転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > > 銀行員1年目で転職したいあなたに知ってもらいたい全知識

銀行員1年目で転職したいあなたに知ってもらいたい全知識

🕒 2018/03/19
このエントリーをはてなブックマークに追加
銀行員1年目で転職したいあなたに知ってもらいたい全知識

銀行に入社し、良い環境で仕事ができると期待していたのに、実際の業務は想像と違った、自分の理想としている銀行員はこんなことではないと感じる方は少なくないと思います。

今の銀行員の仕事から新しい仕事に転職したいと考えることは当たり前のことです。

ここでは実際転職を希望した方が、銀行で働くことにどのような不満を抱えていたのか、転職後の成功体験などを紹介していきたいと思います。

銀行員1年目の実態

銀行に入社し、安定した給料を手にすることができると喜ばしい反面、銀行での業務に失望してしまった方も少なくないと思います。

それはどのような点で不満を抱えてしまったのでしょう。

上司がクソすぎる

まず上司が嫌だったと感じる人は多くいるそうです。

実際、どのような企業でも上司が苦手なタイプだったとか、我慢しながら上司と付き合いをしているという方は多くいると思います。

その中でも銀行員で上司に不満を感じる理由の一つに暴力に悩まされているということがあります。

銀行は体育会系な職員が多いため、暴力的な関わりをしてくる上司も少なくないそうです。

また、体育会系が多いため、規律や、先輩遵守な対応を求められるため、実例として、失敗について反省文を書かされ、それを朝礼で全員の前で音読させられたとする事例があります。

社会人の常識を通り越して、当たり前の人の常識を破ってくるのが耐えられなかったと辞めていったそうです。

客層が悪すぎる

また、客層が悪いと言った声も出てきています。

実際銀行では、お金を取り扱う業務のため、お客様も必死な対応をしてくる可能性があります。

実例として自分が死んで保険金で借金を返すと言われ困り果てたことがあるというものがありました。

資格勉強漬けでプライベートの時間がないに等しい

また銀行員は多くの資格試験をうけなければならなく休日も勉強に追われるといった声もあります。

平日の仕事が朝早くハードワークのため、休日にしか勉強する時間がなく、数少ない休日を奪われるとされています。

やりがいは皆無

また、実際銀行での業務に不満を抱える声もあります。

まず投資信託や医療保険、生命保険の販売営業ノルマなど富裕層にターゲットに絞り、アポを取り、訪問し、よくわかっていないお年寄りに売り込むなど、不本意な仕事がありやる気を感じられないそうです。

また店舗1位を狙うために売り込みに行くことが納得できないといった声も多くあります。

実際に銀行で働くことは我慢強くいないといけないとする仕事が多いようです。

男尊女卑の風潮が蔓延

また女性の問題にはなりますが、セクハラがひどいと言った声があります。

先ほども言ったように、上司が体育会系な人が多いため、ノリが厳しい場合や、上司はセクハラだと思っていない可能性が多くあります。

若手銀行員は転職市場でチヤホヤされる

実際、銀行業務に不安を抱え、若手の銀行員が転職を希望することは多いです。

そして1年目の銀行員に朗報なのが若手銀行員の銀行で鍛えられた忍耐力や凡庸な事務作業などをこなすスキルは他の業種でも重宝されます。

銀行でキツイ業務をこなしてきたからこそ、転職後はホワイトだと感じられる企業で仕事ができるかもしれません。

また銀行に入社できたことは同世代の中でも有利です。

銀行業務でどのような不満を感じたのかをしっかりと転職時に話すことでむしろ好印象を勝ち取れるかもしれません。

実際1年目の銀行員が転職できた実例!

ここで銀行の業務にやりがいを感じなく、セクハラに悩まされていて、仕事を思い切ってやめ、転職を成功した人の実例からの感想を紹介します。

20代・女性・コンサルティングフォーム・・東京都・年収500万台
銀行から異業種への転職に踏み切ったきっかけを教えてください。
実際転職に踏み切り、転職エージェントと相談することによって銀行で働いていた時よりやりがいを感じ、20代のうちにやりがいを感じられる仕事に出会え、銀行員時代には巡り合えなかった人物や環境に巡り合え、すぐに転職に踏み切ったことですんなり切り替えができました。

逆に銀行は経験を積んだ年長者や、組織としてしっかりしていたのでまだ学べることがあったかなとする点と、1年では銀行員の仕事全体は把握できなかったかなとする点と、元来嫌な仕事をすることで忍耐力がつくところを逃げてしまった感とすることにもったいないとするといった点などのもう少し頑張ればよかったなとする点がありました。

後悔する点が皆無とは言いませんが、転職した先のコンサル会社で自分を活かすことのできる仕事に巡り合えたので転職を成功と考えています。

思い切って転職に踏み切ってみるべき!

銀行での業務に不満を抱えている方や、自分がやりたかった仕事が他にある方は思い切って転職を選ぶことをお勧めします。

現在銀行にいれば安定した収入が確実に入ってくるわけではなく、銀行でも出向といったように急に仕事を変えられてしまう可能性もあります。

我慢してその先に期待するよりは、自分の力で新しい仕事で活躍したほうが自分のスキルも収益も上がるかもしれません。

さらに銀行の業務は必ず他の業種でも活かすことができます。

銀行員1年目だからこそ変えられるものもあるので思い切った決断をお勧めします。

ビズリーチ|銀行員におすすめスカウトサービスNo.1

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数68000対応地域全国
非公開求人有りターゲット層エグゼクティブ層
強い業界IT/メーカー/金融年収UP実績9割

これからキャリアアップを目指したい銀行員に最もおすすめしたいのは、ビズリーチです。

ビズリーチを運営しているのは2007年に設立された、従業員数200人近くに急成長している株式会社ビズリーチです。グローバル・管理職に特化したヘッドハンティング型の転職サイトというコンセプトを打ち出しており、少なくとも額面総額年収750万円以上あるハイエンド層向けのサービスとなっています。1300人以上のヘッドハンターや人事担当者から、直接指名を受けることができることが最大の特徴です。

ビズリーチ側による厳格な審査を通過したヘッドハンターのみがサイトを利用でき、ヘッドハンターの実績や評判が全部公開されているので、優秀なヘッドハンターに出会える確率が圧倒的に高いです。

会員登録すれば無料で求人情報を閲覧したりスカウトを確認したりすることができますが、最大限に活用するためには月額2980円~4980円の料金がかかります(一部の転職サービスが有料です)。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

会計事務所で働きながら勉強できるの?両立させる方法をご紹介
儲かる職業の一つ、公認会計士への近道とは?!公認会計士ってどれくらいの勉強が必要なの?・働きながら…
マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社への転勤を考えてみましょう
皆さん、マッキンゼー・アンド・カンパニーという会社をご存知でしょうか。また、この会社についてどのく…
本当は教えたくない20代女性の人気転職先に生命保険の営業職が入る理由
20代女性に向いている転職先の一つは生命保険会社の営業です。まだどこに転職しようか迷っている方は要チ…
PwCに転職すべき?口コミを元に徹底調査、会計士や税理士専門の転職サイトをご紹介
BIG4の一つである「PwC」。多くの専門家が数多くの企業の課題の解決を行い、またグローバルに活躍もして…
pagetop