転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > キャリアのお悩み > ママは働き方を考え直し転職してみませんか

ママは働き方を考え直し転職してみませんか

🕒 2018/03/19
このエントリーをはてなブックマークに追加
ママは働き方を考え直し転職してみませんか

子供の出産や育児などの要因で会社を離れざる終えない状態だった社会が、今では政府の改革もあり、現役の子育てママが職場復帰しやすい風潮になりました。

ただ、社会復帰を応援する会社がたくさん増えていますが、実際のところ、会社に戻れたとしても、その後が辛く感じるママが増えています。

ここでは、そういった育児休暇から戻ってきて、仕事の負担が多くて転職を考えても、どのように転職サイトを活用すべきか、困っているママさんに活用すべき転職方法を紹介します。

ワークママに知っておきたい失敗しない転職方法

社会復帰がしやすい環境にあるから、結婚しても平気だと考えている共働きを前提として結婚をするママさんがいます。しかし、いざ子どもが生まれると、家事や仕事が両立できなくなり、それに困る方も少なくありません。

また、今の職場は好きだが、子どもを授かったことで、仕事しながら子供と沢山の時間を作りたいと考え、以前と違う働き方をしたいママが増えています。

「夜5時に退勤できる仕事に就きたい」「平日10時から仕事が出来る会社で働きたい」など、考え始めます。そういった方は転職という選択を選びます。

ただ、転職をしようと考えてもどこのエージェントと相談すればよいか迷ってしまいます。そこで、エージェントを探す際に失敗しない方法を紹介します。

  • いきなりの転業はダメ
  • 育児支援での比較で転業はダメ
  • ママのいない職場で働くことはNG
  • 注意してほしいことの1つ目は、思い立っての転業はNGです。早く他の仕事先を見つけたいという気持ちは理解できます。

    しかし、なにも考えずに会社を変えることは辞めるべきです。

    次の職場に移る前、その会社の社風や、働き環境など、事前に調べないで入社した場合、前職の会社で同じ事が起きる事があります。

    そのため、転職をする際は、転職のプロであるエージェントと準備期間を設け、計画的に次へ進むことが大切です。

    2つ目に注意してほしいことは、育児支援の厚さのみで会社を選ばないことです。

    子育て中のママが会社を選ぶ際に、育児支援を見る傾向が強いです。ただ、子育ては永遠にしなくて良いと言うことを忘れないでほしいです。

    子育ての時期は幼少期から中学校前半までです。そこを疎かにして育児支援の強度をみて仕事を選んだ場合、今後子供の面倒を見なくてもよい時期がきた際、自分がやりたいキャリアができないこともあります。

    そのため、キャリアとしての条件や将来性をみてから会社を選択しましょう。

    3つ目に注意してほしいことして、ワークママの多い職場を選ぶことです。

    誰一人もいないママのある職場を選んだほうが、会社で働きやすいと考えている方はいますが、実際のところそうとは言えないのです。

    働くママに対する理解の低い仕事場を選んでしまうと、仕事をすることが辛くなることも有るのです。過去にそういったママがいなかったため、ママに優しい働きやすい環境を提供することがあまりないのです。

    そのため、同じような状況を局面するママさんのいる職場で働くことがおすすめです。

    ワークママの転職体験談を聞いてみた

    「同僚や先輩に働き方を変えるために転職をした事例がないからどうすればいいか分からない」という方がいます。

    そういった困っている方に実際に転職したママのその後の体験談について聞いて来ました。

    このママは大学卒業してから中小企業の営業義務をし、結婚・出産の理由で育休をした後、職場復帰をしたがワークライフバランスが合わなくて低企業の営業事務へ転業した事例です。

    彼女は前職で働くことは嫌いでは無かったですが、子どもを二人授かった後、今までみたいに残業ができなくなったため、会社を変えました。

    本人が語る転職体験談

    子どもを授かったため、小学校高学年まで一緒に過ごすことを考えていたため会社を辞職しようと考えていました。しかし、夫の年収のみを崩しても二人の子供の教育費を支払えなかったため、仕事を復帰しました。育休から戻ってきた後、業務の仕事をうまくできていましたが、残業が長く続いてしまいました。夫の仕事先は出張と残業が多かったため、ベビーシッターを雇うことになると、ちゃんと子供の面倒を見てくれているのかなど、心配してしまいました。仮に私が休みをとった場合、会社の中には営業業務をする人が少ないため、迷惑をかけてしまいます。

    「どこか時短勤務で、退勤が早い会社はないのかな」とストレスを抱えたまま考えていました。それをエージェントとしたらなんと私の都合とあった会社を紹介してくれました。そのこともあってか、子供と一緒にいる時間が増えて、仕事が原因で家の家事ができなかったストレスが減りました。

    ママの転職はtype女性の転職エージェントにお任せ!

    総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    公開求人数9137件(2018年2月現在)対応地域東京/神奈川/千葉/埼玉
    非公開求人7059件(2018年2月現在)ターゲット層女性の転職希望者
    強い業界小売/化粧品/ヘルスケア/メーカー/IT/広告年収UP実績55%

    ワークライフバランスを重視したいママは女性に特化しているtype女性の転職エージェントを活用してみましょう。

    様々な業界、職種、非公開求人の情報を持ちながら、女性の転職にも力を入れています。

    エージェントがあなたの希望の条件に合わせてあなたを助けてくれます。

    今転職に悩んでいる方は、type女性の転職エージェントを活用してみて下さい。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    転職エージェントにごり押しされたらどうすればいいのか
    転職を考える時、転職エージェントに相談することは正当な手段です。しかし、転職エージェントによっては…
    SEに転職する際の残業が少ない企業の選び方
    IT業界が伸びている昨今、SE(システムエンジニア)に転職する人が増えてきている。SEが活躍する残業が少…
    低学歴でも成功できる!会計士の転職に学歴なんて関係ない
    学歴コンプレックスや学歴フィルターというものは依然として存在している中で、資格をとってしまえば学歴…
    転職するならどっち?税理士法人と個人事務所の違いを徹底解説
    税理士が働く場所と言えば、まず税理士法人というイメージですね。そして個人事務所で仕事する税理士も多…
    pagetop