

リクルートエージェントは大手リクルートの運営で、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェントです。

公開求人数は約100,000件と断トツで、今回ご紹介した職種・業種の求人も多数取り揃えています。

転職サポートもかなり充実しており、必要書類の添削や面接対策、各種転職イベントなどコンテンツが豊富なのも魅力。

「転職支援実績No.1」にも選ばれたサービスなため、どの転職エージェントを使うか迷ったら、まずリクルートエージェントをおすすめしますよ。

リクルートエージェントの評判・口コミはこちら▶▶▶

②doda

doda

<dodaのおすすめポイント>

  • エンジニア・企画職に強い!
  • エージェントとスカウトサービスを使える!
  • 転勤ナシの案件も豊富!
運営会社パーソルキャリア株式会社
求人数約67,000件
営業以外の職種企画、管理、事務・アシスタント、販売・サービス、コンサルタント・士業、金融専門職、公務員・教員、SE・インフラエンジニア、Webエンジニア、機械・電気、組み込みソフトウェア、建築・土木・不動産・プラント・設備、化学・素材・化粧品、食品・香料・飼料、医療系専門職、クリエイティブなど
求人の対応地域全国47都道府県

dodaもリクルートエージェントに匹敵するほど求人数が多く、利用者から絶大な支持を集めるサービスです。

求人も幅広く取り揃えており、特にエンジニア・企画職に強いのが特徴です。

通常のエージェントサービスはもちろん「スカウトサービス」も使えるため、企業からの直接オファーを受けて在職中に転職したい方にもおすすめ。

転勤がない求人にも強いため、営業職時代に転勤するのがイヤだった方にもおすすめですよ。

dodaの評判・口コミはこちら▶▶▶

③パソナキャリア

パソナキャリア

<パソナキャリアのおすすめポイント>

  • 顧客満足度「転職エージェント」部門第1位!
  • 転職後の年収アップ率67.1%!
  • 営業・エンジニア職に強い!
運営会社株式会社パソナ
求人数約28,000件
営業以外の職種営業、管理・事務、IT・Webエンジニア、技術職(電気・電子・機械・化学)、クリエイティブ、マーケティング・企画、コンサルタント・士業、販売員・サービススタッフ
研究・開発、専門職(Web・IT・ゲーム)、専門職(金融)、専門職(不動産・建設)など
求人の対応地域全国47都道府県

パソナキャリアは求人数で若干他サービスに劣りますが、利用者から信頼の厚いサービスです。

「2020年オリコン顧客満足度調査転職エージェント」で第1位を獲得した実績があるため、担当者の対応力や求人の質には強く期待できます。

転職後の年収アップ率が67.1%と高いのもポイントで、サービスを使えば高確率で収入を改善できるのもポイント。

営業・エンジニア職にも強いため、別商材の営業職に挑戦したい方にもおすすめですよ。

まとめ〜営業職から転職したいならリクルートエージェントを使おう〜

今回は営業職からの転職事情を詳しく掘り下げてきました。

人によって転職した理由・背景はさまざまですが、まずは自分自身と向き合って「なぜ営業職から転職したいのか」を詳しく掘り下げていきましょう。

そこで「本当に転職したい」と意思が固まったら、転職エージェントを使ってスピーディーかつ効率の良い転職活動をしましょう。

また営業職から転職するときは、培ったスキルなどの観点から以下のお仕事を選ぶのをおすすめします。

  • 事務・オフィスワーク
  • 企画・マーケティング
  • プログラマー
  • システムエンジニア
  • セールスエンジニア
  • 人事職
  • 別商材の営業職

そして転職エージェント選びに困ったときは、求人数の多い「リクルートエージェント」を選んでみてくださいね。

まとめ〜営業職から転職したいならリクルートエージェントを使おう〜

今回は営業職からの転職事情を詳しく掘り下げてきました。

人によって転職した理由・背景はさまざまですが、まずは自分自身と向き合って「なぜ営業職から転職したいのか」を詳しく掘り下げていきましょう。

そこで「本当に転職したい」と意思が固まったら、転職エージェントを使ってスピーディーかつ効率の良い転職活動をしましょう。

また営業職から転職するときは、培ったスキルなどの観点から以下のお仕事を選ぶのをおすすめします。

  • 事務・オフィスワーク
  • 企画・マーケティング
  • プログラマー
  • システムエンジニア
  • セールスエンジニア
  • 人事職
  • 別商材の営業職

そして転職エージェント選びに困ったときは、求人数の多い「リクルートエージェント」を選んでみてくださいね。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

毎日2時間は勿体無い!通勤時間が長い辞めたい人に転職のアドバイスをご紹介
通勤時間が長い人は普通の会社員と比較して非常に損をしています。ストレスが溜まる原因になり、出費の面…
意外と知られていない!内定後に確認すべき労働条件
就活が終わって無事に内定ももらい、ついつい浮かれてしまうかもしれません。しかし、実は気を付けなけれ…
たったこれだけ!結婚後の転職を成功させる方法まとめ
結婚を期に転職を考えている女性に対して、転職先の考え方、転職を考えだしたきっかけ、取得すべき資格な…
ただで教えたくない資格なしの高卒でも就ける仕事
資格なしの高卒でも就ける仕事探している人必見です!どの業種ならいけるの?どんな転職戦略を打ち出せば…
pagetop