転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > IT・WEB > 外資系IT企業に転職するメリットとデメリットをまとめてご紹介

外資系IT企業に転職するメリットとデメリットをまとめてご紹介

🕒 2019/06/17
このエントリーをはてなブックマークに追加
外資系IT企業に転職するメリットとデメリットをまとめてご紹介

外資系のIT企業と言えば、GoogleやAmazonなどが有名ですね。敷居が高そうでそんなところに転職できる自信がない、あるいは外資系IT企業の働き方がよく分からないと不安に思う方も多いじゃないでしょうか。

外資系のIT企業に少しでも興味を持っているなら、まず転職するメリット・デメリットを整理してみることをおすすめします。

外資系IT企業に転職するメリット

まず、外資系IT企業に転職すると得られるメリットについて見ていきましょう。

最先端な技術に触れることができる

IT業界は日進月歩で、古い技術がどんどん淘汰されて、新しいテクノロジーが次々と開発される世界です。いつの間にか、IoT、ビッグデータ、人工知能などの言葉は誰もが知っている前提で話されるようになりましたね。

このような世界の最先端を行っている企業は、残念ながら日系は少なく、米国系IT企業が上位を独占している状況です。また、最近は中国系のIT企業も存在感を見せています。それらの外資系IT企業に転職すると、最新の技術に触れられる可能性が高まるでしょう。

自分のスキルを磨いてキャリアアップを目指す方にとっては圧倒的なメリットです。

年収が高い

外資系IT企業は、高給取り職業の代表格です。常に世の中の人々に求められるものを生み出しているため、報酬額も平均を大幅に上回っています。IT産業はまだまだ発展途上にあり、巨大な資金力を持つ外資系IT企業はこれからも優秀な人材の獲得競争に力を入れていくでしょう。

アメリカでは、IT企業が莫大な資金を投資家などから調達しているので、新入社員に1000万円を超える年収を提示する企業も珍しくありません。

外資系IT企業に転職するデメリット

外資系IT企業なら、何も心配せずに転職できるわけではありません。次に外資系IT企業のデメリットについて説明します。

給料や配属が不安定

IT企業に限った話ではないが、外資系企業では成果主義という文化が浸透しています。日系に比べて安定性に欠けるというのが外資系転職をしようとする方にとっての心配事です。給料の中で、固定給に比べてインセンティブの割合が高く、成果を出さないと給料が大幅にダウンする恐れが常に存在します。エンジニア職は比較的に安定しますが、特にセールス職は常に目標を意識して取り組まなければなりません。

また、日系企業では従業員に仕事を割り当てるというやり方が一般的である一方、外資系では逆に仕事に従業員を割り当てるという考え方で組織を作っています。つまり、今のポジションにマッチしないと思われたら、解雇もしくは部署異動になります。

需要の変化が激しい

IT業界自体も日進月歩ですが、外資系IT企業はまさに技術革新の代名詞です。四五年もすれば、ガラッと変わる業界です。

需要が大きい言語の入れ替わりも激しいので、エンジニアであれば常に最新の技術にキャッチアップしていかなければなりません。2017年の人気プログラミング言語ランキングを見ると、Python、C、Javaがトップスリーで、一昔前売れっ子だったVisual Basicは影もみない状況です。

変化が激しい業界だからこそ、一過性のあるトレンドに惑わされずに、どんな技術やサービスは今後の需要増を期待できるかをしっかりと予測し、そのうえで将来のキャリアアップに向けてスキルや技術を磨いていくことが大事です。ここでいうスキルや知識は主に以下の3点にあります。

  • 領域(インフラ、アプリケーションなど)
  • スキル(プログラミング能力、製品知識など)
  • 業界知識(通信、金融、製造など)

※上記の3点において、転職にアピールできる実績づくりを意識して普段の業務を行うようにしましょう。

ここまで、外資系IT企業に絞ってメリットとデメリットをご紹介してきましたが、外資と日系と関係なく、IT・Web業界全般の転職事情について知りたい方は、ぜひこちらの記事をご確認ください。

2017.07.14
大手人材会社で活躍しているコンサルタントの知見をもとに、『IT・WEB業界の転職事情』『IT・WEB業界に強い転職サイト・転職エージェント5選』を解説します。

外資系IT企業を狙う方におすすめの転職サービス

ここまで、外資系IT業界の特徴を説明しました。メリットだけじゃなく、デメリットも十分知った上で、それでも転職したいという方にぜひ知ってもらいたい転職サービスをここでご紹介します。

転職サイトか、転職エージェントかは関係なく、基本的に大手のほうが求人の数と質、支援サービスの質において優れているので登録すべきです。

外資系ITに転職したいという目的が明確の場合は、その上でさらに「外資IT求人の数が多い」、「外資系ITでエンジニアの経験があるキャリアコンサルタントと相談できる」などのポイントにこだわったほうがいいでしょう。

リクナビNEXT|利用者数No.1

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数9152件対応地域全国
非公開求人約10万件ターゲット層転職したい社会人
強い業界IT/メーカー/サービス/小売年収UP実績80%

リクナビNEXTは国内トップの社会人向け総合転職サイトで、転職者の8割が利用したことがあるほど絶大な人気を誇っています。

400社以上の提携エージェントからスカウト・オファーをもらえるので、その中で外資系IT企業の案件数が圧倒的です。

こちらでリクナビNEXTの登録方法や注意点について詳しく解説していますので、興味があればぜひご確認ください。

ビズリーチ|高年収IT人材におすすめ

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数68000対応地域全国
非公開求人有りターゲット層エグゼクティブ層
強い業界IT/メーカー/金融年収UP実績9割

ビズリーチは国内初の有料ヘッドハンティング型転職サイトです。年収750万以上の外資系企業案件に強いのが特徴です。

登録してヘッドハンティングを待つ利用スタイルなので、今すぐ転職したい方に不向きですが、表に出てこない掘り出し案件が見込めるため、中長期を見据えた転職には最適です。

まとめ

同じIT業界でも、日系と違って外資系企業で働くメリット・デメリットがはっきりしています。

自分のキャリアや仕事観にあった職場を選ぶことが大切です。

ぜひこの記事を参考に、難関企業が多いと言われる外資系IT企業へチャレンジしてみてください。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

通信ITエンジニアが転職活動を上手く行うコツとは
通信業界の人事から、エンジニアの採用が難しい、厳しいという声をよく聞きます。実は、採用方法から原因…
薬剤師が足りない本当の理由とは?職場のストレスを解消する方法
薬剤師の業界は売り手市場と呼ばれている中で、現役の人は人手不足により様々なストレスが抱えています。…
人には聞けない美容師の転職タイミングはいつ?
美容師はとても厳しい労働環境の中で長い年月耐える事ができないとなかなか美容師として成功できない実力…
薬剤師は高収入という噂は本当?実際に貰える金額一覧
転職を考えている皆さん。薬剤師になることを想像したことはありますか。薬剤師の待遇面をじっくりと見て…
pagetop