転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > マスコミ・広告 > マスコミへの転職に必要な全知識とおすすめ転職エージェント厳選

マスコミへの転職に必要な全知識とおすすめ転職エージェント厳選

🕒 2018/02/08
このエントリーをはてなブックマークに追加
マスコミへの転職に必要な全知識とおすすめ転職エージェント厳選

みんなの憧れであるマスコミ業界。転職者の人気を集めていますが、マスコミ業界ってかなり転職採用の門が狭いイメージがあります。

しかし、最近マスコミ業界でも転職採用を積極的に行なっている企業もあります。そんなマスコミ業界の業種・実態・メリット・デメリットについて書きたいと思います。

マスコミ業界って主にどんな業種があるの?

マスコミ業界と聞いて思いつくものと言えば、「テレビ局・ラジオ・出版社」の三単語ではないでしょうか。

筆者もマスコミと聞いて思いつくのはこの3つでした。

テレビ局

テレビ局は、NHKなど東京を中心としているキー局、全国どこにでもあるローカルテレビ局など、更には最近だと衛星放送までもがあり、数え切れないほどのテレビチャンネルがあります。24時間どのテレビチャンネルにしても、ドラマ・映画・バラエティ番組など様々なジャンルのテレビ番組が放送されていますが、それらテレビ番組の制作には様々な職種の人々が関わっています。

テレビ業界は大きく分けて、

  • 制作スタッフ
  • 技術スタッフ
  • がの2つになります。

    ①制作スタッフ

    テレビ番組を作る上で予算面の管理、番組制作費用を出してもらうスポンサーを探す、出演者のキャスティングなど業務が多岐に渡るテレビプロデューサー、

    テレビ制作の指揮を取り、番組を制作していくディレクター、

    その下にアシスタントディレクターなどが主に「制作スタッフ」となります。

    技術スタッフは、番組を撮影するカメラマンや音声を取る音声スタッフ、番組を編集する編集者など、技術的な知識以外にもセンスが問われる仕事となっています。

    ラジオ局

    ラジオ局とは、ラジオ番組を制作し、ラジオ技術を用いて送信している放送局のことを言います。ラジオに関しては、テレビ局の仕事内容とあまり変わりませんが、人気の方でテレビ局に引けを取っています。

    出版社

    出版社とは、書籍や雑誌などの出版物を発行する企業のことを言います。

    出版物の企画、印刷、製本といったクリエイティブな業務に加え、書店営業や広告宣伝などの出版物広めるための業務も出版社の仕事となっています。

    このように、マスコミ業界と言っても、様々なジャンルに分かれ、様々な仕事内容に分かれています。

    なぜここまでマスコミ業界は人気があるのか。

    マスコミ業界の概要について説明しましたが、「業務が大変」「責任が重い」などネガティブなイメージとは裏腹に、働きたいという新卒・転職者が後を立ちません。

    なぜ、ここまでマスコミ業界は人気が高いのでしょうか。

    よく子供の頃、テレビに出ている芸能人を見てこう思った人はいるのではないでしょうか。「テレビに映ってみたい。」「テレビで働いている人って格好いい。」そういった子供の頃の憧れや思い出が、華やかなテレビ局などのマスコミ業界に関係しているのかと思います。実際、今のテレビにはディレクターの方がテレビに映ったり、有名な足スタンドディレクターが発掘されたりと、新しい社会の風を起こしています。この状況であれば、マスコミ業界に憧れることも無理はありません。

    更に仕事内容についても、自分の作ったテレビ番組ラジオ番組新聞記事などの作品が世に出る=社会に発信され、実際に評価される経験はなかなか他の業界でも体験することはできない、とてもやりがいのあるものとなっています。さらに、多くのマスコミ会社は大手と呼ばれるものであり、社会的名誉も得ることができます。

    このように、どんなに仕事が大変でも、やりがいや社会的名誉を手にすることができるマスコミ業界は、転職者にも人気なのです。

    マスコミ業界の現在と未来

    ここまで書いてきましたが、マスコミ業界は現在どのような境遇に置かれているのでしょうか。

    テレビ業界は、現在Hulu、Netflixなどの外資系配信会社が日本に参入してきており、シェアを拡大させています。これらの媒体はスマートフォンやパソコンで視聴することができ、若者のテレビ離れが起きるのではないかと危惧されています。さらなるコンテンツのレベルアップに伴い、テレビ局員の負担が増す可能性もあります。

    出版社は逆に、電子書籍という新たなサービスも増え、様々な角度から新聞・雑誌に触れることができるようになりました。これにより、新聞・雑誌の需要は更に増えていくのではないかと見られています。

    リクルートエージェント|マスコミ業界に精通した専任CAが徹底サポート

    総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
    公開求人数30,118件(2017年8月)対応地域全国
    非公開求人147,228件(2017年8月)ターゲット層総合
    強い業界全ての業界に強い年収UP実績7割

    リクルートエージェントは大手人材サービス企業のリクルートキャリア(その母体はリクルートグループ)が運営している転職者向けの人材紹介サービスです。

    リクルートエージェントは20万件近くある巨大な求人データベースを誇り、国内外を問わず全業界、全職種の求人を幅広く取り扱っています。登録会員数が600万人に達し、実際に転職した人の8割が利用しているという実績があります。

    会員登録をすれば、非公開求人を含めた求人紹介はもちろん、書類作成や面接指導などの選考対策や企業との面接日程や給与の調整・交渉を代行するなど、転職が初めての人でも何回か経験がある人でも、最初から最後まで全面的にサポートしてくれる人材紹介サービスです。

    最後に

    いかがでしょうか?このまとめを通して、少しでもマスコミ業界の転職についてイメージが湧いていただけたら嬉しいです。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    「事務職への転職」を成功させる方法と絶対に使うべきサービス5選
    大手人材会社で活躍しているコンサルタントの知見をもとに、『事務職の転職事情』『事務職職に強い転職サ…
    「営業職への転職」を成功させる方法と絶対に使うべきサービス5選
    大手人材会社で活躍しているコンサルタントの知見をもとに、『営業職の転職事情』『営業職に強い転職サイ…
    type転職エージェントの社内SEの求人を徹底的に調べてみた
    転職市場が拡大していて転職を考える人が増えている。今回はtype転職エージェントの社内SEについて紹介し…
    転職で失敗しないようにするための方法とは
    転職するに当たって失敗しないようにするために気をつけなければならないことについての説明。
    pagetop