転職サイト・転職エージェントの口コミ評判おすすめ比較ランキングが分かる情報メディア
TOP > 業界職種別の重要知識 > 金融・保険・証券 > 優秀な銀行員ほど転職を選ぶ時代がいつの間にかやってきた

優秀な銀行員ほど転職を選ぶ時代がいつの間にかやってきた

🕒 2019/06/11
このエントリーをはてなブックマークに追加
優秀な銀行員ほど転職を選ぶ時代がいつの間にかやってきた

銀行員っていうだけで、何となく安定しているイメージがありますね。

実際に他の業界と比べれば銀行員の離職率は確かに低いです。

それは銀行員の収入は総じて高いため、辞めたくても辞められないという事情があったり、世間体を気にする方が多かったりするだけで、転職を検討している銀行員は決して少数派なわけではありません。

では、銀行員がどうして転職するのか、どのような業界や職種に転職しているのかをここからご説明していきます。

よくある銀行員の転職理由

銀行は高給取りのイメージがありますが、近年、マイナス金利やフィンテックの発展が銀行の地位を脅かしているのも事実です。世界中にある有名な大銀行が人員削減に乗り出すニュースが日常的に聞かれるようになりました。

銀行員といったら安泰とは言えなくなりつつある中、銀行という業界そのものの将来性を悲観的に思っている方はきっと他業界へのキャリアチェンジを考えているでしょう。

もちろん銀行員が転職したいと思う理由はそれだけではなく、より現実的な理由も様々あります。

第一位:とにかく忙しい

「仕事が忙しくてプライベートの時間がない」が銀行員によくある悩みです。

特に新卒入社から3年目までは、銀行業務検定やファイナンシャルプランナー、簿記などたくさんの資格取得に迫られて、せっかくの休日も丸一日資格勉強に使うのは新卒銀行員の日常。

そのためプライベートの時間にしわ寄せがいき、オンなのかオフなのかを区別できなくなる時すらあります。

第二位:体質が古い

変化は少なからず起きているのですが、まだまだ昔ながらの風土が残っているのは日本の銀行です。例えば上司は絶対に正しいとか、体育会的な雰囲気がある銀行が多いです

また、ご存知の通り銀行の出世競争は激しく、周囲を蹴落とすまで出世の枠を獲得しようとする人もいます。その雰囲気にプレッシャーを感じる銀行員の方も多いようです。

第三位:営業ノルマが厳しい

営業ノルマは多くの業界に存在しますが、金融のような実在する商品がない業界は特にノルマがきついと言われています。

営業職の方はこのノルマに追われる日々を送っている方も少なくありません。

しかも販売する商品は上司の方針で決まっている場合がほとんどで裁量権が少ないため、より顧客の利益に繋がる商品を売りたくてもできないという別のストレスも存在します。

銀行員の転職先は金融業界が主流

では、銀行員が転職するとしたら、どんな業界や職種が一番人気があるのでしょう。それはズバリ同じ業界、つまり金融機関です。

銀行員はもともと安定性を求めて銀行に入行した方が多いようです。そういった方は転職の際も業績の安定性を重要視する傾向があります。結局同じ銀行か、公務員に転職するケースが多いです。

また、銀行のほかにも証券会社、保険、信用金庫、クレジットカードなど金融に関連する業界に転職する方も少なくありません。同じ金融業界なので前職で見に着いた知識や経験を活かせるというメリットが得られます。

異業種転職の場合、コンサルティングファームや不動産業界は有力な転職先として考えられます。

リクルートエージェント|銀行員におすすめ転職エージェントNo.1

総合評価評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星求人の質評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
コンサル評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星サポート体制評価の星評価の星評価の星評価の星評価の星
公開求人数30,118件(2017年8月)対応地域全国
非公開求人147,228件(2017年8月)ターゲット層総合
強い業界全ての業界に強い年収UP実績7割

銀行員のようなハイスペック職種からの転職は、間違いなく転職エージェントを利用した方がいいでしょう。

銀行員に人気の業界や職種は、非公開求人の形で募集する場合がほとんどです。非公開の求人情報を入手するためには、転職エージェントを介す必要があります。

大手転職エージェントのリクルートエージェントは、銀行員の多くが利用しています。国内最大級の求人数がある上、金融業界経験者のキャリアコンサルタントと一対一で相談できます。

こちらの記事はリクルートエージェントの登録方法や注意点、優先的に対応してもらうコツなどを詳しく解説していますので、ぜひプロの力を借りて転職を成功させましょう!

2017.09.01
リクルートエージェントは大手企業が運営しており評判が良い転職エージェントですが、いざ登録しようとすると困る人もいます。細かい部分は公式の説明を見ても分からないですよね。転職キャリアガイドのこのページでは、「こうすればこうなる」と至ってシンプルにわかりやすく説明します。
\大手30社から自分にぴったりな転職エージェントをかんたん絞込検索!/
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件 こだわり条件

関連する他の記事

※コールセンターに転職したいあなたが知っておくべき全知識
コールセンターの具体的な業務やその種類について言及しながら、向いている転職先を探します。
無職状態から正社員になる秘訣とおすすめ転職サイト
無職状態からの転職活動ではハローワークを利用することが多いようですが、、無職状態からでも転職エージ…
未経験から事務職に転職したいあなたが知っておくべき全知識
このページは「事務職の経験は全くない場合、何をアピールすればいいの?」「未経験OKの求人は本当に未経…
薬剤師が足りない本当の理由とは?職場のストレスを解消する方法
薬剤師の業界は売り手市場と呼ばれている中で、現役の人は人手不足により様々なストレスが抱えています。…
pagetop