転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 転職ノウハウ集 > 想定年収の意味とは?転職サイトに書かれているものの実態

想定年収の意味とは?転職サイトに書かれているものの実態

🕒 2019/06/24
このエントリーをはてなブックマークに追加
想定年収とは?転職サイトに書かれているものの実態

皆さん、何のために働いていますか?

その仕事が自分のやりたいことだから

やっていてとてもやりがいがあるからなど多くのことがあると思います。

しかし、多くの人が思っているのはお金のことでしょう。

できるだけ高い給料で働きたい。

もっと豊かな暮らしをしたいと思っているとはずです。

お金があれば余裕も生まれ人生においての視点も広がるはずです。

そんな多くの人が気にするお金の問題の中で、転職サイトでよく見る想定年収について詳しく説明します。

転職サイトに書かれているものをそのまま鵜呑みのは大変危険なので、これから志望先に応募する求職者の皆さんに最後まで読んでいただきたいです。

想定年収という表記について

想定年収の意味とは?転職サイトに書かれているものの実態

転職サイトを見る上で年収欄には多くの注目が集まると思いますが、転職サイトによって書き方が変わっていたり、実際に働いたらどの程度の給料がもらえるのだろうかと気になる点がつきません。

しかし会社の貢献度によってボーナスなども変化していきますので、どのくらい参考にしていけばいいのか、わからない点が多いですよね。

想定年収という表記に関していうとこれは給料例に近い感覚ということができます。実際に働いてみて多いかもしれないし少ないかもしれない。そういった曖昧な表記といった場合が多いです。

例えば、現在の自分の年齢と同じ社員の給料例であったり、社内が想定している給料例である場合があります。

こういった場合は面接を行った際などに確認を取ることなどが必要になってきます。

転職サイトに書かれている場合と違う場合も少なくありません。

しかし何かとお金のことは聞きにくいことが多いです。そういった場合は転職エージェントに年収交渉などを行ってもらうのが良いでしょう。

また最低保証額といった書き方であれば、その額を下回ることはありません。そういった場合でも実際に働いた時に、どの程度の給料がもらえるのかは確認を取ることをおすすめします。

2018.11.09
手取り20万円で困っている方に様々な改善方法を紹介。世間の本音や、ご自分の年収は全体で見るとどの位置にいるのか。転職してからの給与アップの方法についてご紹介。

転職サイトでの年収の意味

転職サイトでは年収が書かれていますが、多くの人に興味を持ってもらいたいから、想定年収を参考にして求人に応募してくる人が多いためです。

やはり働いているからにはお金は大変重要な選択する要因となってきます。

しかし会社に入っても年収が同じ人はほとんどいないように例として掲載されています。よって自分の思っている年収よりも低く見積もることも重要になってきます。

本来であれば信じたくなるところではありますが、多くの場合、誇張や含みを持たせた表現になっている場合が多いです。そういった風に捉えている方が落胆はせずに済みます。

しかしそういったことは最初にしっかり契約しなければなりません。転職サイトを見て、やる気になっているところで

自分の思っている年収と違う給料が支給された場合はやりがいややる気が削がれる要因となってしまいます。

よって想定年収ではなく最低保証額を参考にした上で、ボーナスの支給額を確認していったほうがリスクを回避することに繋がります。

情報を収集することによって転職サイトに書かれていることがどの程度信頼できるのかということもわかってくるのではないでしょうか。

2018.03.02
転職すると給料下がるのではないかと不安ですよね。実際はどうなのか?年収が下がっても転職をすべきなのか?そんなあなたの悩みや不安を解消します。

想定年収をアップさせるには

想定年収の意味とは?転職サイトに書かれているものの実態

転職をする理由はキャリアアップのためなど様々ですが、給料をアップさせたい方なども転職をすると思います。

むしろそちらのほうが多いのでは無いでしょうか。

自分にある程度スキルが身についてきているならば、給料アップを望むのは当然と言えるでしょう。

そういった中でどのように転職をしていけば給料を増やすことができるのでしょうか。

ただ闇雲に転職サイトを見ているだけでは増やしていくことはできないでしょう。転職で年収を増やしていく方法はたくさんありますが、大企業に転職することまたは業界を変えてみることなどがあります。

大企業に就職することは何と言っても中小企業よりも給料が高くなるのは明らかです。

しかしその場合は何らかのアピールポイントを持っている必要性やこれまで培ってきた知識を

相手に伝える能力も重要になってきます。

実際に自分にどんな能力があるのかをまとめていったり、これまでの経歴をまとめていくことも必要でしょう。

もう1つ業界を変えるといった場合では、現在自分のいる会社の市場規模はどのくらいなのかを確認することで市場規模の大きいところに転職することができれば、年収のベースから変わるため、自分が想定している年収を大きく超えていくことも予測されます。

転職サイトのうまい使い方とは

転職サイトはあくまでも企業に依頼されて転職サイトを運営している企業が載せているに過ぎません。

実際はどういった会社なのかは自分で調べていく必要があります。よって転職したい会社が見つかった場合は分析することが重要で、その分析によって自分に合っているか決めるのが良いでしょう。

また転職エージェントなどを利用することで客観的に自分を見ることができ、さらに成功に繋がっていくでしょう。

実際に働いてみて分かることなども少なくありませんから、深く調べて損ということはありません。転職について想定年収以外にも意識しなければならない点は多くあるため、広い視野で転職を成功へと導いていきましょう。

2018.06.12

職場に対する不満としてよく挙げられるのは、今までの年収が自分のキャリヤ、能力にふさわしくないということが多いでしょう。

しかしながら、一体どれぐらいの年収が自分の今までのキャリアと能力・資格に相応しいなのかは、意外になかなか知ることが難しいです。

なかなか他の人に聞くチャンスのない年収ですが、「もっと稼ぎたい!」と思うあなたは、自分がもらうべき適正年収を専門サイトで査定してみてはいかがでしょうか。

doda|年収500万以上の求人数No.1

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数38,033件対応地域全国
非公開求人127,727件ターゲット層20代~35歳以下
強い業界機械・電気メーカー/金融/サービス業年収UP実績2万人以上

せっかく転職するなら、転職先の年収が高いに越したことがありません。しかし、そもそもどうやって高年収の企業と接点を作るのかを知らない人も多い。

人材業界の巨頭であるパーソルが手がけている社会人向け転職サイト『doda』に登録していない人は、今すぐ登録することを強くおすすめします。

dodaはその知名度と高額な求人広告掲載費が故に、高年収の企業のほとんどがdodaを利用して求職者を集めています。

年収をアップさせたい方、dodaで求人を探すのが最も効率の良い方法と言っても過言ではありません。

あなたの年収が一段と高くなる転職を実現させたければ、ぜひご登録ください。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

国家公務員が仕事しながら税理士に転職できるのか?

現在国家公務員の人でも税理士になりたいと思って税理士試験を受験している人は多くなっています。

リクナビNEXTを利用してキャリアコンサルタントと面談できるの?
リクナビNEXTは業界最大手の転職サイトとして有名ですが、実はキャリアコンサルタントと面談もできるんで…
他と差をつけるITフリーランスの名刺
ITフリーランスなのに名刺は必要なの?と思うかもしれません。しかし、ITフリーランスだからこそ名刺が自…
中途採用の昇給とベースアップについて徹底説明
転職をする際に給与について考えることが多いと思いますが、中途採用だと昇給やベースアップするのでしょ…
pagetop