転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 職務経歴書 > 絶対に失敗しない転職する際の志望動機の考え方

絶対に失敗しない転職する際の志望動機の考え方

🕒 2018/02/02
このエントリーをはてなブックマークに追加
絶対に失敗しない転職する際の志望動機の考え方

近年、国内でも転職に関する評価が見直され、新たに転職しようという方は増加している傾向にあります。たしかに、今自分が働いている企業や仕事が本来自分がやりたいものではなかったり、職場の待遇があまり芳しくないといった場合ですと、転職は自分の未来をさらに明るいものにする可能性のあるものとなるでしょう。

しかし、転職を決めて新しく入りたい企業を見つけた時、一番迷うのはその志望動機ではないでしょうか。今まで漠然と転職を考えていたという方にとっては、志望動機を考えるのは非常に難しいものになるはずです。

そこでは今回は、そのような方のために新しい企業への転職のための志望動機の正しい考え方を詳しく説明していこうと思います。

転職の志望動機を考えるに当たって大切なこと

まず、転職先の志望動機を考えるにあたって大切なこことはどのようなことでしょうか。

応募企業を転職先に選んだ理由をはっきりとアピールするようにする

応募先の企業を転職先に選んだ理由は志望動機の中もっとも重要な要素です。採用担当者は、求職者がねぜ自社に勤務することを志望しているのかを詳しく知りたいと思っております。企業と転職者が合うのかどうかを確認しておきたいというのと。しっかりと下調べをしてきたのかということを知るためです。できれば会社のホームページなどを見てすぐに書けるようなことではなく、もっと深い内容のことを挙げて、会社に貢献することができるということをアピールするようにしましょう。

どのような貢献をすることができるのかをアピールする

ぞの企業への転職を志望する理由に加えて、応募企業のためにどのような貢献をすることができるのかをアピールする必要があります。採用担当者としては、あなたを採用することによって自社にどのようなメリットが生まれるのかを考えなければならないからです。

前職で長年培ってきた豊富な知識や能力、スキルといったものや価値観や熱意までさまざまな要素を通して、転職した後その企業に対して大きな貢献ができるということを示すようにしましょう。

自らの体験エピソードを入れてアピールするようにする

体験エピソードを志望動機に加えることによって、現実味が増して効果的なアピールをすることができます。まぜ、その企業でなければだめなのか、どのような貢献をすることができるのか、自分自身の主張だけではまだ説得力が弱いこともありますので、自分自身の体験などのエピソードの根拠を入れるようにして作るようにすればよいでしょう。

将来やりたい仕事とはどのようなものかアピールする

志望動機の中で、自分が将来目指している仕事についてもアピールすればより良い印象を採用担当者に与えることができます。応募企業に転職して、経験を積んだ後で将来にやりたい仕事についてはっきりと説明することで、あなたは転職して長くその会社で働いていく意思を持っている人という認識をされます。またな意欲が非常に高い人という認識をされる可能性があります。

しょうらいてきには、海外におけるマーケティングの仕事をやりたい、経営幹部となって多くの新規事業を立ち上げていきたい、店長となって新規店舗の運営をしていきたい、開発部門での仕事をやりたいといった、より具体的な職業も使うようにすればよいでしょう。

志望動機を考える際に気を付けたいポイント

それでは、転職の動機を考える際に気を付けたいポイントとはどのようなところでしょうか。

履歴書の書いてある志望動機をそのまま繰り返さない

履歴書の書いてある志望動機をそのまま言ってしまわないように気を付けましょう。

それでも、まったく違う内容を言っても、採用担当者は混乱してしまい。理解されなくなってしまいます。そのため、履歴書の内容を軸として、そこからより発展させた転職理由を説明するようにしましょう。

企業の方向性や方針と合わせる

動機がたとえ魅力的なものだったとしても、企業の方向性や方針と合っていなければ、良い評価を受けることはできません。あなたが企業にあっているかどうかは、採用の上では非常に重要なポイントです。

正直に言いすぎない

転職をしたい理由が、前の企業が気に入らなかったなどマイナスな理由ですと、良くない印象を与えてしまう恐れがあります。そのため。転職をしたい理由はより未来志向のプラスのものにするようにしましょう。

まとめ

新卒での就活と同じように、場合によってはそれ以上に転職の志望動機を考えるのは難しいことです。だからこそ、きちんとした志望動機を考えて、採用担当者に対して明確に伝えることができたら、転職の場では非常に有利になるため、転職に成功する確率は非常に高くなります。

そのようななかで、自分がなぜわざわざ現職を辞めて、転職をする決意をしたのか、なぜ他の企業ではなくその企業を選んだのかをしっかりと伝えられるように事前に入念な準備をしておきましょう。

\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

【結論】求人数と転職者数で最も有利な転職時期を検証してみた
「求人数が多い時期は応募できる求人も増えるから、転職するなら求人数の多い時が狙い目」と思っている人…
転職者の人気を集めるWEB面接を成功させる方法
最近スカイプなどを使ってオンラインで面接を受けられるようになりましたね。国内ではまだメジャーではな…
【体験レポート付き】メリットとおすすめの転職フェアを一挙公開
せっかく時間と交通費を使って転職フェアに行くなら、準備を万全にしておきましょう。このページでは、転…
pagetop