転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職ノウハウ集 > たったこれだけ!結婚後の転職を成功させる方法まとめ

たったこれだけ!結婚後の転職を成功させる方法まとめ

🕒 2019/06/11
このエントリーをはてなブックマークに追加
たったこれだけ!結婚後の転職を成功させる方法まとめ

女性にとって結婚は重要な人生の分岐点になるでしょう。

家事や育児に追われ普通の労働条件だと独身時代のように現役バリバリで働くことは難しくなってくるでしょう。

しかし社会問題にもなっている少子高齢化が進み、団塊の世代が引退し、いま女性の労働力が必要になっています。

結婚を期に現役から遠ざかるのではなく、家事も仕事も両立出来る会社に転職してみることも一つの手段なのではないでしょうか。

社会はあなたの力を必要としています。

結婚を期に転職を考える理由

結婚をしても仕事を辞めずに働く共働き家庭の増加や、女性の社会進出が目覚ましい現状ですが、結婚するとなかなか独身時代のように仕事を続けることは難しくなってきます。

そこで女性が転職を考えるいくつかの理由を考えていきます。

給料アップを考えての転職

幸せな結婚生活を続けるためにもお金は必要になってきます。

夢のマイホームの購入や将来のための貯蓄、さまざまな状況でお金は必要になってくるので、現職よりも給料の良い職場への転職は必要になってくることです。

ライフワークバランスを考えての転職

今では男性が家の仕事をこなして女性が稼ぐ夫婦も多くなってきていますが、しかしほとんどの家庭でが女性が家事や育児をこなすスタイルです。

家事だけでなく、子どもを出産して育児が始まると家の仕事に追われて今までの労働環境では働けなくなってしまうことも多いです。

そうすると家事と仕事が両立出来る職場への転職を考えるようになります。

結婚相手の職場の問題

結婚して相手と生活をともにするようになると、相手の仕事が転勤が多かったり、そもそも新居の場所からの通勤が難しくなるとどうしても通勤しやすい職場への転職を考えざるをえなくなってしまうと思います。

結婚後の転職先はどこがいい?

結婚した後に転職するならどんな職場へ転職すればよいのだろうか。

まずはあなたが転職を考える事になった理由をクリア出来る職場を見つけることです。

結婚生活を金銭面で支えるために転職を考えた人なら、パートやアルバイトではなく、正社員にって働けて、現職よりも待遇の良い職場を探すべきです。

ライフワークを充実させるために転職を考えた人は、正社員ではなく、パートやアルバイトなど融通が効く職場を探すべきです。

育児などの問題を抱えて転職を考えている人は育児制度などの制度面で職場を探すのも良いでしょう。

男性社員が多かったり、昔ながらの会社ではまだ女性の育児などへの理解が十分でないことも多々あると思います。

会社選びの際に、自分が転職して現職では改善できなかった問題を解決できるような制度や環境が、整っているのかを考慮しましょう。

結婚して転職先の幅を広げるために資格を取る!

転職活動を行う前に必ずやっておいてよかったと声を聞くのは資格取得です。

資格を取得しておくことは、「自分はこんな人間です」と企業に説明しやすかったり、証明することができます。

女性の転職活動はどうしても男性よりも難しく、そのため資格を取って企業側に即戦力として使えることを示すことで転職活動をスムーズに行うことができます。

結婚をしてから一度現役を引退した女性は、家庭にいる時間が多くなると思います。

空いた時間を有効活用して、最初趣味感覚で資格を取得することを始めるのはどうでしょうか。

その資格が将来就く仕事や転職活動に有利に働くことがあるかもしれません。

そこで取得しやすくてためになる資格を紹介します。

パソコン検定

パソコン検定協会が実施しており、初中級ユーザーを対象としたパソコン利用技能の試験。

1級~5級の8種が実施されていて、3級合格で厚生労働省が若年者就職基礎能力修得支援事業(YES-プログラム)の資格取得ができ、試験監督者資格も付与される。

ビジネスにおけるパソコンスキルがあると企業に証明することができ、転職に有利に活用できる。

インテリアコーディネーター

社団法人インテリア産業協会が主催する、「インテリアコーディネーター資格試験」で資格の取得が可能。

学歴や経験を問われない。

試験は1次試験と2次試験があり、知識、論文、プレゼンテーションが実施される。

家を構築、改装する際にお客様の要望を取り入れながら、家具やカーテン、照明などの商品選びや住宅計画の提案・アドバイスを行う専門職であり、センスとアイデアが試される。

インテリア企業ではこの資格に手当を支給している企業もある。

マーケティング・ビジネス実務検定

国際実務マーケティング協会が主催している。特定の業種・業界にとらわれない、幅広い共通のマーケティング知識が試される試験である。

会社のマーケティング部門で即戦力として働くことが出来る力がつく。

試験内容は、実際の状況を細かく想定した問題が出題される。

マーケティングの実務能力を客観的に証明する初めての資格であり、採用間口の広い営業職や販売職への転職に有利である。

まとめ

結婚後の転職をどのようにするかで、結婚をより有意義なものにすることもできます。

家庭も大事に仕事を続けていくために自分に合った職場を見つけて、転職を成功させましょう!

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

【もう怖くない!】転職で絶対失敗しないコツとは?
いわゆる日本式経営の三本柱と言われてきた、「終身雇用」、「年功序列」、そして「企業別組合」がありま…
意外と知られていない!内定後に確認すべき労働条件
就活が終わって無事に内定ももらい、ついつい浮かれてしまうかもしれません。しかし、実は気を付けなけれ…
【2018年最新版】転職入社時に必要な書類一覧
転職先が決まったら提出しなければならない必要書類が多くあります。直前になって慌てることのないように…
資格なしでも受かる?税理士への転職を目指す人必見!
税理士への転職を考えている方、資格に関してお困りではありませんか?

ここでは今回、税理士への…

pagetop