転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 面接対策 > 大手と違う?転職エージェントに聞くベンチャー企業の面接対策

大手と違う?転職エージェントに聞くベンチャー企業の面接対策

🕒 2018/03/15
このエントリーをはてなブックマークに追加
転職エージェントに聞くベンチャー企業の面接対策

現在、日本にはさまざまなジャンルで、大企業から中小企業、ベンチャー企業など多くの企業が存在しています。

また、現代では1つの企業に定年退職までお世話になるという概念はなくなり、自分の幅で転職に手を伸ばす時代になってきています。

また、転職することで自分に新たな道を見つけ、裕福な暮らしを望む人も少なくありません。

多く存在する中でベンチャー企業へ転職したいとする理由はどこにあるのか、またベンチャー企業に転職したいと望む人たちはどういった条件が必要になるのかを紹介していきたいと思います。

ベンチャー企業とは?

日本でも多くのベンチャー企業が存在する中で、そもそもベンチャーとはどういった企業なのかという疑問から始めていきましょう。

ベンチャー企業とは定義が難しいですが主に3点で判断されます。

成長過程である点、ベンチャーキャピタルなど、投資支援を受けている点、ベンチャー指定を受けている点の3点が主な項目です。

ベンチャー企業は立ち上がって間もない企業が多くを占め、少人数精鋭であることが多いです。

ベンチャーキャピタルとはベンチャー企業の株式を引き受けることによって投資をし、ベンチャー企業が成長した時に生まれた差額を収入としてもうけを生む集団です。

そして政府からベンチャー指定をうけている企業を主にベンチャー企業と言います。

ベンチャー企業の転職事情

転職でベンチャー企業を選ぼうとしている転職者はまず、大手企業などの風通しの悪さなどに嫌悪感を抱くことなどが多いです。

大手企業ではよく、派閥争いなど、勤める社員の多さなどから人間関係が重要となることがあります。

上司の顔色を伺いながら適切なタイミングで、企画を提案しないと稟議が下りないことなど多々あります。

稟議を通すにしても、審査基準が多々あることが多いです。

自分の直属の課長から許可を経ても部長など許可を下すのに、長い道のりがあることが多いです。

仕事に集中したいと考える人は少数精鋭で常に前線で働くことのできるベンチャーを所望する人が多いです。

また、自分の実力に見合った給料を貰えていないと感じる働き手もベンチャー企業で実力を発揮したいと考えます。

ベンチャー企業の面接で重要なこと

やりがいや自分の中でビジョンをしっかりと持っていること。

ベンチャー企業は大手と違って、即戦力となり、早期育成に対応できるやる気やモチベーションの高い人材を探しています。

そのため、自社に入社を希望する動機を事細かく質問することが多いです。面接日に前もって自分の中でその企業に入る理由を綿密に深く探って考えておきましょう。

面接では早いうちから取締役や社長が来る

社員全体の総数が少ないベンチャー企業では、面接の速い段階で取締役などと面接することが多いです。

そして、面接自体の回数は少ないが、取締役などの面接会数が多いです。

会社自体の人数が少ないため、人事面接の後に、すぐ、取締役との面接がある可能性があります。

前もって緊張しないように把握しておくことは重要になります。

社長面接で追及してくる質問が多くなる

社長面接ではもともと0から立ち上げるチャレンジ精神と苦境を乗り越えてきた粘り図良さをもった方との面接である事を覚えておきましょう。

自分の価値基準で面接に臨むのでなく、自分がベンチャー企業を立ち上げ、成長させるにあたって大切なことを忘れない様に心がけることが社長面接でも響いてきます。

好奇心旺盛であることをアピールしよう

企業で計画的なプランで成長できることをやめ、ベンチャーに進むにあたった自分の好奇心を相手に伝えることも重要となってきます。

転職エージェントの役割

転職をしたいがどういった企業があるのかわからないことが多くあると思います。

約421万あると言われる日本の企業の中で自分が探し求めている企業を1から探すのは骨が折れます。

転職エージェントは421万ある企業のジャンル分けを繰り返し、転職者によりよい企業探しを行ってもらえるようにサポートしてくれます。

また厳選したその企業に就職できるよう、企業理念や、どのような人材を企業が求めているかを教えてくれます。

求めていた企業を見つけ、就職までのアプローチをするのが就職エージェントです。

ベンチャー企業での面接は転職エージェントに相談しよう

どのような企業に勤めていたとしても、転職でベンチャー企業を選ぶ場合様々な理由があると思います。

そしてベンチャー企業の面接で対策しなければならないことも多いです。

自分に合ったベンチャー企業とそのベンチャー企業の面接対策を行うのは骨が折れます。

転職エージェントは転職者の要望を聞き、転職者にあった企業選びに尽力し、見つかった企業の面接対策を綿密に組んでくれます。

転職に時間をかけたくない、自分に最適の企業を選びたいと考える方はぜひ転職エージェントに相談することをお勧めします。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

面接官が会いたくなる職務経歴書を書くために知っておきたい12のポイント
転職するときには、履歴書や職務経歴書などの応募書類の提出が求められますよね。このページでは、営業、…
面接時に転勤を聞かれたときの回答法
転勤はしたくない。でも面説で聞かれるとどうしたらいいのかわからなくなる。そんなことありませんか?そ…
オープンハウスに転職すべき?口コミ評判まとめ
様々な学部の学生から人気がある不動産系の会社、不動産仲介のオープンハウス。どんな会社なのか、ベンチ…
コンサルに転職するために覚悟しておくべき3つのこと
コンサルに転職を考えている方が必見の記事です!数多くのコンサル志望者の中で、どうすれば選考に突破で…
pagetop