転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 美容・エステ・化粧品業界 > 美容業界への転職を成功させるための転職活動の進め方とおすすめ転職サイト厳選

美容業界への転職を成功させるための転職活動の進め方とおすすめ転職サイト厳選

🕒 2018/02/08
このエントリーをはてなブックマークに追加
美容業界への転職を成功させるための転職活動の進め方とおすすめ転職サイト厳選

美容業界に興味があり転職したい方は多くいると思います。

しかし、サービス業には外側には見えない部分が多くあり不安に思うこともあると思います。ここでは皆さんが美容業界に転職する前に知っておきたいことをご紹介します。

美容業界の現状・これからの展望

美容業界は転職するさいにも過渡期から安定期に入っていくことから人気とされています。これからは働く人の個々人のスキルが注目されていきます。そのスキルと言っても素晴らしい技術がある。だけではなく話が上手いやSNSでうまく集客できると様々な面でのスキルが大切にされています。

美容業界はあまり年収が多くないことで知られていますがしっかりとした体系がとれて入れる会社に入れるとそのような問題もあまり深刻にはならないようです。

美容業界の人気職種別年収

美容業界全体の年収の平均はおおよそ300万とされていて低めです。しかし、仕事関係で美容品を低価格もしくは試供品としてもらえることもあり、美しさを熱心に求める人には給料以外の場所から利益を得ることもあるようです。

職種 年収
美容師 284万
ネイリスト 270万
カラーコーディネーター 230万
メイクアップアーティスト 220万
アイリスト 290万
美容部員 560万
エステティシャン 350万
ヘアメイク 300万
スタイリスト 273万

このように美容業界の中でも年収はピンからキリまでです。次にいくつかの職種をピックアップします。

美容師

こちらの年収男女により少し差があり、男性美容師は307万円であるのに対し、女性美容師は270万円が平均年収でした。さらに、美容師のアシスタントという見習い期間は月給がかなり低く16万から18万円のところも珍しくないです。しかしながら、地方の都市でもスタイリストになったり、多くのお店である指名制度により人気がある美容師の月給はインセンティブも含めると月給30万円以上も普通になってきます。

ネイリスト・ネイルアーティスト

ネイリスト・ネイルアーティストはさらに様々な業種があり、そのなかでも年収が少しずつ変わってきます。

結婚式場:240万

ネイルサロン:250万

ブライダルサロン:260万

美容クリニック:270万

いままでのネイリストの多くはかなり低い基本給が決められていて、そこに加えて能力給や歩合給が足されていく給料体系でした。しかし、最近はネイリストを目指す人の為の学校もかなり普及されてきたことから、月給制のネイルサロンが増えてきたようです。とは言ってもネイリストの仕事は他の美容業界の職業に比べると低いようになっています。

美容部員

美容部員もネイリスト同様にさらに様々な業種に分けられた活躍があります。同様に年収を比べると以下のようになります。

化粧品販売店:380万円

ドラッグストア:390万円

百貨店:420万円

化粧品メーカー:470万円

このように、中でも最も低い化粧品販売店の年収と最も高い化粧品メーカーでは90万円もの差があります。美容部員の働き方にも正社員はもちろん、アルバイトや契約社員などの多様な雇用形態があります。正社員は応募者も多くさらに、求人自体が少ないため競争率がかなり高いのが実情です。また、美容部員の求人も大都市に多く集まるのが特徴です。

エスティシャン

エスティシャンも地域企業の規模役職でかなり変わります。

地域で言うと東京が一番高く497万円で青森、秋田、佐賀、宮崎の4県は284万円と113万円もの差が開きます。

こんな方に美容業界への転職が向いている

美容業界に向いている人は、美しさを日々探求していきたい人や美容に自分なりのこだわりを持っている人です。

美容も科学のように日々進化しています。仕事でも常に美容について考えるのでk上記の様な人はやりがいをもって働くことができるでしょう。

また、女性同士の特有な空気感が好きな人は楽しめるでしょう。基本的にこの業界に進む人は美容が好きなので熱意を持って仕事が出来る業界とも言えます。

美容業界に進むために持っておくと良い資格

日本化粧品検定

この資格は日本化粧品協会が主催するものです。基礎的な知識から化粧品に含まれる成分など科学的な知識に至るまで幅広い内容の検定です。美容部員やメイクアップアーティストを目指す人にオススメの資格です。

認定エスティシャン

認定エスティシャンはエステ業界で働く際に有効な資格です。この資格を持つていることで「認定」エスティシャンを名乗ることが出来るのです。また、この資格を取るためには專門の学校で経験や実務経験が必要です。

ネイリスト技能検定

この資格には筆記試験と実務試験の2つがあります。ネイリストとして働くさいに、とくに資格が必要というわけではありません。しかし持っていたら業界内での高いアピール材料の一つになります。

このように探すとさまざまな資格が美容業界で使えることが分かります。しかくを持っているとその業界の中でも職に就きやすかったり、給料の差も発生する可能性があるのでいきたい職種をよく調べて有利に転職しましょう。

良質な美容業界の求人に出会う方法

転職を考えている方の中には、具体的にどうやって転職活動を始めるべきかを迷う方が多いです。とりあえずハローワークに行って仕事がないかを尋ねてみるという方がいれば、コネを利用して転職先を紹介してもらおうという方もいるでしょう。

ところで役所が運営しているハローワークは「ブラック企業」という噂がすでに広がっていますし、誰もが有力なコネを持っているわけではありませんね。

転職活動を始める方法を最初から間違えてしまうと、後々人生を左右する大失敗につながりかねません。

自分に合った転職活動のやり方を知っていただくために、ここではリスクを最小限に抑えた一般的な転職方法を3通りご紹介します。自分の状況はどれに当てはまるかを考えながらお読みください。余力があれば、以下3通りの転職方法を全て試すことをおすすめします。

転職求人サイト

企業の求人広告がたくさん掲載されているサイトを見たことがありませんか。それは転職求人サイトです。

利用者が個人情報やプロフィールを登録後、自分で掲載されている求人情報を検索、応募するスタイルとなっています。

代表的な転職サイト

自分で求人を見比べたい方や自分のペースで自由に転職活動を進めたい方にぴったりな転職方法だと言えます。また、転職回数が3回以上ですでに流れを把握している方も、転職サイトを使ったほうが一番効率が良く転職期間を短くできます。

ヘッドハンティング・スカウトサービス

ヘッドハンティング・スカウトサービスとは、サービスに履歴書を登録された求職者に対して、企業やヘッドハンターがスカウトを送信し、企業と求職者をマッチングさせるプラットフォームです。

リクナビNEXTのように、通常の転職求人サイトでも「スカウト・オファー機能」が使える場合もあります。

代表的なヘッドハンティング・スカウトサービス

自分で探して応募する転職求人サイトと真逆で、登録情報を元に企業やヘッドハンターが欲しい人材かどうかを判断し「企業側から連絡が来る」のが特徴です。

今すぐ転職しなくてもいいけど、年収や福利厚生などの条件面にこだわりたい方、転職サイトの求人よりレベルの高い会社に確実に転職したい方に強くおすすめします。

転職エージェント

転職エージェントとは、登録者の経歴や希望条件をもとに求人紹介してくれるサービスです。いわば求職者のマネージャーのような存在で、履歴書の書き方、面接対策、面接日程の調整、条件交渉など転職活動に関わるすべてをサポートしてくれます。スカウトサービスと違い、企業と転職者の間に「キャリアコンサルタント」が入ります。

転職エージェントには総合型から業界特化型、第二新卒特化型などさまざまなタイプがあります。

代表的な転職エージェント

転職エージェントを利用する際に希望条件を細かく聞かれるので、「職種、勤務地、希望年収などの希望条件が決まっている方」にとって効率的かつ高精度な求人紹介を受けられます。

また、初めての転職で希望条件も漠然としていても大丈夫です。転職エージェントはヒアリングを通して求職者に合った求人を見つけてくれて最後までサポートするので、初めての転職こそ活用すべきサービスです。

美容業界への転職を成功させよう

このページでは美容業界への転職を考えている方に向けて美容業界の転職事情と成功する転職方法をご紹介しました。

未経験から美容業界へ転職、実はとても現実的な選択肢です。業界全般について知りつつ、具体的な企業とどのように接点を作れるか、がポイントです。

このペ―ジで提案された転職方法を参考に、美容業界への転職をぜひ成功させてください。

陰ながらあなたの成功を祈っております。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

薬剤師は高収入という噂は本当?実際に貰える金額一覧
転職を考えている皆さん。薬剤師になることを想像したことはありますか。薬剤師の待遇面をじっくりと見て…
HISについて転職を考えている方には朗報です!
HISに対して興味を持っていて転職したいと考えているが、会社の社風や、働きやすさなどの特徵がわからな…
外資系IT企業に転職するメリットとデメリットをまとめてご紹介
外資系のIT企業と言えば、GoogleやAmazonなどが有名ですね。敷居が高そうでそんなところに転職できる自信…
【35歳限界説の消滅】40代が転職成功を叶えるために必要な全知識
40代の転職は無理?なんて話はもう遠い昔。確かに日本の転職活動は、年齢はよくチェックされる重要項目で…
pagetop