転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > キャリアのお悩み > 転職したい母子家庭のシングルマザーへ!気をつけたいことは?

転職したい母子家庭のシングルマザーへ!気をつけたいことは?

🕒 2018/03/23
このエントリーをはてなブックマークに追加
転職したい母子家庭のシングルマザーへ!気をつけたいことは?

こんにちは!

今日本の世帯数は5195万504世帯と言われており、その中で「子供」と「親の」世帯は8.7%の約452万3000世帯と言われています!

つまり10世帯あれば1世帯は平均してシングルマザー、シングルファザーがいる計算になります。

その中でどのように転職していくか、正しい情報を伝えていきたいと思います!

シングルマザーの転職

最近はテレビでも離婚報道が増え、世間一般的にも離婚がとても珍しいものではなくなてきました。

母親だけで子供を養っていくということも増えてきましたね。

元夫からの慰謝料や養育費などの金銭的免除が十分にあればいいのですが、樹分に貰えていない家庭は自分で働く必要も出てくるでしょう。

しかし、子供の成長を見守りながら、仕事をするという二足の草鞋をやっていては、仕事をクビになるか自分が疲労により倒れるかのどちらかになるでしょう。

なので、子育でと仕事を両立するためにはできる仕事が限られてきます。

時間も欲しい、お金も欲しいとなるとどうしてもレベルの高いところへ行かなくてはいけません。

現在仕事しているところは恐らく今のままでは続けていくことは不可能でしょう。

そこで生きていく上で必要なのが『転職』ですね。

母子家庭の増加に伴って、母子家庭を優先する企業も出てきたそうです。

諦めず探すことができれば、時間も収入も得れる職場を見るけることができるでしょう。

今回はシングルマザーの転職について解説していきたいと思います。

あなただけじゃない

「離婚もして、転職もしてちゃんと生活していけるかしら…」

「これで転職が失敗したらもう生活していけない」

「転職活動している暇がない…

と不安に思ってる人はあなただけではありません!

厚生労働省の発表によると、女性の中でが離婚を機に転職をする割合は47・7% でした。

この数字を見てどう思ったでしょうか。

つまり、離婚後に転職をする人は離婚した数の半分いることになります。

しかし各々自分の進む道を決めあるき始めました。

もしも自分だけだと考えてる人、転職しないと生活していけないけど将来が怖くてできないという人は準備をしっかりしてチャレンジしてみましょう。

さて、転職理由としてはどのようなものがあったのでしょうか。

  • 収入が悪い(36.7%)
  • 労働時間が釣り合わない(11%)
  • 職場が自宅から遠い(10.7%)


  • 引用:厚生労働省

    やはり収入面、時間面の理由がほとんどとなってますね。

    職場が自宅から遠い、という人は実家に帰ったりという可能性があります。

    子育てをするとなると、服も食べ物も保険とかもお金をかけなくては行けないし、学費を出てきます。

    習い事もやらせてあげたくても、何も通わせてあげることも出来ません。

    なので安定した収入がなければ生活を送っていくことが出来ません。

    時間的な余裕も必要になってきます。

    時間の余裕が、心の余裕に変わってくると主ます。

    心の余裕が無いと子供にあたってしまったり、自分がとても情けなくなってしまいます。

    最初からその環境になれるのは不可能でしょう。時間をかけてでも、自分の周りの人たちといい距離感でやっていく必要があると思います。

    また心の問題ではなく、時間がないととっさのトラブルに対応できなくなります。

    お子さんは活発な時期ですし転んで怪我をしたという話を聞けばすぐ駆けつけてあげたいでしょう。。

    子育てと、仕事を両立させるためにも自分の力量を見極め、最適な仕事を選ぶようにしましょう!

    シングルマザーの転職先選びのポイントとは?

    シングルマザーを歓迎してくれる会社

    を探すことが大切になってきます!

    シングルマザーはどうしても普通の家庭との差ができてしまうでしょう。

    これはもう仕方のないことです。

    企業からしたら、朝から晩まで通しでいてくれて、残業をやってくれて、企業に貢献している方が優遇されますよね。

    なので普通の人たちと同じ企業で戦おうとしては駄目です。

    では何をすればいいの?

    シングルマザーを優遇してくれる、積極的に採用してる企業を探すのが最優先です。

    特定求職者雇用開発助成金 」というものがあります。うこれは就職困難者を雇用した企業に国からお金を支払われるというスカウト式の制度になります。

    フリになるどころか有利になってくるので仕事が選びやすくなりますね。

    では、実際にどんな職種が向いてるの?

    シングルマザーを優遇してくれる企業に入る、ということを先程お話いたしました。

    この章ではシングルマザーに向いている職業を紹介していきたいと思います。

    やはり自分の結果分ついてくる、『営業職 』は高収入を見込めます。

    生命保険などの営業を行う仕事で頑張り次第で年収1000万円を超えることもできます!

    また、基本的にb to cの外回りの営業なので自分でスケジュールを設定することができます。

    仕事の合間で子供の面倒を見る時間をつくることもできますし、授業参観や宿題を見てあげたり、運動会にも参加することができますよ。

    最後に

    いかがでしたでしょうか?

    最近では離婚した世帯の半分近くは転職活動を考えています。

    視野を狭くせず、柔軟な考えで様々な可能性を見ていきましょう。

    転職活動がうまくいくことを願っております。

    \大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
    地域
    性別
    希望職種
    正社員経験
    年齢
    希望年収
    人気条件 こだわり条件

    関連する他の記事

    どうせ男には勝てないと思いがちなあなたへの女性転職のすすめ
    女性は転職を成功させるためには、色んなことに気を付けなければなりません。本文では女性を取り巻く転職…
    銀行員1年目で転職したいあなたに知ってもらいたい全知識
    銀行員1年目だが今の業務や金融業そのものの将来性に不安を感じたり、新しい仕事がしたいと考える方が非…
    【2018年最新版】第二新卒で一般職に転職するコツとは

    第二新卒で一般職に転職するのは、多くの人にとって役立つ経験になります。

    「一般職に就職した…

    訪問介護の実態とは?転職のためのおすすめの求人サイト
    訪問介護の仕事とは?労働環境は?おすすめの転職サイトは?訪問介護職員に転職するために知っておくべき…
    pagetop